2ちゃんねるまとめ ベア速  このエントリーを含むはてなブックマーク      

お気に入りサイトの最新記事


スポンサーサイト  このエントリーを含むはてなブックマーク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit  |  はてなブックマークに追加  |  --.--.-- (--) --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

日本が世界有数の先進国である理由  このエントリーを含むはてなブックマーク

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/11/21(水) 21:48:33.45 ID:cswU3SrR0
国土は小さく資源は極めて少ない
地理的な要因で地震や水害など自然災害は少なくない
身体的に秀でた民族でもない
優れた国政が行われているともいえない

なのに、日本は世界的に見ても「経済大国」ともいえるほど大きな国になった
日本がなぜこれだけ発展することができたのか、歴史や政治、民族性などの面から議論しよう



2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/11/21(水) 21:49:33.30 ID:lTOWgKBR0
愛かな



3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/11/21(水) 21:51:17.61 ID:9RIqsro90
知能が高かったからじゃね?
ユダヤ人に次いで2番目だって言うけど


4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/11/21(水) 21:55:30.00 ID:xNBy/dyfO
俺は何故日本がアジアで唯一(タイもだっけ?)
列強に植民地化されなかったかが知りたい


5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/11/21(水) 21:56:02.46 ID:cswU3SrR0
知能・・・かぁ
でも日本人って朝鮮の方面から流れてきた民族だよね?
どういうところからその差が出てきたんだろう?

そういう、結果に繋がる過程の部分から考察していけるといいと思うんだぜ


12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/11/21(水) 22:06:22.71 ID:FJ12Assb0
昔の日本人の道徳が優れていたからじゃね。
外人は仕事をサボれるんならサボるけど日本人はサボらない。
勤勉だったから発達した



13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/11/21(水) 22:08:45.22 ID:cswU3SrR0
勤勉ってのはひとつ理由として挙げられると思う
けど、勤勉なのはなぜ?そういう民族性になったのは、何か特別な環境があったから?



14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/11/21(水) 22:12:23.00 ID:QfDhMHk30
世間体じゃね
近所の目とか気にしてただろ昔は
互いが互いを監視する感じだからさぼれねーみたいな


16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/11/21(水) 22:14:50.12 ID:+iP7d64xO
>>13
集団で稲作とか始めた結果、個人<<<<<集団みたいな関係ができたからじゃね?
海外の企業に比べて連帯感が必要とされる日本の職場だと、サボる奴は集団から外されるからな。


18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/11/21(水) 22:15:25.21 ID:bzhfg2PZ0
>>13
俺は日本人の気質だと思うわ。
国民性いうかな。

かっこよく言うと武士道。

なんか聞いたけど日本人は「限られたパーツで知恵を絞ることがもっとも得意らしい」

0~1は日本人にはできないが
1~1000には出来るともきいた。


19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/11/21(水) 22:15:31.93 ID:TDn82SH/0
高度な社会性
他の先進国と同等な歴史の積み重ね(封建制度なんか)をしているっていうのもあるけど

東アジアに蔓延した儒教的停滞(競争原理がないための)に日本はならなかったからかな・・・・
やっぱ日本は敵でも見方で取り組んでしまうから
江戸時代で例えると

徳川幕府を倒す存在は島津、毛利などだとわかっているのにその藩を残す
      ↓
藩ごとに競争、日本発展。そのために優秀な人材育成、藩ごとに教育。さらに大きな商売をするために庶民も勉強。

見たいになるけど、これが中国とかだと

皇帝にはむかうもの皆処刑
      ↓
競争しない、皇帝の権威を利用して賄賂三昧、文字なんて書けない方が皇帝の反勢力を作らないから教えない。

になっちゃうwww

こんな感じで日本は今までの歴史で停滞という停滞をしてないからじゃない?
勤勉なのも競争があったからかな。

長文マジレス すまそ


21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/11/21(水) 22:16:46.76 ID:j1WFccug0
島国で資源が乏しいって言うけど
日本刀が出来るだけの鉄と、木が多いのも理由なんじゃね?


22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/11/21(水) 22:18:39.02 ID:90dZZc89O
木の家は大工の技術力アップに相当影響したらしい
作り替えも多いし


23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/11/21(水) 22:19:58.69 ID:bzhfg2PZ0
島国だったのも利点だわなw

大陸系と島国系とか気質が違うらしい。
中国人と日本人くらべればわかるだろ。


24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/11/21(水) 22:22:49.76 ID:I41xJInB0
島国じゃなかったらとっくにどっかの国に占領されてるだろ・・・


26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/11/21(水) 22:23:44.68 ID:K7ZFvTfl0
いやガチな話、運だって。
たまたまいい時期に真面目なヤツが日本に居て、
そいつ等が国を引っ張る立場になって良い政治家になったり

たまたまいい時期に朝鮮戦争なんかで需要が増えたり

たまたま上手いこと民衆が心理誘導されたり

たまたま本田宗一郎とかの天才とかが日本で生まれて
たまたま大企業作ったりして日本の経済は発展したわけで。

民族性が優れてると言われてもたまたま状況に民族性が見事ベストマッチしただけで。

全て運が良かっただけなんではねーかと。まあそういうことを言ってみたかった。



32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/11/21(水) 22:29:14.00 ID:TDn82SH/0
>>26

運だけじゃここまでの日本にならないでしょ。
これから起こる全ての現象は、これまで起きたことに起因するんだから、
時代、時代に人々が必要になったから偉人と呼ばれる人物が生まれてくる


36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/11/21(水) 22:39:24.71 ID:K7ZFvTfl0
>>32
>これから起こる全ての現象は、これまで起きたことに起因するんだから、

だから運でしょ因果関係辿ってけば最終的に全て偶然に辿り着く訳で


30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/11/21(水) 22:27:22.49 ID:0Bb6X0+H0
外国人は 相手をほめて 相手をもちあげる。
日本人は 自分を貶して 自分を下げる。
相手との上下関係を表してるのは一緒だけどな


35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/11/21(水) 22:32:40.51 ID:I07YAGZBO
率直にいうと歴史板にいけ


37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/11/21(水) 22:44:35.62 ID:mVQl5+3AO
災害が多いからこそ発展したんだろ


40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/11/21(水) 23:03:06.03 ID:lTOWgKBR0
配置的にも、勢力的にもアメリカが利用しやすい国だったからここまでなれたってのはあると思う。


42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/11/21(水) 23:15:21.85 ID:4rroTHAa0
戦後の教育だろ


43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/11/21(水) 23:17:44.71 ID:cswU3SrR0
>>42
そこは注目すべき点であると思う
戦勝国(特にアメリカ)が日本に教育の方向を示したのは周知の事実であると思うけど、
アメリカの教育が日本に適しているか、といわれるとそうとも限らないと思う
もちろんアメリカもバカじゃないから、日本に適した教育、アメリカに都合のいい教育を導入したんだろうが


44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/11/21(水) 23:20:33.76 ID:cswU3SrR0
ただ、運だけってのはちょっと違うんじゃないかなーって思う
偶然が重なったって言う部分もあるかもしれないけど、そこには何らかの必然があったんじゃないかなーと

例えば、朝鮮戦争の特需だって、オレはなんらかの力が働いてたんじゃないかって思うんだ
なんの確証もないんだけどさ
上手いこと民衆が心理誘導されたんじゃなくて、民衆の心理を把握していた誰かが上手いこと誘導したんじゃないか、とか
たまたま生まれた天才がそこで埋もれてしまわないで、存分に力を発揮できる環境が日本にはあったとかな



46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/11/21(水) 23:28:40.08 ID:TDn82SH/0
>>44
その通りです。運だけでどうにかなるなら論理的ではないし、このスレいりませんから。
戦前の教育は思想を持たせ国家の利益追求を主としてたけど、
戦後の教育は思想を持たせず個人の利益追求を主にしてるから経済発展するには向いていたのかもね
今、弊害が出てるけど


50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/11/21(水) 23:36:21.19 ID:0+0UaR3CO
日本は良い馬鹿の国だからな
さぼらないけどやりすぎる。
少しでもコスト押さえて良いモノにって



51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/11/21(水) 23:37:43.51 ID:cswU3SrR0
>>50
馬鹿正直ってやつだな
表面的な利益を求めるより、個人の良心や知的欲求を満たすことを求めるのかもしれんな


52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/11/21(水) 23:41:12.23 ID:TDn82SH/0
>>51
嘘をついた方が不利になるのもあるかもね。


大陸国家なら、嘘ついて一儲けしても大陸移動してどっか逃げればいいけど
島国国家の日本は、嘘ついてもまた騙した人と会うことになる。
嘘ついて嫌なイメージ与えるより正直でいたほうが得ということかな。


53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/11/21(水) 23:43:08.21 ID:cswU3SrR0
>>52
閉鎖的な社会である、人と人との関係が深くつながりが強い
なんてのが日本人ならではの気質を形成するのに大きく影響してるってことか
なるほどなるほど


54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/11/21(水) 23:46:20.36 ID:cswU3SrR0
そういった意味では、上の方で誰か言ってたけど「世間体」ってのがあるのかも
常に客観的に見て自分が美しくあろうとする
この「美しく」っていうのは、見た目や風貌に限らず、
人として美しい考え方や振る舞いを実践することで、美しい生き方をするって言うことな


57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/11/21(水) 23:49:47.54 ID:TDn82SH/0
そういや日本人は二千年来農耕をしてるけど

田植えとかって昔は一人でできなくて村総出でやってて、
そのやり方っていうのも、
植える人が横にならんで一斉に植えなくちゃいけない。
速い人や、遅い人がいると全体に迷惑がかかるわけですよ。

やっぱそういうのは、出るくいは打たれる的な日本人メンタリティーに影響を与えてるじゃないかな


60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/11/21(水) 23:52:38.32 ID:FE4kG36o0
働くことに美徳を感じる文化が培われたから
メディアによる国力つぶしがどんどん進行してるけど


62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/11/21(水) 23:55:53.22 ID:cswU3SrR0
>>57
他に稲作や畑作をやってた民族はどうだったんだろう?
日本人は農耕民族、欧米は騎馬民族、とか聞いたことあるけど、農耕するのが日本人だけとは思わないんだが・・・

>>60
>働くことに美徳を感じる文化
やっぱこれが一番の理由になるんじゃないかな、と思う
ただ、そもそもその文化はどうやって培われたのかってところを考察したい


68 名前:スレスト大魔神 ◆WWWWWWKL86 [] 投稿日:2007/11/22(木) 00:02:43.85 ID:yjrW6+0sO
>>62
日本は島国で、長い間外部から干渉を受けなかったからじゃない?
だから大陸の農耕民族とは違って、長い時間をかけて純粋な農耕民族的な
国民性を育むことができたとか。


72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/11/22(木) 00:06:34.54 ID:KHYOTe5N0
>>68
あー、そこで外部干渉の出番か
純粋な農耕民族かあ だから何かと農耕民族っていわれるんだな
たしかに文化や国家が一本道で来てるもんな


65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/11/22(木) 00:00:00.52 ID:rXzJB3vu0
働くことに美徳は多分江戸時代の徳川家康の政策によるものだと思う
特に農民に対しての教えが普及したんじゃないのかな


75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/11/22(木) 00:09:30.08 ID:b2r4rczs0
寺子屋教育は日本の近代化に大いに貢献したとか
日本の産業革命時の識字率が他国と比べてアホみたいに高かったから、国の発展もそのぶん早かった



79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/11/22(木) 00:13:06.30 ID:KHYOTe5N0
>>75
江戸時代の教育の下地があってこその急成長があったのは間違いないと思う
今の時代に照らしてみても当時の日本の識字率は驚異的だったんだろ?


77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/11/22(木) 00:09:33.88 ID:bLF1jdIZ0
文明が進めば進むほど遊びの要素が大きくなってくらしい
日本語は言葉遊びがすごいし日本ほどサブカルチャーが進んでうぇdrftgyふじこlp

なんかそんなの聞いたことあるけどよく思い出せね


83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/11/22(木) 00:16:46.93 ID:KHYOTe5N0
そういえば、他の島国はどうなんだろう?
島国って日本だけじゃないよね?


86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/11/22(木) 00:18:29.80 ID:b2r4rczs0
>>83
伝統のある島国っつったらイギリスくらいかな
他は列強の植民地だった国ばっかだな


88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/11/22(木) 00:19:31.28 ID:50m5MfV00
>>83
イギリスと日本以外は特にたいしたのはないだろ
挙げるならフィリピンスリランカニュージーランドキューバマダガスカルキプロスマルタアイスランド
あとめっちゃんこちっさいのがいくつか


87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/11/22(木) 00:18:36.16 ID:hFnBoe2p0
江戸時代、日本が列強各国に植民地にされなかった理由。
列強各国は「侍」にビビってたらしい。
よくよく考えてみると、侍ほど敵に回したら恐ろしいものないよな。



95 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/11/22(木) 00:22:28.81 ID:b2r4rczs0
>>87
アメリカ大陸に目が向いてた、ってほうが大分でかいとは思うが・・・
アメリカ本国もまだ開拓の段階だったし


96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/11/22(木) 00:22:43.44 ID:50m5MfV00
侍になんでビビるんだよ
刀とかピストルの前では無力じゃん


273 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/11/22(木) 01:37:52.37 ID:FQ3wEY/n0
外国人が侍にビビっていたという話は俺も聞いたことがある。
外国人から見て、侍は軍人だ。
で、具体的な%は忘れたが、国民の中での軍人の割合が外国人の常識からかけ離れて高かった。
それで外国人が気味悪く感じたということだ。


279 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/11/22(木) 01:40:42.08 ID:VDq64Eh00
>>273
侍の比率は5%~10%くらいだったと思う。
江戸時代の人口は4000万だったからそのうち侍が200万~400万か
確かにこれだけの数の軍人がいたら外人も驚くわな


285 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/11/22(木) 01:41:57.51 ID:KHYOTe5N0
>>279
士農工商ってそれが国民のひとつの階層を作ってたってのも、海外から見れば異常だったんだな


291 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/11/22(木) 01:44:39.19 ID:IORN+9OK0
>>285
海外がどこを指してるのかわからないが珍しかったのは武官による政治。
貴族による政治ではないところ、中世の欧州だとそもそも絶対的な支配権を持った
王族など存在しない、有力貴族や封建貴族による支配とその上に立つ比較的脆弱な
王政によって成立してた、その後絶対王政につながるわけ。


97 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/11/22(木) 00:22:43.60 ID:f3+Ulsr10
ちょいまて
まず日本を代表する単語や文化を書き連ねればなんか見えるかもしれんぞ。


101 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/11/22(木) 00:24:09.39 ID:KHYOTe5N0
>>97
ワビサビ フジヤマ スシ サムライ ニンジャ モエー


104 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/11/22(木) 00:25:08.52 ID:hFnBoe2p0
>>101
おいwww最後www


106 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/11/22(木) 00:26:33.66 ID:oGC++jmW0
>>104
ネタだと勘違いしとるのかもしらんが、moeは既に国際的に通じるぞ
嘘だと思うなら英語版wikipedia見てこい


111 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/11/22(木) 00:28:28.83 ID:jbepDSm7O
日本が先進国だなんて都市伝説だろ、と大学の教授が言ってたんだが


115 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/11/22(木) 00:30:08.29 ID:sOpFHkuF0
江戸時代の日本の教育水準は世界一だからな
経済もかなり発達していたし、西洋文明を受け入れる土壌があった


119 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/11/22(木) 00:31:20.59 ID:KHYOTe5N0
>>115
じゃあどうしてそこまで発達したの?


127 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/11/22(木) 00:35:55.76 ID:sOpFHkuF0
>>119
平和な時代が長く続いていた

三百年間も平和が続いたのはエジプトのプトレマイオス朝(紀元前306年 - 紀元前30年)くらいらしい


132 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/11/22(木) 00:37:50.69 ID:KHYOTe5N0
>>127
平和な時代が続いた理由は?やっぱ島国とか鎖国とか?


150 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/11/22(木) 00:43:45.59 ID:sOpFHkuF0
>>132
それが大きいだろうね

あと欧米のような貴族の搾取みたいなのがなかったこと
どういうわけかは知らんが日本の身分制度は非常にうまくいっていたと思う


161 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/11/22(木) 00:47:56.84 ID:9nc7GJc50
じゃあ辺境の島国だってのが原因の1つじゃん


168 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/11/22(木) 00:55:11.80 ID:/hiKbxOW0
>>161
それは大きいと思うよ
欧米列強が植民地支配を本格化しだした際もやはりアフリカ、インド、中国インドシナといった具合に
西洋から近い距離から支配していったからね
日本はその世界状況を見て近代化へ向かった


175 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/11/22(木) 00:58:00.40 ID:KHYOTe5N0
>>168
地理的に恵まれてないと思ってたけど、欧米から遠いってだけで恵まれた土地だったんだな


126 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/11/22(木) 00:34:22.55 ID:KHYOTe5N0
藩対藩って、内乱とは違うのかな?
内乱の規模としては相当な大きさだよね
島国のクセにほとんどが陸戦だけどさ


143 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/11/22(木) 00:41:20.46 ID:PhSKQ/Zw0
>>126
内乱だね。
列強はこのチャンスをいかしてあわよくば植民地にさせたかったけど
(官軍=イギリス、旧幕府=フランス)で

先にいったように列強の自国の問題と

当時の指導者の先見の明で
国が借金で首が回らなく前に終わらすことができたのは大きかったと思う。

他の国の革命に比べればあまり血を流さなかったし。
本当に戦ったの会津庄内ぐらいだからね。


129 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/11/22(木) 00:35:58.35 ID:DwR1vUxMO
植民地にされなかったのと多神教の国だったのが大きいと思う。


多神教の良いところは他の宗教(=文化)に寛容なところ。
植民地にされてたら一神教叩き込まれて
他文化への柔軟性がなくなっていたと思う。


137 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/11/22(木) 00:39:41.87 ID:KHYOTe5N0
>>129
多宗教は盲点だった
ただ、一神教もそれはそれでモラルやモチベーションなんかにいい影響与えるよな


153 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/11/22(木) 00:44:59.39 ID:DwR1vUxMO
>>137
欧米からすると消極的ではあるが無神論の国に
モラルがあるのは考えられないらしいな。

WW2以後無神論でありながら治安を保てたのは
恥の文化のお陰であるといっても過言じゃない。



130 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/11/22(木) 00:36:32.17 ID:oGC++jmW0
江戸時代が200年以上も続いたのが、最初の奇跡
徳川家康が戦国の世を治めたとき、カッチリ制度を固めたおかげでな
内戦が起こらなくなったうえ、他の国が攻めてくることもなかったから、
技術研究や教育制度を独自に発達させる土壌ができた


188 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/11/22(木) 01:04:35.91 ID:VDq64Eh00
日本の江戸時代って寺子屋とかに町民の子どもが通ってて読み書きも
できて識字率も高かったし教育水準は高かったんだよな。


162 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/11/22(木) 00:48:35.91 ID:sG70akEB0
戦後の発展もすごいけど
明治頃の発展もすごかったっしょ
戦後教育がどうとかの問題じゃないと思う


165 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/11/22(木) 00:50:48.08 ID:KHYOTe5N0
>>162
そうそう、明治維新についてはスルーできないよな
日本の歴史上唯一の革命ってきいたことあるぞ


169 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/11/22(木) 00:55:26.32 ID:0UZMwzDFO
若者が外に情熱を向けて発散させる術を知ってたし、言ってしまえばその情熱が極まったのが明治維新


197 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/11/22(木) 01:11:33.98 ID:guT/sHpWO
なんで戦後、日本人は進駐軍に全く抵抗しなかったんだろう。
イラクと比べるとひしひしと感じる。



208 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/11/22(木) 01:16:12.17 ID:S2jO07UaO
>>197
今の教育や倫理観ではありえないが
お前が寝て起きてメシくってオナニーするくらい当たり前に天皇は至上のモノで、人ですらなかった。

ある種の深い依存性のある宗教が神さまをとられた場合、起こるのは自殺か絶望か、神さまを殺した連中による支配か。
この国では死ななかったが、それに近い結果になった。


209 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/11/22(木) 01:16:14.27 ID:IORN+9OK0
>>197
イラクは政府が解体、完全降伏。

日本で無条件降伏、解体したのは帝国陸海空軍、国体は維持、GHQは存在したが
国の運営体制そのものは残して使った、両者の違いが理解できないなら中学レベル
からやり直し。


218 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/11/22(木) 01:21:01.43 ID:KHYOTe5N0
>>209
国を存続させた日本の選択
天皇を残存させたアメリカの選択

目的は違えど、結果は同じ方向に向かってったのかもな


212 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/11/22(木) 01:18:56.19 ID:cY+68x1e0
イラクはアッラーというイスラムの生きていない神が米を攻撃しろと聞こえた
統合失調症のゲリラが攻撃している。

戦後日本は天皇という生きている神が進駐軍を攻撃しろとは言っていない
だから抵抗もあまり無かったと思う。

勝手な解釈だが


221 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/11/22(木) 01:22:18.17 ID:IORN+9OK0
>>212
イラク問題はそんなに単純ではない、現在は政権に加わったクルド人問題にすげ変わりつつ
ある。
米にとっても派遣同盟国であるトルコのように国内に一大クルド人勢力がいるので簡単に
クルド人の政治的発言力増加を認めるような政策をとったり、独立幇助はできない。


207 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/11/22(木) 01:16:07.40 ID:5bUUit5R0
国土は小さく資源は極めて少ない
地理的な要因で地震や水害など自然災害は少なくない
身体的に秀でた民族でもない
優れた国政が行われているともいえない

だからこそ先進国になれたんでしょ。
生物は逆境があるとそれを乗り越え進化するんだよ


220 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/11/22(木) 01:21:44.94 ID:/hiKbxOW0
やはりアメリカがバックについているってところが大きいと思うよ
軍事面ではアメリカが後ろに控えているので自国で軍拡する必要がないし
経済面でも戦後はアメリカに大きくテコ入れしてもらってる(朝鮮戦争とか)
戦後の傷跡もそれで復活して高度経済成長へと…
日本ではその後国内で大問題が起きることも無かったしね
他の国は第二次大戦後も問題だらけ



225 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/11/22(木) 01:23:28.58 ID:KHYOTe5N0
>>220
安保はでかいよなぁ 経済的にも外交的にも


234 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/11/22(木) 01:26:59.25 ID:PhSKQ/Zw0
>>220
冷戦時代はそれでよかったもんね。
自分達は戦争できないんで経済だけでって
世界中に物売るだけでよかったから・・・・

今はもうね・・・・・

まあ米中新冷戦構造になればまたウマーかもしれないけど・・・・

でもモスクワと北京じゃ日本への距離(圧力と読みます)が違いすぎるからな・・・・


266 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/11/22(木) 01:36:00.78 ID:/hiKbxOW0
>>225
>>234
やっぱり冷戦時代はアメリカにとって日本は重要な拠点だったんだよね
アジアの共産化を食い止める橋頭堡とでもいう感じ
でもソ連も崩壊し、中国も市場経済を取り入れた今となってはそれほど重要ではなくなってるね
アメリカも最近では日本スルーで中国べったりだしね


274 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/11/22(木) 01:38:12.76 ID:IORN+9OK0
>>266
ドミノ理論とかいつの時代の話だよ。
米韓同盟の希薄化、中国の肥大化によって米軍の拠点として日本は過去最高に
価値を増してるのに。



227 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/11/22(木) 01:24:17.43 ID:l5Tz2e5o0
俺もなんで日本がここまで発展してきたかずっと気になってたわ
個人的に思うのは江戸~明治あたりの西洋のいいものだけを取り入れ
尚且つそれをもっとよくしたから発展したんだと思ってる。


232 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/11/22(木) 01:26:31.49 ID:KHYOTe5N0
>>227
他文化を寛容に受け入れ、独自の自文化とマッチさせていったってのはオレも考えていた
けれど、日本が「他文化を寛容に受け入れ、独自の自文化とマッチ」させることができたのはなぜだろう


241 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/11/22(木) 01:28:59.24 ID:VaOpatse0
>>232
寛容に受け入れるってのは多神教とか無宗教とかっぽいじゃん
自文化とマッチってのは飛鳥ぐらいからやってるじゃん


250 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/11/22(木) 01:31:13.64 ID:EtMHVmVwO
ジャンケンでいえば地理的に常に後だし出来る状態だからじゃね?


255 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/11/22(木) 01:33:29.94 ID:S2jO07UaO
>>250
これは優等生的な回答


262 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/11/22(木) 01:35:07.80 ID:KHYOTe5N0
>>250
うまいこというな
すごくわかりやすい例えだ


264 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/11/22(木) 01:35:43.20 ID:bLN0Qh2D0
やっぱ勤勉で器用な性質はでかいだろうな。
あと朝鮮戦争での軍需利益は時期的にもかなり運が良かったと思う


317 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/11/22(木) 01:56:01.07 ID:0UZMwzDFO
例えば武士は、全ての侍の代表であって、個人的な失敗も全体的な恥じと解釈しているから、そこに日本人らしい道徳ができたんじゃないかと思う。
ただ身の程を知るという謙虚さもあるから、
柔軟な考えは度を越すと散漫になるから、その歯止めの部分として道徳が生かされたのかと。


347 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/11/22(木) 02:08:31.25 ID:kpU66fdtO
文化が凄かったからだろ
日本の文化は盗み進化させる文化だからな


357 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/11/22(木) 02:12:07.51 ID:FQ3wEY/n0
>>347
それ良く言われるけど、新たな物が作り出せない人ばかりじゃない
どちらかというと、出る杭は打たれるというような風土が問題
例としては、テレビができる前にテレビを考えた人がいたが、
研究を断念させられたんだったかな
フォンノイマンより先に3進数によるコンピュータを考案していたという人もいるらしい


382 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/11/22(木) 02:21:21.85 ID:C3DxE97n0
日本が世界有数の先進国じゃなくなってきてる気がしないか?


393 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/11/22(木) 02:23:49.31 ID:/jfYePOm0
>>382
経済→文化の順に発達するからだと思う


403 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/11/22(木) 02:25:55.86 ID:n+PxW66HO
>>382
それはある。「日本が世界有数の先進国だという認識は古い」と
いうのがここ数年の根拠のない無意識的な認識。


396 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/11/22(木) 02:24:39.58 ID:b2r4rczs0
>>382
世界シェアトップのがバンバンあるみたいだし、そう捨てたもんじゃない


404 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/11/22(木) 02:26:02.78 ID:KHYOTe5N0
>>396
労働力と引き換えにな
これから労働力がガクッと減ると思うんだが、大丈夫なんだろうか


415 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/11/22(木) 02:29:35.78 ID:b2r4rczs0
>>404
確実に落ちていくと思うな
熟練したテクニック持っている人は減っていってるし


411 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/11/22(木) 02:28:53.28 ID:uWPNr+Et0
島国だからアジアの他の大陸国ほどは中国の影響を受けず、
また東南アジアの各島国ほど天然の食料事情がよくなかった為
知恵を絞って自然と共存していく必要があった。

その状態の中で、日本は限られた島国の中に色んな風土と人間が
各地でコミュニティを作って、いわばぷちヨーロッパみたいな状態だった。

科学技術の進歩は個人の才能に拠る所が大きいので外からの輸入が多かったが、
社会制度の進展に関しては、ほどほどの人口とほどほどの面積、地域の多様性などが
好条件となって自然と洗練され、最先端のヨーロッパと似たようなルートを辿り、
それほど差がない進み具合だった。


ペリーが来航した時点で、国としての完成度が高かった理由はこの辺かなと。


418 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/11/22(木) 02:30:11.65 ID:jtuP/KH80
ていうかこれからは
アングロサクソンと反米イスラームの争いが先鋭化するだろうし
中国がイスラーム側につくだろうからな
まだまだ戦争は終わらない


432 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/11/22(木) 02:34:35.62 ID:IORN+9OK0
>>418
既にそうはなっていない、単純にアングロサクソンが反イスラームともいえない状況に
なりつつある、実際英国の国民の信奉宗教で第二位は既にイスラームであって欧州
各国も同様の状況であって、外部の敵ではないから。

中国に関してはイスラームの中で反米色の最も強いイランと仲が悪いので既に
新ムスリムとはいえない、そもそも中共は宗教を一切認めていない。




419 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/11/22(木) 02:30:23.40 ID:4Om0RmUv0
小型化に関しても日本は異様な才能を発揮するよね


443 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/11/22(木) 02:38:20.46 ID:aSbnVUba0
>>419
それは技術はもちろんのこと日本人の持ってる気質と関係してるよ。
日本は元々小さなものを良しとする美的価値観があるから。
「小粋」とか「小奇麗」とかって言葉は象徴的。


461 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/11/22(木) 02:44:05.89 ID:QeVqdLgz0
>>443
俺が貧乳好きなのもその辺が関係してるのか・・・?



437 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/11/22(木) 02:36:53.83 ID:0Ru2xy7e0
日本て食料事情は悪く無いんじゃね?
海に山に平野もあるから食材豊富な方じゃ中の



451 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/11/22(木) 02:40:04.53 ID:IORN+9OK0
>>437
日本の食糧自給率は極めて低い、WW2で同じように食料で辛酸をなめた英国は国内
自給率をあげた、現在60%以上国内で生産、供給可、日本は40%切ってたはずだけど。


484 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/11/22(木) 02:50:01.61 ID:uWPNr+Et0
>>437
東南アジアの諸島と比べればね。だから天然の食糧事情って書いた。
あっちはぶっちゃけほっといても果物がたくさん取れるし海産物も豊富だったから
それほど切羽詰ってはいなかった。

対して日本はちゃんと農耕して畜産していかないと自然になるものだけじゃ
人口を支えきれなかったし、海近くと山奥では全然違う状況でもあった。

前提として、ある程度の集団が結束して食料を確保していかないと
食う事すら出来ないところからスタートしてるんだよね。

まあ一度それらが整ったら自然は豊かだし四季ははっきりしてるでかなり良くなったけど。
それも太古からの努力の賜物。


489 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/11/22(木) 02:53:06.52 ID:IORN+9OK0
>>484
どこの国もある意味一緒でほっといても果物がなって食料が足りる国なんてありませんて。
南方戦線の島々で一番餓死者が多かったのにそういうの見ると泣けますよ。


501 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/11/22(木) 02:57:46.64 ID:uWPNr+Et0
>>489
いやだからはるか大昔の話。日本で言えば邪馬台国とかそれくらいの頃。
人口は今より全然少なくて、自然になるものだけでかなり長い期間食料がまかなえたのが東南アジア。
日本は早いうちからそれじゃ間に合わなくなってきたから農耕やら畜産やらの
集団的な食料生産が始まった、てことです。

近代はまた別の話ということで。



467 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/11/22(木) 02:44:47.02 ID:nk4pcTUA0
なんかこのスレには日本の失われた部分ばかり書かれてる気がする。
今の日本は推進力を失いつつある。
ただ退化しただけなのか。
羽化する直前のサナギ状態なのか。



469 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/11/22(木) 02:46:09.50 ID:XhqOYdRc0
>>467
これみて思い出したが
日本って自虐的だよな


478 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/11/22(木) 02:48:37.46 ID:vPwaa6ho0
>>467
あらゆる分野を総覧して日本の現状について語れるヒトなんていないよw
誰にもわからないから、自分好みの日本の現状で満足するしかない


482 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/11/22(木) 02:49:44.43 ID:sb12TDcaO
今の世の中ネガティブが悪い事と取られる
しかし昔の日本ならネガティブがネガティブでなかった気がする


515 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/11/22(木) 03:04:35.35 ID:DnCPR+K8O
神風ってのは本当なのかな
モンゴルが攻めてきたときとかは台風で免れて
ペリーが日本を攻めようと決意したとたん南北戦争勃発だし
逆に日本から攻めると神様なんもしてくれないな



521 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/11/22(木) 03:07:25.93 ID:ekUfyH9HO
>>515
神「お前らjapは島国に引きこもって自分達の文化を伸ばしたらいいんだよHAHAHAHAHA」


525 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/11/22(木) 03:09:58.88 ID:QeVqdLgz0
>>521
ツンデレにしか聞こえんwwwww


670 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/11/22(木) 05:33:57.90 ID:ufCp+lzk0
なんだかんだいっても先進国であるのは
それなりに国内を統一していて人口が多い
で、その多くの人間を早い時期から教育していたことだよ
江戸時代からの初等教育は日本が世界で最も進んでいた
文字の読み書きが出来るというのは文明の基本。
先人の知識が利用できるようになるからね



673 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/11/22(木) 05:43:01.42 ID:WkaME7tP0
まぁお前らは何もしてないけどな







Edit  |  はてなブックマークに追加  |  2007.11.22 (Thu) 18:16  |  経済・金融  |  TB(3)  |  CM(333)  |  Top↑

オススメサイトの最新記事

*コメント

     
  1. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2007年11月22日 18:37
    何もしてなくてサーセンwwwwwww
  2.  
  3. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2007年11月22日 18:49
    ニートでサーセンwww
  4.  
  5. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2007年11月22日 19:03
    日本人にもゴミクズはいますwwwフヒヒwwww
  6.  
  7. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2007年11月22日 19:09
    >>1で答えが出てるじゃないか。
    資源とか少なかったから努力して、そして発展したんだよ。
    戦後についてはアメリカが円の価値をとんでもなく高くしてくれたおかげ。

    何もしてない暇人が偉そうなこと言ってサーセンwwwwww
  8.  
  9. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2007年11月22日 19:09
    自宅警備員でサーセンwwwwww
  10.  
  11. 名前:                  投稿日:2007年11月22日 19:14
    なんでも運で片付けるやつはうざい

    議論にならん
    すべては必然、もしくは偶然ですべての問いに答えられるわな
  12.  
  13. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2007年11月22日 19:16
    まぁ、陛下も終戦時の放送でに抵抗するなって言ってたしね。
  14.  
  15. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2007年11月22日 19:20
    日本が世界6位の排他的経済水域を持ってるとか、
    世界10位の人口であるとかは意外と知られていない。

    運が良かったのはあると思うが、
    その運を使って狂気とも思える努力をしてきた。

    あと意外と天然の策士。
  16.  
  17. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2007年11月22日 19:22
    でもさ、日本ほど地震や火山が多い国はほかにもないし、台風だってくるし冷害洪水地すべり津波いろんなのがあるじゃん。

    逆に日本ほど災害のレパートリーが多い国もないんじゃね?
  18.  
  19. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2007年11月22日 19:22
    日本の戦国時代の軍事力は世界トップレベル
    理由は戦国時代で誰もが武力をあげていて
    その中でも織田信長が鉄砲の大量生産に成功して
    天下をとった

    確かこの次点で日本が1番世界で鉄砲を持ってたと思う

    ヨーロッパのキリストの宣教師も本国に
    「日本は町並みがヨーロッパより綺麗で
     攻めたら負けますw無理ですw」
    って手紙で送って怒られてるし
    守る側としては最強の鉄鋼船もあった

    だから鎖国政策してもどの国も文句言えなかった

    ついでにその時の日本は朝鮮と中国のことを
    兄弟と父と尊敬していてヨーロッパも警戒したって話もある


    日本は成功させるために無駄な努力をするところが
    成功するカギなんだと思う
  20.  
  21. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2007年11月22日 19:25
    正確には日本人は中国東北部から朝鮮半島を渡ってきた渡来人と日本列島いた縄文人のハーフだから
    日本人の定義が難しい
  22.  
  23. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2007年11月22日 19:31
    >>11
    すまん。もうちょっと加えるw自己満サーセンw

    やっぱ日本人はバカだからいいんだと思う

    その無知でバカなんじゃなくて
    その・・・・・

    無理といわれてもそれにむかって
    最善の道を探して最善の努力をつくして
    最高の結果をだすことを怠らなかったのが
    いいところだと思う


    そういや日本って大国とか列強と戦いすぎwww
  24.  
  25. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2007年11月22日 19:31
    大卒フリーターのゴミ人間でサーセンwwwwww
  26.  
  27. 名前: 名無しさん  投稿日:2007年11月22日 19:32
    日本人が勤勉というのはガセ
  28.  
  29. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2007年11月22日 19:34
    がむしゃらに勉強してるんだけど、それが日本国に対して本当に貢献出来るのかがまだ全然見えなくて悩んでいる。

  30.  
  31. 名前:    投稿日:2007年11月22日 19:37
    先人の偉業に敬意を払いつつ、
    自分の情けなさに涙しながら寝るわ。
  32.  
  33. 名前:    投稿日:2007年11月22日 19:39
    一番最後の言葉が非常に重く感じます。
  34.  
  35. 名前: 名無しさん  投稿日:2007年11月22日 19:40
    別に日本に興味ないからどうでもいい
  36.  
  37. 名前:            投稿日:2007年11月22日 19:49
    まあ俺も日本という国家には興味ないな
  38.  
  39. 名前:    投稿日:2007年11月22日 19:53
    <丶`∀´>ウリのおかげニダ 感謝汁
  40.  
  41. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2007年11月22日 19:58
    どっかの外国人が、日本人が優秀なのは日本に四季があるからだ。気候の変化による刺激が日本人を発展させるのだー、とか言ってたのを思い出した
  42.  
  43. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2007年11月22日 20:00
    今の日本人はネガティブだなあとなんとなく言ったら
    ジーちゃんがそれは今も昔も変わらんと言ってたな。
    国民性なのかこれ?

    とりあえずニートは働けよw
    そのうち経済難民が発生してお前らの大嫌いな朝鮮人が大量発生するぜwww
    お願いしますからwww
  44.  
  45. 名前:     投稿日:2007年11月22日 20:01
    偶然としかねえ
  46.  
  47. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2007年11月22日 20:02
    >>日本って自虐的だよな

    これのせいでニーチェの言う超人を目指せたんじゃない
  48.  
  49. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2007年11月22日 20:07
    もっと歴史を学べばちゃんと発展したことがわかるのに

    ベア速には似合わないなこのスレは
  50.  
  51. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2007年11月22日 20:09
    そんなこと言ってられるのもあと何年か。確実に日本の地位は落ちる。偶然とか言っちゃう奴がいる時点で日本の未来は暗い。なぜ日本がここまで発展できたのか,それについてちゃんと認識しないとちんこちんこ
  52.  
  53. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2007年11月22日 20:13
    西欧から見て最果ての島国だからよかったよ。
    地続きだったら植民地になってただろうし。
    そういった意味で運の要素があるな。
  54.  
  55. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2007年11月22日 20:14
    自宅警備員であっても読み書きはできるし、衣食住揃ってる
    計算はできても文字読めないって人が多い国だってあるんだ
    そういう意味では凄い高度な文化を保持してきたんだろう

    問題はこれから先、そういった目に見えない財産を維持できるかどうかだろうな
  56.  
  57. 名前: 名無しさん  投稿日:2007年11月22日 20:15
    和算で微積分を後少しの所までこぎ着けた数学者もいるんだぜ

    江戸時代のからくりや大衆娯楽の多さも素地だと思う
    落語、歌舞伎、相撲、春画、等々
    落語は発想力や話術を鍛えられるし、春画は発想力や想像力が養える
    優れたからくりは現代技術では再現できないロストテクノロジーの塊
    一般の町民が今より高精度な虫眼鏡を保有していた時代でもある
    ちなみに、江戸時代にはもう水道が敷かれていたりする
    その下地があるから、今でも技術力やエロの発達は世界トップクラスなんだよ

    今ある物をどう活用しようか、という発想をするのが日本人で、二次創作の多さなんてそれを如実に表していると思うけどね
  58.  
  59. 名前: けんじ  投稿日:2007年11月22日 20:19
    ※15
    日本人が勤勉なんじゃなくて、他が……だな
  60.  
  61. 名前:    投稿日:2007年11月22日 20:28
    だから日本にはバカンスがないのだ。
  62.  
  63. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2007年11月22日 20:28
    >>13
    馬鹿と天才は紙一重


    最後に思わずワロタwwww
  64.  
  65. 名前:  s  投稿日:2007年11月22日 20:41
    身体的に秀でた民族ってのは先進国の要因として必要ないだろw
  66.  
  67. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2007年11月22日 20:45
    日本と欧米は共通して遊牧民の脅威を受けなかったから発展したとか
    遊牧民は自分らが苦しくなると生きるために他の文化とか社会とか破壊して回るからな
  68.  
  69. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2007年11月22日 20:48
    謙虚で勤勉な国だ。しかも礼儀を重んじる。
    まったくもって硬っ苦しい国。


    ちなみに昔は、金属はよくとれた
  70.  
  71. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2007年11月22日 20:50
    借金しまくってるからだろ
  72.  
  73. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2007年11月22日 20:52
    ※28
    フィリピンとかは?インドネシアも島国ですが?
  74.  
  75. 名前: 名無しさん  投稿日:2007年11月22日 20:56
    日本は飛びぬけて長く続いている国なんだけどそれも関係しているのかな?

  76.  
  77. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2007年11月22日 20:59
    試行錯誤
    切磋琢磨
  78.  
  79. 名前: 名無しさん  投稿日:2007年11月22日 21:12
    アメリカの援助のおかげだろ
  80.  
  81. 名前:    投稿日:2007年11月22日 21:13
    良くも悪くもいろんな意味でオナニー大好きだから
  82.  
  83. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2007年11月22日 21:15
    なんとマジレスの多いスレ
  84.  
  85. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2007年11月22日 21:15
    ベア速らしからぬ記事w
  86.  
  87. 名前:    投稿日:2007年11月22日 21:25
    今身の回りにある全ての技術はあらゆる人種の人たちがひとつひとつ作り上げてきたもので日本人がすごいとかいうとちょっと違和感
    あと現代にいたってはぜんぜんだめ。特に政治なんかはこれだけ労働時間が異常なほど多いのに一つも改善されるどころか悪い方向へ向かってるよねww
    税金無駄遣いにも政治家はばかだばかだといって論点ずらして現実問題から逃れようとするのも悪い癖?
    とにかくこんな世の中で自慰してる場合じゃないかと
  88.  
  89. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2007年11月22日 21:26
    第一次世界大戦の時点で、日本はかなりの発展国。
    それも考慮に入れるべき。
    アメリカのおかげでなんてのは、小学生のような
    陳腐理論
  90.  
  91. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2007年11月22日 21:41
    でも、難しいのは『一番幸せな国かどうか』は別なんだよね。

    ほら、漁師のおっちゃんが、金儲けできるって米人に言われて、なんで必要なのか、どうなるのか聞いたら、結局は今の現状と同じみたいなネタがあるじゃん?

    きっと昔の人は金もうけしたいからやったんじゃないて思うんだ。ただ満足できる生活をしたい、させたいと思ってたから上手くいってたんだと思う。
    感情論だけど、今の日本人にその感覚はあるのかな…
  92.  
  93. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2007年11月22日 21:41
    アメリカの援助無しでもどの道、日本は発展しただろう
    常識的に考えて

    それから無条件降伏ではなく軍部の降伏、という条件付降伏な

    マッカーサーも日本が戦争した動機は安全保障だと理解した
    そして日本の敗北によって朝鮮戦争の勃発による戦争特需

    日本が戦後繁栄したのは偶然でもなんでもない、必然だ

    あと、GHQは日本を愚民化しようと画策していたが日本人の識字率が高くて失敗している

    日本の繁栄をアメリカのお陰だと考えてる奴は日本から出て行け
  94.  
  95. 名前: 名無しさん  投稿日:2007年11月22日 21:42
    戦後に関しては冷戦構造とか運ではあるな。それを生かす能力があればこそだが。
    島国であることとわりと地方分権で統治していたからかな
  96.  
  97. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2007年11月22日 21:54
    アメリカの衰退で日本に対する干渉減+メタンハイドレートの採掘技術の発展で日本が復活すると考えてる俺は異端なのか?
  98.  
  99. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2007年11月22日 21:55
    エネルギー資源は周辺諸国の欲に火を付けるからなぁ。
  100.  
  101. 名前: 名無しさん  投稿日:2007年11月22日 21:59
    物事をもっと深く更に便利にもっと手軽にと突き詰めていく性格は良いと思う。
  102.  
  103. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2007年11月22日 22:06
    何もしてなくてサーセンwwwww
  104.  
  105. 名前:    投稿日:2007年11月22日 22:14
    朝鮮戦争はたかが一つの特需であって
    その前後の好景気の理由ではないのよね。
    無ければ10年前後は発展が遅れたかもしれないけど
    それが日本の先進国化に必須の出来事だったわけじゃないでしょ。
  106.  
  107. 名前:     投稿日:2007年11月22日 22:15
    日本の発展は技術者のお陰
    海外から入ってきた技術をさらなる高みへと高めた結果だ

    だから技術者の待遇を良くしろ
    腐った文系に回す金をよこせ
  108.  
  109. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2007年11月22日 22:15
    日本の識字率は99%(残りは盲人)
    これ、豆知識な
  110.  
  111. 名前:  名無しさん  投稿日:2007年11月22日 22:28
    >>42
    勤勉といえば勤勉なのかもしれないが
    結局は個々の欲求にしたがって
    つきつめたおかげだよな。


    自虐的は悪いっていうけど、
    オレだめだ・・って何もしないのが悪いのであって
    オレだめだ・・・こんなんじゃ嫌だ。
    って向上していくのは良いことだろ。
  112.  
  113. 名前:    投稿日:2007年11月22日 22:32
    人類発祥の地アフリカから最も遠いのが日本な訳で、世界の果てまで行きたがる好奇心旺盛な祖先が居たんだろう。
    んで、気候は悪くないけど災害が多く、知恵を絞って団結しなければ生きていけなかったからそういう民族性になった。

    血統に関しては日本人って雑種みたいなもんじゃなかったっけ?
    陸続きだった頃から根付いていた大和系、北方から来た樺太系、朝鮮半島経由で渡ってきた弥生系、海流に乗って北上してきたミクロネシア系等。
    この中で一番の新参が朝鮮から渡来してきた弥生人だし。
    自然界では純血より雑種が強いからその辺も関係あるのかもね。
  114.  
  115. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2007年11月22日 22:35
    富の再分配の観点が抜けているな。祭り好きなのもそれに関係しているし。後、貨幣制度やら米会所も重要だと思う。
  116.  
  117. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2007年11月22日 22:36
    「銃・病原菌・鉄」を読め。
    この問いの答えが全部書いてあるよホント
  118.  
  119. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2007年11月22日 22:38
    きっと昔の人たちも、今の日本はダメだ、昔が良かった・・・。
    とか、思っていたんだろうな。
  120.  
  121. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2007年11月22日 22:47
    タイはちょうど緩衝国の役割を果たして侵略されなかったらしいな
  122.  
  123. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2007年11月22日 22:48
    ※54
    先進国化した理由を書いてくれないか
  124.  
  125. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2007年11月22日 22:51
    戦後以前の国民性が勤勉だとは思えないが・・・
    今は西洋諸国よりはマシだが、見当違いな勤勉さだな。
  126.  
  127. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2007年11月22日 22:51
    日本の位置も発展の大きな理由の1つだと思う。

    例えば、ニュージーランドの位置に日本人が住んでいたとしたら、
    現在と同じような発展をしていたとは考えにくい。
  128.  
  129. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2007年11月22日 23:18
    上のほうで「先進国でなくなっている」という意見があったがそれは間違い。むしろ今も経済成長してたらそれは先進国ではなく発展途上国。経済がある程度の域に達して
    落ち着いてからが先進国。今の中国はまだ「発展途上国」に分類される。

    アメリカを見てればわかるだろ。連中も日本が経済成長してるときはすでに維持の状態にあった。その日本を追いかけるのが中国や韓国なんだから。まぁ韓国は中国よりも多少遅れるが
  130.  
  131. 名前:    投稿日:2007年11月22日 23:21
    日本がどうなるか知りたくて、本を10冊は読んだ
    でも、結局、結論は世の中どうなるかわかんない
    昔の人も全然わかんなかっただろうね
    親父もソ連が崩壊するなんて夢にも思わなかった
    世界で一番進んでる国だと教えられたのにと言っている
    そうゆうこと
  132.  
  133. 名前:         投稿日:2007年11月22日 23:23
    昔の人が汗水流して一生懸命だったからこそ
    俺は今こうして少なくとも平和な一日を過ごせているんだ
  134.  
  135. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2007年11月23日 00:10
    海外旅行したらわかる。日本人はあきれるほど勤勉。
    例としては微妙だけど、たとえば折り紙折るとき無意識に角をちゃんとそろえるだろ?外人は本当に適当に折る。
    駄目だ駄目だと言われているけど、この勤勉さがあれば日本はこれからも地味に発展していくと思う。
  136.  
  137. 名前:        投稿日:2007年11月23日 00:12
    日本人の高度経済成長期の労働時間は異常
  138.  
  139. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2007年11月23日 00:42
    昔の日本人が勤勉って誰が教えたんだろ。
    開国するまでは、のんびり穏やかだったようだが。
  140.  
  141. 名前: phie  投稿日:2007年11月23日 00:44
    >>60
    これオススメ。
    『銃・病原菌・鉄』ジャレド・ダイアモンド著

    長いけど1週間もあれば読めるだろうから
    一度図書館でも行って読んでみて。

  142.  
  143. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2007年11月23日 01:13
    これで日本に油田があったら最強だなw
  144.  
  145. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2007年11月23日 02:06
    地理的にちょうどよい(巨大な国(この場合中国)に海を隔てて侵略されにくいが渡れなく文化が入ってこないほどではない)のと資源が乏しいのが主要な原因ではないかと思う。
    資源が乏しいのがよいのは例えばキリスト教とかのエデンの園とか中国の伝説上の桃源郷みたいにほとんど何もせずに食べ物を取れるような場所じゃ文化を発達させる必要ないからな。まあ砂漠みたいの所じゃ土台すら出来んが。

    ただし重要なのはこれらによって教育とか文化を育てることであるそこがきちんとなってるから日本は先進国たりえているのだろう。
  146.  
  147. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2007年11月23日 02:14
    米74馬鹿すぎワロタwwwゆとりは適当な事を恥ずかしげもなく書くから困るwww
  148.  
  149. 名前:    投稿日:2007年11月23日 03:08
    ※74
    文章は変だが言いたいことはわかる
    自然災害が多いからサボると食っていけないってのが
    染み付いてるんだろうな。
    実際、建築技術も地震があるから発達出来たし。
  150.  
  151. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2007年11月23日 03:14
    >>21
    が一番重要だったと思うな
  152.  
  153. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2007年11月23日 03:34
    経済的には先進国でも
    民主主義的な国としては後進国もいいところ。
    民度低すぎ。
    政治に無関心にさせられる教育を受けて
    尚且つマスゴミは民度を上げる情報を流さない。
    そして、民度低い国民が民度低いがゆえに
    上記2つのことに全然気づかない。
    かくして、政府、マスゴミは私腹を肥やしまくる。
    税金、既得権益とかでな。
    こんな状況である中で、”日本は先進国”と言いきるのは、むっちゃはずかしいわ。
  154.  
  155. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2007年11月23日 03:40
    日露戦争で歴史上始めて有色人種が白色人種を戦争で負かしました
    これに負けてたらロシアの植民地でした
    このときの日本軍の活躍は当然すばらしいものですが
    それよりすばらしいのは外交手腕で戦術的勝利(旅順攻略、バルチック艦隊撃滅)を最終的な戦略的勝利、つまり終戦に持ち込んだことです
    当時のロシアの国力は日本をはるかに上回っており、ロシアがかなりの余力を残しているのに比べ、日本はもうボロボロ、戦いが続けばジリ貧となることは分かりきっていました
  156.  
  157. 名前: 名無しさん  投稿日:2007年11月23日 04:00
    >73
    もし油田があったらアメリカの経済植民地になってるわw
    努力しなくても国や人民が富んでたら人は堕落するしな

    まぁ南関東地域にかなりの埋蔵量の天然ガスがあるし、
    メタンハイドレードもあるし、今後は結構な資源大国になれるかもねw
  158.  
  159. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2007年11月23日 04:04
    しかし、アフリカなんかと比べるとなあ。
    彼らは簡単な井戸堀りとか調理器具とかさえ、日本や欧米に教わってたりする。
    最古の人類だというのに!

    文化の進歩には多様性がある…とはいっても
    「日本との、この差は何なのよ!?」って思わず言いたくなるわ。
  160.  
  161. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2007年11月23日 04:14
    ※80
    油田はなくともガス田があると最近わかったじゃん
    前から日本海の資源は言われまくってる
    だからシナが現在国家をあげて絶賛窃盗中
    >>1は一行目から間違ってる
  162.  
  163. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2007年11月23日 04:42
    ここはVIPじゃない
  164.  
  165. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2007年11月23日 05:51
    最近のvipは長文が増えたから眠い時には辛いものが有るな・・・
  166.  
  167. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2007年11月23日 06:05
    >>515
    毘沙門天の(ry
  168.  
  169. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2007年11月23日 06:21
    こういうのは好きだな。
    俺が言いたいことはだいたい書かれちゃってるけど
    鎖国の時代に出島があるといっても数学や物理学は
    確実に後れを取ってしまったと思う。
    まあ数学で言えば和算で独特の進歩を遂げたと思うけれど
    上手く生かせなかった上にアラビア数字が使えないのはデメリットだったなと。
    明治になって勤勉さと江戸時代に培われた下地もあって最新技術の受容性も高かったため一気に進歩を遂げることができたのだろうけれど。
  170.  
  171. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2007年11月23日 08:57
    江戸時代に教育水準高めることが出来たのが全てだろ。
    それ以前は未開の地みたいなもんだし。

    農業に関しては、WW2以前は土人並みの効率だったけどな。
  172.  
  173. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2007年11月23日 09:48
    学生の限界を感じるわ
  174.  
  175. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2007年11月23日 09:56
    まじめに読んでたのにラストでガクッとさせられたwwwwwwwww
  176.  
  177. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2007年11月23日 09:59
    もしかして日本に神様いるんじゃね?

  178.  
  179. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2007年11月23日 10:58
    お前ら見てると、とても日本人が勤勉だとは思えない。
  180.  
  181. 名前: 名無しさん  投稿日:2007年11月23日 12:21
    >日露戦争で歴史上始めて有色人種が白色人種を戦争で負かしました

    正確には「近代兵器を用いた戦争で」だな
    オスマントルコやモンゴル帝国は有色人種がいただろう
    大規模な戦争は多くなかったけどね
  182.  
  183. 名前:    投稿日:2007年11月23日 12:31
    勤勉な国民性っていうのは農耕社会から始まった日本の社会システムが求めた結果だろうな。
  184.  
  185. 名前: でら  投稿日:2007年11月23日 12:56
    日本人は新しいものを生み出したりするのが苦手だって
    言うけど。そんなことは無いよね。
    ヒトゲノム解析のオートメーション化だって
    日本人が考えついたものだし
    ただ、その芽を摘んじゃう人がいるけど。。。
  186.  
  187. 名前: 名無しさん  投稿日:2007年11月23日 13:07
    島国 過度な生存競争が行われにくい
    その分特定分野で競争が発生しやすい
    伝播力がものすごい。

    地理的環境(それに伴う気候や食文化含め)と
    運だと思う。
    あと米国の占領されて結果的に西側につけたこと。

    >>94
    八木アンテナも評価したのは外国人だからな。
    ポジティブな評価をするのが下手なんだな、要するに。
  188.  
  189. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2007年11月23日 14:11
    しかし日露戦争が与えた影響はすごかった。あの後調子に乗らなければもっと別の日本になってた。
  190.  
  191. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2007年11月23日 14:57
    島国根性はすごい。
    何せ島国。海で囲まれてたらそれが領土。
    そりゃ中国に進出しても止め所がわからない。
    戦線とか広げまくり。オーストラリアまで迫ったり。
  192.  
  193. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2007年11月23日 15:23
    >>97
    資本主義(米英仏)Vs資本主義(日独伊)
    第3勢力としてヒトラーでさえ警戒してた「共産圏(中国ソ連)」

    当時の流れとして、国内をまとめるために共産圏とは戦わざるをえない(当時のイデオロギーとしては最強の「共産思想」、ほっとくと国内の国民が赤にそまる)。
    結果、日本は中国とソ連と戦うことになった。

    あほなのはそこから米英にケンカを売ったこと。
    日本、ドイツ Vs 中国、ソ連、アメリカ、イギリス
    こりゃ無理ww

  194.  
  195. 名前: ('A`)  投稿日:2007年11月23日 15:48
    >国土は小さく
    ここは違うと思うよ。どちらかと言うと大きい国に属する。
    でも横にロシアや中国があるからね。
  196.  
  197. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2007年11月23日 16:07
    戦後、西洋諸国みたいに発展したかった日本だけど
    西洋みたいに黒人を奴隷にして働かせるっていう手法はもう使えなかったから
    しょうがなく日本人自身を奴隷にしたんだよ。
    勤労の美徳とか、勤勉な国民性とか言われるようになったのって
    第二次大戦以降のウソらしいよ。
    おかげでアメリカに次ぐ経済大国になれたわけだが
    最近、副作用が出始めている…。

    江戸時代には、普段プラプラして金がなくなったら
    日雇いの仕事をする、今で言うフリーターも多かったそうだよ。
    大工とかの職人も、四時間働いて四時間休むみたいな
    自由な働き方をしてたらしい。
    その方が日本人の気性に合ってるんだろうね。
    西洋人はバリバリ働いてドガッと休み取るのが好きだけど。

    ソースは「反社会学講座」
  198.  
  199. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2007年11月23日 17:02
    >災害のレパートリー

    それを防ぐため様々な技術発達
    されに破壊→「新しいものを作る」という強制力が作動する。
    経済潤う。
    日本の土壌は作物が育ちやすい

    でもコレだけじゃ、江戸幕府、明治維新および戦後復興、黄金の時代、の成功の根拠にするには温いね
  200.  
  201. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2007年11月23日 17:29
    >>46 のその通りです。に笑った。
    お前はどういう立ち位置なんだよwww
  202.  
  203. 名前: VIP愛戦士  投稿日:2007年11月23日 17:51
    明治時代の大学はすごいよ
    ドイツやフランスからいろんな先生を連れてきては
    その先生達に日本語を覚えさせるわけではなく
    外国語のままで講義をさせてた。

    学生達は、大学を入る前に、今で言う高校で、ドイツ語やフランス語を完全に理解してから大学に入ったって。

    この時代から見れば、戦後生まれは全員ゆとり
  204.  
  205. 名前: 名無しさん  投稿日:2007年11月23日 18:12
    >>99
    国土はそれなりに広いんだが、いかんせん森林と山々が6割以上を占めてるからなぁ
    経済水域を含めるとかなり大きいんだけどな
    人が住める土地が少ないのは結構痛い
  206.  
  207. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2007年11月23日 18:23
    >>5 http://en.wikipedia.org/wiki/IQ_and_the_Wealth_of_Nations
    ウィキペディアによると日本人は朝鮮人よりIQが1低い
  208.  
  209. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2007年11月23日 18:26
    日本が先進国になれたのは、金、銀、銅のおかげだろ

    資源があっても有効活用できない国はいっぱいあるけどさ
  210.  
  211. 名前: ※8  投稿日:2007年11月23日 19:41
    ※48
    日本は無条件降伏をした。無条件降伏というのは軍対軍で行われるものだが、始めて国家に対して用いられたのがポツダム宣言だ。


    多神教と多宗教が本スレ内でごっちゃになってるような気がした。
    日本神道は日本人の70%以上が信じてる立派な宗教なんだがな。ただ八百万の神って宗教なので、他の宗教に対してあまりに寛容すぎるんだよ。
    日本人の大半が木々や川や山などの自然に神秘的なものが宿ることを信じてる。畏れてもいる。この考えが神道の基本的な観なんだが、日本の場合それを信じた上で仏とかキリストとかも信じてよいことになっている。初詣、節分、春分、盆、秋分、クリスマス。お坊さん家でクリスマスパーティしても良いし、神社が盆にイベントを開いても良い。

    この宗教観が日本人の「他をコピーしてより良いものにする」「1+1=xを生み出す」「政治軍事文化なんでも取り入れて日本風にする」という他では見かけられない能力を生み出しているんだと思う。

    この感覚を失わない限り日本の社会的競走力はそう低くはならないと思う。
  212.  
  213. 名前:    投稿日:2007年11月23日 19:52
    まぁ日本が先進国と呼ばれたのも、
    戦後のわずか数十年というごくごく限定的な話で、
    もはや世界はおろか中国や北朝鮮ですら
    日本など相手にしてないわけです。
    単なるアメリカのパシリですから。
  214.  
  215. 名前:    投稿日:2007年11月23日 20:34
    なにこのアイコクシン丸出しのスレw

    書き込んでるのはニートなのに・・・
  216.  
  217. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2007年11月23日 21:26
    すぎやまこういちが書いてるんだよ。

    パシリの国が、2年連続世界に最も良い影響を与えている国に選ばれたり、世界一の美食だったりするわけないだろ。
    中国や北朝鮮には、評価すらされたくないわ。
  218.  
  219. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2007年11月23日 21:50
    >>108
    経済の話?それとも政治の話?

  220.  
  221. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2007年11月23日 21:51
    ニートだろうとフリータだろうと、何もしてなくてなくない、先祖からの日本人の血をもつおまいらが存在するだけで十分意味がある。
  222.  
  223. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2007年11月23日 21:57
    技術の機関たる大学の工学部の機械や電気に女がいないせい
    文系と違って遊ぶこともできないしさらに打ち込むことになる。
    男子校の部活みたいなもんだ。
  224.  
  225. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2007年11月23日 22:00
    ※107
    >日本は無条件降伏をした。無条件降伏というのは軍対軍で行われるものだが、始めて国家に対して用いられたのがポツダム宣言だ。

    http://homepage2.nifty.com/khosokawa/opinion08i.htm


    それ以降の書き込みは概ね同意
  226.  
  227. 名前:    投稿日:2007年11月23日 22:25
    >>110
    お前みたいな奴がいまの日本の民度を象徴しているわけだが。
    2年連続世界に最も良い影響を与えている国に選ばれたwwwwww
    世界一の美食wwwwwww
    さすがアメリカのケツを舐める愛国者は言うことが違うわ。
    恥を知れよ。
  228.  
  229. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2007年11月23日 22:35
    ※112

    >ニートだろうとフリータだろうと、何もしてなくてなくない、先祖からの日本人の血をもつおまいらが存在するだけで十分意味がある。

    激しく同意。
    流れている血がいくらご立派でも、
    糞みたいな日本人はいくらでもいるってことの証明だしな。
    まぁ血縁主義なんて江戸時代には終わってるからあまり関係ないけどな。
  230.  
  231. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2007年11月23日 22:38
    美食が先進国の条件か…

    ピザ…
    ハンバーガー…
  232.  
  233. 名前:        投稿日:2007年11月23日 23:21
    米100が真理
  234.  
  235. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2007年11月23日 23:25
    先進国の条件には、文化の爛熟ってイメージがあるから、飯が美味くて、コンテンツの強い国が、先進国的なイメージ。
    そうすると、アメリカ、日本、ちょっと離れてフランス、イタリア、イギリスかな。
    やっぱりG7になるな。ドイツは、ちょっと軽さが足りない感じ。
  236.  
  237. 名前: 名無しさん  投稿日:2007年11月23日 23:38
    なんか変なのが紛れ込んで来たな
  238.  
  239. 名前: 名無しさん  投稿日:2007年11月24日 00:43
    とりあえず働いて社会に貢献しろ。話はそれからだ。
  240.  
  241. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2007年11月24日 01:18
    日本は資源がないっていわれてるけど
    最重要資源である水にはかなり恵まれてるんだけどねー
    あとは居住可能面積の割りにやたら高い人口密度と、それを支えるだけの農業技術があったりするってのもあるんじゃないかな
    あと食料自給率はコンビニの廃弁当に象徴されるように家庭や外食で廃棄される食品も含まれてるんじゃなかったっけ?算出方法の説明見ててもその辺が曖昧なんだよねー。教えてエロイ人。
  242.  
  243. 名前: VIPPERな名無しさん  投稿日:2007年11月24日 03:31
    日本が有色人種国家唯一の先進国なのは事実
    民族性なんだろなw
  244.  
  245. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2007年11月24日 06:28
    VIPらしからぬ良スレだ
  246.  
  247. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2007年11月24日 06:49
    多分に漏れず変な奴が沸くよなこういうコメ欄
    後重要な用語の定義を曖昧なまま自分定義で話す阿呆は腹筋な
  248.  
  249. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2007年11月24日 08:32
    モンゴル帝国に支配されなかったのは大きい。
    今のロシアが力が全てってなってるのは、
    当時モンゴル帝国に男は殺され、女は犯されって
    のが少なからずあるらしい
  250.  
  251. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2007年11月24日 09:35
    そうだな。
    アメリカの飯は死にたくなるほど美味いからな。
    あの食文化はちょっと成熟しすぎだろう。

    つーかこういうスレが立つ時点で、
    民族性の下劣が知れるな。
    日本語が国際語じゃなくて本当によかった。
    恥。
  252.  
  253. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2007年11月24日 09:42
    ※127
    >アメリカの飯は死にたくなるほど美味いからな。

    舌と頭がイカれたんですか、お大事に
  254.  
  255. 名前: カワサキ  投稿日:2007年11月24日 09:47
    日本人は生真面目で貧乏性だから。
    外国から見たら農民も殿様も生活レベルがほとんど一緒だから。
    食生活なんて粟か米かの違いくらいしかない。
    生真面目なのは皆様が言ってる通り。
  256.  
  257. 名前: 七誌  投稿日:2007年11月24日 09:58
    勤勉勤労を美徳として
    年功序列、終身雇用と高い組織力を形成していったから
    でも、それも過去の事ですよ
  258.  
  259. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2007年11月24日 10:38
    >>128
    キチガイは相手にしなくてもいいと思うが、ニューヨークでは、東京、京都、大阪と同じく、世界中の美味いものが食べれる。ちょっと日本人好みからは外れるが。

    あと、道端で買うホットドックやソフトクリームがリーズナブルで美味い。
  260.  
  261. 名前:  投稿日:2007年11月24日 12:34
    朝鮮から流れてきた→またチョソか・・・。

    日本人の遺伝子のベースは縄文系(アイヌが濃く持つ遺子、でついで沖縄住民、で本土人が受け継いでる、遺伝情報の系統樹で見れば分かるのに・・・(ちなみに半島人もこの系統樹に連なり日本本土人に並ぶ(だから縄文人が半島人のルーツというわけではない、この地域に先住していた民族が共通というだけのこと)また半島の民族的先住民族は日本人と同じ東亜倭人系→百済や半島南部、済州島人も(今いる半島人は高句麗騎馬民族系)ちなみに半島南部にあった前方後円墳は都合悪いので埋め戻されたwwwwwwwwwww(笑。
  262.  
  263. 名前: ↑補足  投稿日:2007年11月24日 12:45
    日本人の祖先はロシアバイカル周辺からオホーツクを南下し北海道から本州へ入って定着した(半島人もこの系統の遺伝情報を共有するので日本人や北方民族に似ている)、南は東南アジアにあったスンダランドから北上し定着した。

    おまけ:日本人(本土人)にもっとも似ている民族
    ロシアブリアート人、チベットやブータン、その周辺地域の一部の人々で漢人や韓人より遥かに日本人に似ている

    韓人に似ている(基本的韓国人顔)のはモンゴル人、歴史的に見てもこれはガチ(混血もしまくってるし・・・。)
  264.  
  265. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2007年11月24日 14:47
    なんか自分に自信がない奴多いな。
    もっと自信もてよ。
  266.  
  267. 名前: 名無しさん  投稿日:2007年11月24日 15:04
    ※127は典型的日本人なんだからそんなにいじめてやるなよw
  268.  
  269. 名前:    投稿日:2007年11月24日 16:57
    戦後の復興に関しては、朝鮮戦争よりもアメリカからの直接支援の方が重要だと思うんだが……
  270.  
  271. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2007年11月24日 17:24
    食い物だと思うなぁ。特に塩。
    雑穀+野菜の漬物、ときどき米、ときどき海・川魚の干物、
    ってのが日本の食生活。で、漬物も干物も塩蔵食品。
    たとえば、塩の生産・流通が中国に握られていた朝鮮半島には
    「春窮」という、収穫期直前の時期の餓死シーズンをさす言葉がある、毎年餓死していたということ。
    一方、日本にはそういった単語はなく、天保・天明の飢饉などの
    飢饉の記録があるが、これは飢饉というものが
    記録するほど珍しいものだったという証拠。
    まあ食料調達能力も先進国の力のひとつだから、原因か結果かは
    見分けがつかないんだけど…。
  272.  
  273. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2007年11月24日 19:12
    自分たちが何もできないと思っていたのが大きな要因なのかもしれない
    やっぱり歴史上の人物でも自分に自信がなかった人も多かったと思うし
    そこから生まれる向上心もすごいものがあったと思う
    やっぱり自分の殻のこもり方がうまかったんじゃないかなと。
  274.  
  275. 名前:    投稿日:2007年11月24日 19:33
    やっぱ戦後の位置が最高だったんだろ。

    アメリカを共産から守る前衛的な位置だし。
    重要度が高かったから適当な扱いにならなかった。
    二次大戦後はなんら障害なく、すくすく世界を二分していたアメリカの下で育ち。
    戦争特需にも見舞われ、作れば売れる右肩成長。
    最新技術もアメリカから流れ、それを独自で細工して売れば大当たり。

    冷戦の最重要拠点として見事に何事もなく発展
  276.  
  277. 名前:    投稿日:2007年11月24日 19:44
    逆に一億層玉砕とかの愛国馬鹿に付き合ってたら100%まだ発展途上国。
    東に北海道に攻めてきたロシア駐屯、沖縄からのアメリカ。
    朝鮮半島は共産化、戦争は日本を二つにわけての代理戦争の始まり。

    運を否定するが重要だろ
    冷戦が冷戦でおわらなかったら?
    前衛基地の日本は瞬く間に戦争だろ。
    朝鮮戦争みたいに日本は出なくていいよなんてこたぁない。
    むしろメイン地域。

    ようするに世界の情勢しだいでは国民性?そんなのカスに等しいだろ
    じゃーアメリカが世界TOPに立ってるのは国民性か?
  278.  
  279. 名前:    投稿日:2007年11月24日 21:33
    神を信じてもいいが頼ってはならないと明治の頃からとかれてる
    運だけで言ってたらこの地球上に生物が存在することじたいがすごい確率
    案外間違ってないが理論的ではない、とs52年生まれが言う
  280.  
  281. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2007年11月25日 00:14
    とりあえず、あまり話題になってないので。

    日本には産業革命に必須な石炭が豊富にあったから
    技術革新の波に乗れたことが大きな要因の一つじゃね??
    やはり産業革命は先進国になる要因として
    重要だと思うんだ。
    それとやっぱり日本人の新しいのもをどんどん
    取り入れ、自分の文化に同化させるっていう性質
    も関係してるんじゃない?
  282.  
  283. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2007年11月25日 00:27
    自虐的というか成功しても
    「どこかにミスがあるんじゃないか」
    とか「勝って兜の緒を締めよ」
    みたいな感じの考えがあったからじゃないか?
  284.  
  285. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2007年11月25日 00:32
    戦後に関しては朝鮮特需が大きいだろうな。
    空爆で失われた技術力、生産力がアレで一気に回復した。
  286.  
  287. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2007年11月25日 00:43
    ちなみに日本領海内にかなり巨大な油田はあると言われてるぞ。
    イラク油田に匹敵するといわれもするその油田は尖閣諸島あたりにある。

    鉱物に関しては種類も豊富だし、埋蔵量も多いとのことだ。
    場所が大陸棚で金掛かりすぎるから掘らないけどね。
  288.  
  289. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2007年11月25日 02:30
    運はあると思う。塞翁が馬という意味で。まあ、運がよければ、日本はもっとよい国になっていた可能性もあるが。

    戦後はニートがいなかったから発展したのでは(笑)
  290.  
  291. 名前:    投稿日:2007年11月25日 03:23
    油田とかは太平洋側に欲しい。中韓にちょっかい出されずに済むから。
  292.  
  293. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2007年11月25日 14:19
    プラザ合意までは明らかに日本のターンだったから。
  294.  
  295. 名前:    投稿日:2007年11月26日 07:42
    全てが運だと言ってるやつは、本田宗一郎はプライドのある日本人だったから
    あれほどの人物になれたことを分かってない。
    逆に日本人だから彼のような偉大な人物になれるってわけでもないが
  296.  
  297. 名前:     投稿日:2007年11月26日 07:56
    日本でなぜカルヴァン派プロテスタントが流行らないのかが分からない
  298.  
  299. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2007年11月26日 22:16
    >>米13

    >無理といわれてもそれにむかって
    >最善の道を探して最善の努力をつくして
    >最高の結果をだすことを怠らなかったのが
    >いいところだと思う

    この言葉はマジで心に響いたわ・・・。
    無理だと解っていても努力でなんとかしてきた先人達がいたから、
    今日の日本があるんだろうな。
    俺もちょっと頑張るわ
  300.  
  301. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2007年11月27日 00:34
    21世紀後半には、経済大国日本と言われる事はもう無くなっているんじゃないかな。
    そもそも、日本が、経済大国などと言われるようになって、まだ20年前後なんじゃないの?
    ただ、生きる為だけに死ぬもの狂いで働かねばならなかった、戦後からの復興や反米意識などの根源的エネルギーがあってこその話じゃないかな。
  302.  
  303. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2007年11月27日 19:26
    決まりをつくれば違反することなく従ってきた馬鹿正直さが日本の力。

    池沼を江戸幕府将軍にした昔の人は本当偉いとオモ。
  304.  
  305. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2007年11月27日 21:16
    日本人の面汚しですまん
    こんな立派な国に生まれたのに俺という奴は・・・・
  306.  
  307. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2007年11月27日 23:35
    まぁ、もう少ししたら日本も落ちるべくして落ちるんでしょう。
    なんせ馬鹿な老人と、その老人を背中に乗っけて絶望する若者の二極化が始まるだろうし。
    昔の人が言うほど働く意味も見出せない。
    情熱も何もなくなった日本なんて死んだも同然でしょ。
  308.  
  309. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2007年11月27日 23:59
    外圧に頼らないと変われない日本が先進国?
  310.  
  311. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2007年11月28日 03:14
    よくバカにされるけどアニメ、ゲーム、漫画等の娯楽だってバカに出来ないぞ。
    海外でのアニメ・漫画のシェアは日本がトップだし、ゲームに関しても、なんでアメリカであれだけPCゲームが発展したかって言うと日本のコンシューマ機が独占してたからだし。
    韓国やフランスが国レベルで必死に日本のアニメーターやクリエイター引き抜こうとしたり技術協力頼んでるのも、それが国益に直で繋がるくらいでかい利益生むってわかってるから。
    日本は一番儲けてるくせに一番それが分かってなかったから、今慌てて政府がアニメの広報したり製作会社に1億とか援助金出してる(もちろん税金から)。
    よく「技術者が減ってる」とか言うけど、新しい分野での技術者はキチンと出てきてるってことだよ。
    車とかにしてもそうだけど、その時代に一番合った技術者を常に擁しているってのも日本が発展してこれた大きな理由の一つかもね。


    まあ一つ言えることはそこら辺で「キモい」とか言ってチャラチャラしてる兄ちゃんや、飲み屋で愚痴言ってるだけのサラリーマンより、彼らにバカにされてる日陰者職業のアニメーターや漫画家の方がよっぽど国益に貢献してるってこと。
    彼らの評価を下げてるのがNEET、キモオタ、厨房連中ってのもアレな話だが。
  312.  
  313. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2007年11月28日 13:34
    昔の日本人は良い手をしとった。
    働きもんの良い手をしとった。
    文句一ついわず寒い朝から夜おそまで働いちょった。
    無口で一生懸命働いたじっさまばっさまから
    とっちゃとかっちゃが生まれて何のしんばいも無く
    社会に飛び込めたんだぁ。
    そしで子供を可愛がって育てる事ができたんじゃて。
    わしにまがせぇってなんでもとっちゃとかっちゃの
    問題をたすげてくれだがらぁの。
    所が
    最近はじっちゃもばっちゃも亡くなってしもうて
    とっちゃもかっちゃもどうしだらいいんかわがらんなぐ
    なっだみでぇだ。
    なんせずっと会社と家にいたんじゃからのぉ。
    そしてあれだけ可愛がられて生まれだこどもったじも
    もう大人に背ぇむけで別っこの方向へいっちまった。
    じさまばさまがいねえどいけねえな。
  314.  
  315. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2007年11月29日 05:35
    日本人は単純に取り入れることを履き違えだしただけだと思うわ。

    自己を謙遜し、相手を上に見ることで、様々なものの良さを認めやすくなる心理的な土壌があった。
    だから取り入れるという事に関して得意であったんだと思う。

    それが戦争に負けた頃から、完全に追っかけなければ、という感情に変わって、いつしかただの欧米の真似をすることだけに終着してしまった。
    自分達の尊厳を持った上での、『謙遜』の態度がなくなってしまって、猿真似のみが多くなってしまった今の日本は沈没寸前、と思う。
  316.  
  317. 名前: VIP愛戦士  投稿日:2007年11月29日 09:05
    俺がいるからなんだぜ


    日本に住んでないけど
  318.  
  319. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2007年11月29日 21:47
    VIPらしからぬ真面目なスレだな。
    VIPPERはみんなやれば出来る子。
  320.  
  321. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2007年12月01日 02:35
    まずは日本の周りが海で防衛に向いていたこと。
    天皇家の存在。実権のない時代もあったが天皇家を敵に回した者はほとんどなく豪族や大名がまとまり易い。
    教育水準が高い。江戸時代からみても世界の水準からすれば十分高い。明治以降は言わずもがな。
    資源が少ないこと。資源の無駄遣いができないから小型化や効率化に熱心だった。
    民族的気質かどうかわからんけど、割と従順な国民性。
    タブーが少ないこと。
    暑過ぎず寒過ぎず暮らしやすい国土。

    こんなもんかな?よく働くってのは戦後からって気がする。
  322.  
  323. 名前: 名無しさん  投稿日:2007年12月01日 21:57
    読んでて楽しかったw
    本文もコメ欄いろんな観点から見てる人がいて、多角的に見てるし、時々否定派もいるから自分で考えることも出来たしよかったw
    WW2の後ゲリラ起きなかったのは天皇の存在が大きかったんだよな。降伏しても象徴として残ったし
  324.  
  325. 名前:    投稿日:2007年12月02日 18:11
    でも俺含めお前らは何もしてないけどな
  326.  
  327. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2007年12月02日 19:46
    本当はこのスレの前に「そもそも先進国認識されているかどうか」というのを慎重に考える必要があって、その中で「アメリカの植民地である」という強烈なマイナス認識と差し引きしなきゃいけなくなるんだけど、結果的に先進国だからそれでもいいや。

    にしても、現代日本人が世界常識である
    「日本はアメリカの植民地」
    という認識をほとんどの人が持っていないっていう時点で、
    カナーリ抜けてるところもあるよね。「GHQとはなにか」とか、「学校給食協会とは何か」「パン食はどうやって日本に浸透したか」「大使館ホームページにも載っている通商要求が100%達成されるのになんねんかかっているのか」とか、まぁこっちの証拠は山ほどある。

    話は変わって、平安時代から戦国時代までの年平均人口増加率は確か3%ぐらいあって、古代としては異常なので、おそらく人口比としては渡来系がかなり多数を占めているだろうと。

    んで、「海を渡ってでも今ある生活を変えたい」と思った人たちの現存する集団っていうのは、たぶん、サクソンとか、華僑とかしかないんじゃない?

    それらが現代社会でそれなりの地位を占めているのを見ると、そういう人たちの遺伝子が多く入った民族ということになるんだとおもう。
  328.  
  329. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2007年12月02日 19:56
    先進国じゃなくても認識されるべき国と見なされている理由は
    「日露戦争勝利など、いっぱいの有色人種で初めてやれたこと(日露戦争を含めて。最近では荒川静香とか、小沢征爾とか。技術ではプロジェクトXで出て来てるようなこと)」
    「天皇(元首の中でも教皇と同格の最高位)」

    「オリジナリティー溢れる文化と同時に持っている西洋文明の咀嚼翻訳力」
    「大学教育までを母国語のみで行える(結果的にはマイナスのことも多いが)」
    「日本人女性は30年間不動のモテ世界一(今でも)」

    裏を返せば、アジア地区の中国、韓国、タイ、ベトナムが西欧文明を咀嚼吸収しているという現状では、どうしても相対的興味が下がらざるを得ない。

    家電とかは、韓国製のほうがより広く認識されてるしね。高かろう良かろうというのは元々の日本芸だからしょうがないけどね。
  330.  
  331. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2007年12月02日 19:58
    訂正
    >西欧文明を咀嚼吸収しているという現状

    西欧文明を咀嚼吸収しつつあるという現状
  332.  
  333. 名前: にく  投稿日:2007年12月02日 22:59
    俺らの祖先の頑張りが前提としてあるけど
    他国との違いをあげるのなら、
    江戸時代以降国土が戦争や侵略に蹂躙される事が
    比較的少なかったから、だと思う。
    第2次大戦では空爆で被害受けたけどあくまでも一時的。
    今の発展途上国は植民地にされて搾り取られたり
    その後内戦を繰り返したり断続的な被害があるからね。
    もし日本が敗戦後自主経済を失ったり
    アメリカ支配とソ連支配に分かれて内戦してたら、
    今の生活はない。
  334.  
  335. 名前: VIP愛戦士  投稿日:2007年12月03日 19:15
    武士道の存在

    レベルの高い教育

    日本語が他の言語と違って複雑

    などなど
  336.  
  337. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2007年12月04日 00:36
    運じゃね?

    でもあと50年後には間違いなく中国かどっかの属国になってると思うけど
  338.  
  339. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2007年12月04日 10:53
    仕事さぼった…
    日本、ごめん
  340.  
  341. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2007年12月04日 17:57
    今もアメリカの属国だけどな
  342.  
  343. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2007年12月05日 02:05
    日本オワタwなんて言ってるけど実際壊してるの俺らなんだよな。
    俺も日本、ごめん。頑張るわ。
  344.  
  345. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2007年12月05日 10:14
    地勢学に戦後の国際情勢を絡めるヤツいるけど、日本の地勢は、幕末も日清、日露戦争の頃も変わらない訳で、なんとかしてしまう日本の前では、余り重要ファクターではないと思う。

    あと、※165の渡来系うんぬんは訳分からん。
    日本人の遺伝子は朝鮮、中国系より、ロシア平原の先住民との繋がりが濃い訳で。
    戦国時代までの人口増加は、平和で豊かだったからで、渡来系との繋がりが分からん。
    まあ、遺伝子としては、冒険者型だったって意味ではその通りだが、渡来系って言葉は朝鮮半島からの流入者を指すから、言葉の使い方に気を付けてね。

  346.  
  347. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2007年12月05日 11:28
    アメリカの属国だろうと、国民が虐殺されまくりの中国とか日本を罵倒する事でしか平静を保てない韓国より全然いいわ。日本にうまれてよかった。
  348.  
  349. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2007年12月05日 21:35
    善とか理とか益に適ってるとか考えないで純粋に物事に興味を持ち、その「好奇心のままに」追求できる姿勢が、深まった独自の感性+良いとこ取り、によるユニークな対応・創作を生んだ。
    ただ、周囲の環境とよろしくやっていこうという気質から、周りと無関係に強引に新しいものをブチ上げる無神経さと裏腹な能力には欠ける。

    …だと思うが、あんま真に受けるとそれもちょっと危ないかな思うので、「まあ運も良かった」としておく用心深さ、煮え切らなさ。 なんせ地震国だから。
  350.  
  351. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2007年12月05日 23:47
    日本はそうとう悪い流れにでもならない限り
    中国の属国にはならんだろww

    アメリカは10~ 年くらい力もちそうだし
    30年前より右寄りの考えがでてきて
    ようやく平和を自分の手でつかもうと考える人も
    でてきたし
    アメリカの植民地って理解する人もでてきた

    ・・・・まぁ今の子供が大人になって子供をやしなってるときどうなるかわ知らんけど
  352.  
  353. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2007年12月06日 00:25
    短絡的にJリーグに例えて考えてみたら、
    日本の今の人口構成とか考えると、今後しばらくの間、トップたろうムキになり過ぎるより、
    まずは絶対に「J2落ち」しないよう堅実に力を蓄える事を考えたほうが良いと思うのです。
    ヴェルディ黄金時代からの転落の二の舞だけは避けたいものです。ホントこんなハズじゃないとか言ってあれよあれよと名門チームが…。
  354.  
  355. 名前: 名無しさん  投稿日:2007年12月07日 01:50
    日本は資源が豊富だと思うんだが・・
    今の大量消費の時代では不可能だが、昔は木材が豊富で木造建築が発達し(ヨーロッパなんて木材ないから石造り)
    金なんて世界でも指折りの産出国(掘り過ぎて無くなった・・)
    技術を輸入して造った鉄砲は世界一の量(造り過ぎ!)
    とこんな技術の下積みがあるからじゃないかな~
  356.  
  357. 名前: まるぼーろ  投稿日:2007年12月07日 02:40
    天皇制は大きいと思う。どの時代でも天皇は権威であってその時代のトップも天皇は無視できない。
     大きな変革があっても天皇がいたから日本の歴史として継続性が持てた。もしいなかったら独裁者が出たろうし変革時には国家がなくなってたかもしれんと思う。
     物を作るにも10個のうち1個ロスが出るならば11個作るじゃなくて10個の精度を高めてロスを出さないよに工夫する気質も大きいと思う。
  358.  
  359. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2007年12月07日 03:10
    過労死は外国でも通用する日本語なんだぜ?
    仕事しすぎて死ぬのは日本人ぐらいだそうです。
    日本が先進国なのは死ぬほど働いた人のおかげ。たぶん。
  360.  
  361. 名前: やきん  投稿日:2007年12月07日 04:03
     好奇心とか探究心って言葉につきると思うな。
    その衝動が誰かに勝ちたいとか、そうゆう所からきてるんじゃなく、純粋にモノをよくしたいとか、自分を高めたいってことからきてるってことかな?
     あとは才能の無駄使いが昔から好きだったように感じる。今も、昔も職人には頭が上がらない。

    あんま関係ないけど国民性なんかを比べるときに、食器とか家具なんかに注目するとおもしろいと思うよ。
  362.  
  363. 名前: はぁる  投稿日:2007年12月07日 07:35
    >1

    政治については、既に自分で、国政は優れていない
    という内容を書いてないかい?
  364.  
  365. 名前: 伊藤へろふみ  投稿日:2007年12月07日 08:17
    地の利が1番大きいと思う。次が、民族間紛争。
    遺伝子的な事をテレビで言っていたのだが、中国西部山岳部から朝鮮半島。そして、日本へたどり着いたらしい。
    そして、主に朝鮮半島から少数だが流入していて、文化の促進に寄与していた。
    そして、鎖国時代に独自の文化へと推移していったと考えられる。他のアジア諸国と違うのはここから・・・。
    黒船に自国の文化(武器)が低い事を思い知らされ、『どげんかせんといかん』と多くの日本人が考えた訳だ。
    だが、寺子屋などで平均して民度は高かった事が幸いし、文明を取り込む速度が他国より速かったのだと思う。
    現在でも言える事だが、中国などの民間格差は金銭だけでなく、教育にも格差があると感じている。
    この事は、民族間紛争と大きく係わっているであろう・・。
    国政は、極端な政策に傾かないのが結果、安定した国家といえるのでは・・。

  366.  
  367. 名前: RとS  投稿日:2007年12月07日 08:19
    >>182
    韓国の箸とか鉄で出来てて使いづらいもんな。
  368.  
  369. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2007年12月07日 11:13
    みんな語ってるが

    大学のレポートとかの材料集めに開かれただけの掲示板じゃないのか?

    自分で調べるより、他人の意見を聞けるからなあ
  370.  
  371. 名前: MB8876  投稿日:2007年12月07日 13:13
    誰一人豊富な真水の存在を指摘してないのは何故だ?
    世界の民族紛争の大半は水争いだというのに、
    日本語には「湯水のように」なんて表現もあるほど水が豊富。
    何にも勝る資源だと思うんだが・・・
  372.  
  373. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2007年12月07日 13:52
    だから、愛だよ
  374.  
  375. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2007年12月07日 15:52
    水が豊富ってそれ台風という災害と引き換えの恩恵なのでは。
  376.  
  377. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2007年12月07日 16:14
    >>186
    別にいいんじゃない?不特定多数の人の意見を聞いて適当にくっつけて書いただけのレポートなんて箸にも棒にもかからん程度のものだよ。楽して作るものはその程度のものにしかならない。
  378.  
  379. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2007年12月07日 16:27
    1が物を知らないだけ。
    資源→かつてはそれなりにあった(金、銀、銅が結構取れた)石油が主流になったのなんて高々ここ1世紀。
    自然→水が豊富で気候もよく、国土の大半で農業が可能な恵まれた地域
    身体的に→スポーツ大会やるんじゃないから関係ないだろ。スポーツ見ても、100mで非黒人選手での最高記録の一人が日本人の伊東だったりと、そんなに悲観するほどじゃない。
    政治→安定してる。日本を含む「有数の先進国」とやら以外の国で、日本より確実に良い政治の国なんてあるの?

    さらにいえば
    人口が多いことが近代化において国力の源泉となったし、国土も別に狭くない。面積の順位で中程度ぐらい。特に先進国で日本より広い国はそれほど多いわけじゃない。アメリカ、中国、ロシアと回りにやたらでかい国があったり、開国時期にヨーロッパ諸国が植民地をたくさん持っていたのでいまだに狭いと思い込んでるだけ。
  380.  
  381. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2007年12月07日 17:27
    近代化の際に中国や韓国の時みたいに
    近代化を妨害する馬鹿がいなかったのも大きいな。
  382.  
  383. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2007年12月07日 17:29
    単語で挙げれば、地理条件・教育の普及度、早くに発達した社会構造とそれに対する意識、割と旺盛な好奇心、かな。
    1500年以上、天皇を頂点とした国体が維持できていることも一つの理由になるか?
    国体が変わらなければ、大陸のように過去の遺産を破壊してしまうようなことも少ないから、知識や技術がずっと受け継がれて、高められていくわけで。
  384.  
  385. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2007年12月07日 17:48
    水輸入大国だけどな
  386.  
  387. 名前:  投稿日:2007年12月07日 18:45
    日本人だから日本を美化して考えたいのは理解できるけど、
    世界第2位の経済大国になったのは、単純に米国のおかげ
    戦後に多額のODAをもらって、同盟を組んで、技術をぱくらせてもらい、製品を輸入してもらえた。
    超経済大国のおこぼれを一番もらった国が日本ってだけ。
    もちろん、民族的な従順さや勤勉さがなければ、ここまでにはならなかっただろうけど。

    それに、世界第2位だと思っているのは日本人だけで、実際には10位以下の実力や豊かさしかないのが現実。
  388.  
  389. 名前:     投稿日:2007年12月08日 01:53
    うーんスレを見ていくと日本人は自虐的だなーと思うわ。愛国心について話があったけど日本は愛国心あると思うよ。まあ愛国心てのは自分の国に何ができるか、どう貢献できるかであって口に出す必要ないし、どこかの国みたいに自分の国は優秀だ、おまえの国はダメーみたいなこと言うのは恥だと思うのが日本的だしね。後、意外に日本人てかなり好戦的だそうだ。まあ昔欧米などと戦いまくってるからね。
  390.  
  391. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2007年12月08日 07:01
    自虐的っていうか、日本は小さいのに~、資源も無いのに~とかいうのは、日本人偉いみたいなのの裏返し。すぐに根拠の無い日本独自論とか、日本人優秀論につながる。日本は地理的に恵まれているし、色々ラッキーなこともあった。で、それを生かしてここまで来たんだから、これからも今のアドバンテージを生かしていかなくちゃ。資源がないからどうしようじゃなくて、資源が無いことを生かさないと。

    >>世界第2位だと思っているのは日本人だけで、実際には10位以下の実力や豊かさしかないのが現実。

    何言ってんの?世界第二位なのは、経済の話。豊かさとか実力なんて主観的なものは比較が出来ないし、たとえ10位以下であっても、10位台ぐらいだったら十分豊か。
    おこぼれって何?少なくとも戦後は技術は買って導入したり、必死に売り込んで買ってもらってるよ?
    自分が誤解してるから他人も誤解してると思うのは大間違い。
  392.  
  393. 名前:     投稿日:2007年12月09日 05:17
    戦争に負けたからだろう

    経済だの技術だのでは先進国かもしれんが、
    人の中身はどうだろうねぇ?
    まぁ、隣りに比べりゃいくらかマシだが
  394.  
  395. 名前: asbg  投稿日:2007年12月09日 11:41
    ウヨクやサヨクが厄介なのって自分が偏ってるってことに気付いてないからだよな。
    自分の国が好きだからといってそれを「日本人の勤勉さが…」とか自ら言い出したら気持ち悪いだけだぞ。「勤勉だったから」発展したんじゃなくて「勤勉に努めたから」発展したんだろ?
    まるで日本人という人種そのものが勤勉で優秀だみたいな言い方はやめてくれ。
    国を良くするのは民族性ではなくシステムだよ。
    日本人のIQがいくら高くても使い方を間違えれば意味無いだろ?
    現状に満足せず常に悪いところを改良していかなければすぐに駄目な国になっちゃうよ。そのことを意識してたから日本は先進国になれたんじゃないかな?これからもそうしよう。
  396.  
  397. 名前:      投稿日:2007年12月09日 14:03
    日本人が自虐的なのはどんなに完璧だと自分で思い上がったとしても一瞬にしてすべて壊される災害の多さからきてるんじゃないかな?
    そんなときすぐに対応できる対策、協力を得るための日ごろの協調性、情報収集の必要性(正直が好まれるのはここらへん?)

    自虐的だからこそ、ある程度モノが完成しても、まだ完璧ではないと突き詰める原動力になる。人間国宝級になっても「私はまだまだです」みたいにいうのは、謙遜もあるし、それが美徳だと思ってるのもあるが、本当にまだ上が存在すると思ってるんだよ。完璧と思ったらそれ以上上は目指せないし、自分が完璧だと思ってる人が今絶対出来ないと確信してる事をどうにかできるとは考えない。


    それと自分らが底辺だ日本に貢献してないと言う連中がこんな内容の討論を出来てしまえる日本人ww
    たぶん、他の国の底辺はこんな議論に参加する気は一生おこさない。

    昔から農民レベルで、議論、興味を持ち追求する、それを記録に残そうという国民性があったようだし。(外国人がまず驚いた事のトップがこれみたいだし)
    それが金になんかならなくてもやりたくてやっちゃうんだよ。
    ただのノリでww

    今のネットの才能の無駄使いの自称底辺の凄さにある意味日本の原点を見る。

    まぁ今の日本がバランスを崩してる事は否めないな。
    日本人はお調子にのっちゃうと駄目になるのでバブル時代が一番日本人の精神を駄目にしたんじゃないかと思ってる。
  398.  
  399. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2007年12月11日 21:57
    日本が先進国になったのは他国の技術や学問を吸収し
    自国の原動力として使用した人間がいたからだ。
    ヨーロッパと中国で学問や哲学が生まれそういった国は
    自国だけでなんとか技術や学問を発展させる事ができる。
    しかし
    日本は元々哲学や概念と言った観念を神仏として捉えていた為に
    そこから学問を生み出し体系化していく作業を経験してこなかった。
    だから日本だけでは発展はできないはずなのだが
    海洋国家であり大陸続き出なかった事がヨーロッパや中国の技術
    を多くの陸続きの国が持ってしまう「妬み」を持って見ずにすんだ。
    自分を確立しながらそれらを導入する事ができた。
    それが爆発的な発展をとげた理由。
    つまり
    どの国の技術も「ドコドコの技術」と見ずに純粋に「技術、学問」
    として捉えそれらを吸収できた事にある。
  400.  
  401. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2007年12月14日 16:01
    ネガティブって事は、悪いことが起こると自分の方に何か原因があるんじゃないか、って考える気質なんじゃね?
    で、それを改善するためにはどうすればいいかを模索、技術の向上に繋がる、とかさ。
  402.  
  403. 名前:    投稿日:2007年12月15日 17:01
    正論も多く言われてるけど、大きな理由の一つはやっぱり地理的要因。
    島国のため他民族の侵略がほとんど無かった事、だけど近くに中国という超大国があったこと。
    昔から日本は中国が開発または輸入したものをたくさん吸収してる。それも取捨選択で。

    中国なんて・・・と思う奴もいるかもしれんが、19世紀初頭には世界全体のGDPの
    約30%を占め、なんと日本の10倍、アメリカの16倍。恐ろしや中国。現状はアチャーだけど。

    西洋に多くの留学生を送り込んだのも成功のカギの一つかも。
  404.  
  405. 名前:    投稿日:2007年12月18日 01:04
    確かに中国がそばにいたのは大きいだろうね
  406.  
  407. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2007年12月18日 01:09
    国民の学の高さも一因かな。当時の日本の識字率は異常な程高い。
    日本人が賢くて伸びやすい下地があったことも挙げられるんではなかろうか。
  408.  
  409. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2007年12月18日 14:59
    日本人のいいところは人に「嫌われたくない」っておもえるところだとおもう。
    「嫌われたくない」から周りとうまくやっていこうと思うし、悪いことがあったら自分に原因があるんじゃないか?ってみなおせる。

    そんな優しい民族なんじゃないかな~?
    うちは日本大好きですw
  410.  
  411. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2007年12月27日 11:37
    東経135度だからじゃない
  412.  
  413. 名前: VIPPERな名無しさん  投稿日:2007年12月30日 19:26
    日本人の戦い方に、諸外国が正直びびってたってのはあると思う。

    ってのも、仕事で付き合った米人と一緒に飲んでたときに聞いた話なんだけどね。やっぱり、ハラキリ・カミカゼってのが向こうにとって理解できないらしい。
    映画とかで「クレイジー!」っていうシーンが色々あるんだけど、
    そのときの日本人に対する「クレイジー」は、心の底からの言葉だったらしい。ってすげぇ語ってた。

    すごいミクロなサンプルだけどね。
  414.  
  415. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2008年01月02日 02:25
    その水も、アメリカの占領政策で汚されつつある現実。

    あと、政治的に結構大きいのは民族主義が右翼に属させられている政治的異常(世界的に見ると、民族主義は対大資本、対宗主国、対支配の象徴だから左)。その右がアメリカべったりで実態としての民族主義が存在しない異常。

    本当は国歌こそが植民地状態脱却運動の象徴のはずなのに、辺野古であれだけのことが起こってても、変な事情から国歌を歌えない変な国。

    それだけの国歌を持ってないともいえるか。

    ま、歌えるのが良いと言っているわけではないし、歌いたいと言っているわけでもない。ねじれているのが悲しいと言っているだけ。
  416.  
  417. 名前: 匿名希望男性  投稿日:2008年01月03日 08:40
    正直誰が日本を先進国に導いているのか分からない。やはりある特定の血液型の人がいなければ、先進国にはならないのだろうか。
  418.  
  419. 名前: 燧灘  投稿日:2008年01月10日 00:09
    良識を持った人が多い国ってのは、コメントから伺えますね。
    ネガティブな意見を適当に受け流せる楽天さが原動力なのかな。
  420.  
  421. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2008年01月12日 17:47
    ①衣食足りて礼節を知る
    ②島国
    ③破壊と創造の繰り返し
    ④特殊な宗教環境
    ⑤世界最長の平和期の存在
    ⑥早い時点での封建精度の確立
    ⑦四季

  422.  
  423. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2008年01月12日 18:04
    ①について
    日本は石油こそなけれど、世界有数の資源大国。
    特に豊富で綺麗な水、海産物、森林の発達速度、どれをとっても
    ここまで恵まれた国は少ない。
    ②について
    国防における最大最強の城壁。また文化伝達速度が遅い分、
    自分たちで独創的な文化を持ちうる猶予が与えられた。
    デメリットとして歴史上異文化との折衝の経験が少ない分、外交オンチ。
    ③について
    自然災害が他国と比べて圧倒的に多い。地震、台風、川の氾濫。
    その都度建築物は改良され、農作物の品種改良が進み、技術を磨く
    機会が多かった。
    ④について
    宗教で統治する文化は平安時代までと早い段階で終わり、
    軍事的、よく言えば現実的な国家統制が古くから行われてきたため
    宗教的拘束が緩く、発想の幅が制限されることがない自由があった。

  424.  
  425. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2008年01月12日 18:14
    ⑤について
    江戸時代は紀元後、世界最長の平和な時代であった。
    平和的に国を発展させる技術は世界一である。
    ⑥について
    アメリカを除く先進国は、労働社会の基礎である封建制度を
    歴史の古い段階で経験した国『のみ』で構成されている。
    ⑦について
    季節ごとに表情を変える景色は最高。ん?ただ言ってみたかっただけw
  426.  
  427. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2008年01月12日 18:25
    で、結局俺らはこれからどうするん
  428.  
  429. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2008年01月13日 15:30
    ぶっちゃけていえば個人が国を意識する必要はない。
    自分の最大の努力で自分のしたいことをすればいい。
    よくも悪くもその行動の結果が、自然と形となって国を形成していくよ。
    願わくば家族や自然、勉学、文芸を愛し、人生を楽しめる人が増えて欲しいもんだ。
  430.  
  431. 名前:   投稿日:2008年01月14日 00:11
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
  432.  
  433. 名前: 名無し@こっぺぱん  投稿日:2008年01月15日 21:22
    今の子供は勤勉とはいえないから、
    これからどんどん衰退していくんだろうな
  434.  
  435. 名前: 名無しさん  投稿日:2008年01月15日 22:30
    一時は先進国だったよな。日本は好きだけど、もう「世界有数の先進国」ではないだろ。落ちかけの先進国だ。ニート多いし。

    ここでウヨ丸出しの奴らの中にも、国に貢献できてないニート、結構いるんだろうな。

    今は北欧とかがいろんな意味で世界有数の先進国じゃね?
  436.  
  437. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2008年01月16日 01:51
    昭和初期までは実力
    二次大戦後は完全に冷戦のお陰
    まあそれは日本に限らずドイツ、イタリア何かも同様だけど。
  438.  
  439. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2008年01月16日 02:14
    日本人の気質が「勤勉」だったから、とか言ってる奴はあほなのか?
    勤勉であれというような教育が始まったのは明治以降だし、江戸時代は雨が降ってるとか暑いとかで仕事休む奴がいた。
    というかそもそも江戸時代の町民はほぼフリーター。
    金がなくなったら働く、というスタンスだぞ。
    ついでに、二次大戦以降の発展は朝鮮・ベトナム戦争特需が要因であって、他人の不幸で発展したんだから誇るようなものではないよね。
  440.  
  441. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2008年01月16日 11:42
    >>221
    でもそれは、他の国もほぼ同じ条件だったの訳だから
    日本でけ恩恵を受けれたならそれで通るだろうけど。

    やっぱり、戦後20年くらいは【生き残ってしまった】だから
    死んだ人の為に必死に頑張らないといけない

    戦後40くらいからは、国の為じゃなく自分の為に頑張ってもいいんだ!
    というカタルシスに似た高揚感で頑張れた

    そういう【働く為の動機】が、他の国より高く長く持続したってのが違いなんじゃないかな?
  442.  
  443. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2008年01月17日 13:59
    >>221
    江戸時代の日本人は大半が農民だ。
    厳しい季節変化→農作業のスケジュールのきつさが、農作業における整然とした集団行動を生んだと思うよ。
    秋には台風が来るからそれまでに収穫しないといけない。
    そこはうごかせないから、作付け季節を逆算して農作業を開始する。
    人手こそが最大の資源だから、働かない奴は邪魔、ノロマは役に立たない。勤勉さは必要にせまられたからだよ。
  444.  
  445. 名前:         投稿日:2008年01月17日 19:28
    米206が国民性。だから他国に利用されやすい。支配されやすいのかもね。ただ、キレたら怖いが・・。
  446.  
  447. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2008年01月19日 16:03
    ここで言ってる先進国の定義がわからん。
    サミット参加国が先進国という認識でおk?
  448.  
  449. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2008年01月21日 14:57
    >30
    >86
    和算が庶民の娯楽の一つになってたからな。
    神社に自作の和算問題を絵馬でつるして「だれか解ける?」ってやって、誰かが「とけたぞ!どーだ」って延々やるのが流行ってたらしい。
    外国人が、その辺の町民の小娘が算学解いてる!ってびびったらしい。

    ともかく、そーやって変なところで競い合ったり、大工がすごい細工物みて「俺はもっとすごいの作ってやる!」って燃えたり、「こんなのつくってみた」ってさらっとすごいもの見せたり見せられたり、ってのが日本人の気質にはあって、それが日本の技術発展や社会の繁栄に結びついていたのではないかと愚考。
    負けず嫌いや見栄、粋の文化というか。

    そして今は2chやニコ動で、おまいらが同じようなコトやっとる。
  450.  
  451. 名前: VIPPERな名無しさん  投稿日:2008年01月21日 21:36
    >>98
    時々でいいからイタリアのことも思い出して下さい

    とりあえず俺は勉強がんばるよ。二流大の底辺文系だけどなw
  452.  
  453. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2008年01月24日 19:30
    http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jog/jogix2.htm
    ココの記事を一通り、特に江戸関連の記事を読むと、いろいろ見えてくる。
    読み物として面白いので、暇つぶしでも良いから読んどくといろいろ役に立つぞ。
  454.  
  455. 名前:     投稿日:2008年01月25日 10:04
    版籍奉還の時にマジでダチョウ倶楽部のネタみたいなことが起こってたんだぜ?

    長州「版籍天皇に返します」
    薩摩「じゃあ俺も」
    その他「あ、じゃあ僕も・・・」
    薩長「どうぞどうぞ」

    これが地方分権の江戸時代から中央集権の明治時代に早く移行できた一要因。やっぱ日本人の国民性だね。
  456.  
  457. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2008年01月25日 11:44
    ダチョウ倶楽部のネタは日本人の国民性を上手く捉えてるよな
    キレ芸とかも日本人ぽいと思う

    国民性と言えば日本人は回りの人に無言のプレッシャーをかけたり
    かけられたりするのが上手いと思う
    空気読めとか
  458.  
  459. 名前: VIPPERな名無しさん  投稿日:2008年01月25日 13:47
     現状、日本に何も寄与していないと思っている人たちは、メディアリテラシーを高めて簡単に扇動されないようになればいい。
     今より事態を悪化させない、ということも大事ではないだろうか?
     まあ犯罪起こさず税金納めるのが最低ラインかw
  460.  
  461. 名前: 名無しさん  投稿日:2008年01月25日 22:49
    ※226
    逆にその算学が足引っ張って日本では抽象数学あんま伸びなかったけどね。
    なんなんだろうなあ、詩吟だの絵だのの世界じゃ、雰囲気だの表現するの上手いのに。
    論理的思考になるとさっぱりだってのは何が原因にあるんだろうな。
    とりあえず目の前にあるものに懸命になるが、逆を返せば先を思考するのは下手なんだよな。
    その愚直さがうまく出たのが原因なのかなんなのか。
  462.  
  463. 名前:    投稿日:2008年01月27日 09:45
    >いやガチな話、運だって。
    たまたまじゃなくて必然。
    日本国民の知的水準が高かったのでそういう層が厚かっただけ。
    偉人の誕生する確立が1万人に一人の偉人だとしても、その層が100万あれば偉人は100人誕生する。
    だから幕末と維新であれだけトップ陣が殺されまくったのに人材が雲霞の如く存在していたので問題なかった。

    当時の財界も、潰れては生まれ潰れては生まれの繰り返し、潰されても潰されても次々に新たな芽が出てきた。この日本の商人層の厚さが日本経済植民地化の危機から脱した要因。

    ただし、日進日露当たりまではそれでも綱渡りだったのは確かで、運が良かったことも事実。
    特に幕末徳川幕府が適度な失政してくれたことが最大のラッキーだったと思う。あとは努力と根性でなんとかなったかもしれないけど、それだけはどうにもならんかったと思う。
    それくらい幕末の徳川幕府の政治は凄い。ワザとやってんじゃないの?というくらい絶妙すぎる。
  464.  
  465. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2008年01月27日 17:07
    >>226
    企業主導じゃなくて場所用意してやるだけでコンテンツが勝手に成長していくパターンが、日本だと過激だよね。今のニコ動はその意味で急先鋒だと思う。はてブとかも、窓口をもう少し開けば爆発できると思うんだけど。(今は"自称"知識層が独占してて狭苦しい)

    やっぱり職人崇拝的な土壌はあると思う。
  466.  
  467. 名前: VIPPERな名無しさん  投稿日:2008年01月27日 21:33
    すべては日本海のおかげ。
    明治までは後だしジャンケンが可能だった。
    脅威はすべて西から徐々にやってきて前例をみて対応できたから。
    そして海に囲まれていたから。
    また資源も豊富だった(今資源豊富って場所は過去は何もない悲惨な地域だ)
    鉄も金、銀、銅も木材もあり魚もあり農業を行える土壌もあった。

    戦後は
    一番は勝ち組アメリカの下にいたからだが一番大きい。
    もちろん勤勉だったとかもあるが、勤勉や工夫をこらして仕事できる土壌があったのは冷戦突入にあった。
    共産における東欧と同じ役割、共産主義からの壁役。
    壁役として結構大事にそして都合よく使われていた。
    韓国が朝鮮戦争で戦争でも軍備力のない日本は参加せず、しかも隣だけあって戦争における特需が高度成長のしっかりとした土台を築く。
    そして次に起こったのはベトナム戦争特需(これも冷戦代理戦争)
    ここで高度成長を遂げる、物を輸出すれば儲かる、作れば儲かる時代だ。
    この時期の儲けはあらゆる分野での挑戦を可能した。
    横に中国、ソ連という二大共産主義国家があるにも関わらず、
    一度も戦闘すら起こらず、陸続きではない為必要以上な緊張を生まなかったし、利益ばかり受けれた環境が一番大きい。(経済よかったから煽る必要性もなかったしね)
    ここを無視して日本人が勤勉だっただけで済まそうとするが、勤勉だけで経済大国なれたら苦労しない。
    いろんな物を作れるたのは日本の成果だろうが、いろんな物を作れる環境つくりは運がよかった。これがあるとないの差はニート、ひきこもり、学生、フリーターじゃ解らないだろうな。

    勤勉で経済大国なるなら、今なんで経済悪化してるの?
  468.  
  469. 名前: やりお  投稿日:2008年01月28日 00:04
    ・島国
    ・アメリカがバックいる
    ・欧州から遠い

    似たような条件のフィリピンは何故発達できなかったのだろう。

  470.  
  471. 名前: 名無し!!  投稿日:2008年01月28日 13:51
    ちょっとあったかかったからかな
  472.  
  473. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2008年01月29日 17:05
    かつて世界帝国を築いたローマ(現イタリア)・モンゴル(現モンゴル+中国内蒙古自治区)・イギリスは今どれもパッとしないんだぜ?

    日本が「今」世界有数の先進国である理由って考えた方が生産的な気がする。
    明治以降の時代に適合する資質があったんじゃないかな。

    世界全体で見ると、2000年耐えてようやく花開いた晩成の国だと思う。

    国内では幸せな時代もあったか知らんが、それ言い出すとどこの地域だって幸せな時代はあったんだしな。
  474.  
  475. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2008年01月30日 22:13
    >226
    おいおい江戸時代にも2chがあったのかよ
  476.  
  477. 名前: 肉汁溢れる名無し  投稿日:2008年01月31日 01:22
    ※238
    これからも先進国であり続けるのは難しいけどな。
    おそらくは中国インドに抜かれ、イタリア以上イギリス以下に落ち着く予感。
  478.  
  479. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2008年02月02日 09:21
    国民が技を競いあえるのは職人も凄いが一般人の物を見極める目も凄いんだよ。
    良い物が出たらそれがすごくいいと周りがすぐわかるし評価する。ちょっとの違いでも判るから手を抜くとばれるし、他の奴に抜かされる。
    これは結構凄い事だと思う。
    美術の教授が言ってたが絵画をみて、日本人はそこらのおばちゃんでも「ここの林檎の滲みの色合い綺麗ね」と言えるが、外国の一般レベルだと「林檎だ。」だけ。
    だから抽象画が出た時「なんだか判らん物がキターー!芸術!?」っていう感覚とは別の評価で盛り上がったらしい。

    今の外人の感覚はかなり良くなってると思うけど、昔からの一般日本人の芸術感覚は異常。
  480.  
  481. 名前: VIPPERな名無しさん  投稿日:2008年02月09日 03:22
    と言うか、日本人がいかに苦労して西洋の技術を取り入れたか
    みなもと太郎の「風雲児たち」を読むことをオススメする。
  482.  
  483. 名前: VIPPERな名無しさん  投稿日:2008年02月11日 21:31
    ※241
    そりゃ見極める力以前に風土の違いだ。
    高温多湿で緑と水に囲まれた国土の中で発達したのが水墨画や俳句と言った侘びさびの文化。
    そのせいか日本語という言語は抽象的なものを表す言葉が異様に多い。一般人、知識人関係なく、日本人土着の文化がそういう方向に向いてるだけ。

    つーかみんな武士道賛美してるが、お前らの殆どは農民、町民だったんだぞ?
    どうも明治以降の、国体のためにお前ら皆兵として死ね教育が未だに生きてるなあ。
    文化的成熟度を語るには、為政者でなく、一般民の風俗を語らなくてはどうしようもないと思うが。
  484.  
  485. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2008年02月12日 11:29
    >515 
    してくれたよ?
    一時的にせよ、領土と化した特亜と東南アジアの国々を見てごらんなさい。
    欧列強の植民地だったアフリカは独立した後でもあんなに悲惨な状況なのに、東南アジアはあれだけ発展してるじゃないの?(一部除いて)
  486.  
  487. 名前: VIPPERな名無しさん  投稿日:2008年02月14日 09:43
    先進国である理由?加工貿易。あとはエロ。

    浮世絵とエロゲでヌいてたらいいんスよ。

    ワビサビモエ。HENTAI様ナメんなよ?BUKKAKE上等だぜ。





    正直、今までの経緯について考えてオナってるより俺は
    現在・今後のことが大丈夫か微妙で仕方が無いのだが・・・
    正味な話、今こんな時代で我々まだまだ全然伸び白あるし、
    伸びていかなマズいんじゃねーのって懸念の方が強いんだが。

    とりあえず、アホ面下げてヒーロー待ちのギャラリー根性は
    どうにかしねぇかと思うが。政治だとかこのまま傍観してるだけで
    なんとかなると思ってんのかっつーか。
  488.  
  489. 名前: ペリー提督の日本考察  投稿日:2008年02月15日 19:30
     幕末にやってきたペリー艦隊は、蒸気船に代表される近代科
    学技術で日本人を驚かせたが、逆にペリー一行も日本人のもの
    作りの底力に目を見張った。一行が帰国後にまとめた「ペリー
    提督日本遠征日記」には、次のような一節がある。

     機構製品および一般実用製品において、日本人はたいし
    た手技を示す。彼らが粗末な道具しか使ってなく、機械を
    使うことに疎いことを考慮すると、彼らの手作業の技能の
    熟達度は驚くほどである。日本人の手職人は世界のどの国
    の手職人に劣らず熟達しており、国民の発明力が自由に発
    揮されるようになったら、最も進んだ工業国に日本が追い
    つく日はそう遠くないだろう。

     他国民が物質的なもので発展させてきたその成果を学ぼ
    うとする意欲が旺盛であり、そして、学んだものをすぐに
    自分なりに使いこなしてしまうから、国民が外国と交流す
    ることを禁止している政府の排他的政策が緩められれば、
    日本はすぐに最恵国と同じレベルに到達するだろう。文明
    化した国々がこれまでに積み上げてきたものを手に入れた
    ならば、日本は将来きっと機構製品の覇権争いで強力な競
    争国の一つとなるだろう。

     まさにこれ↑だと思うよ。150年以上前の意見だけどとても的確だと思う
  490.  
  491. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2008年02月18日 13:37
    貴族と武士が分かれてたのも結構大きいんじゃないかな
    日本の政権とってた武士は中間管理職のごとく良く働き
    欧州貴族に比べて異常に慎ましやかな生活してたようだし
  492.  
  493. 名前:    投稿日:2008年02月20日 11:07
    ペリーのおかげだお!
  494.  
  495. 名前: VIPPERな名無しさん  投稿日:2008年02月20日 21:45
    >これから起こる全ての現象は、これまで起きたことに起因する
    これってなんか用語であったよね。何だっけ?
    気になって寝れなくなっちまうよ…。
  496.  
  497. 名前: VIPPERな名無しさん  投稿日:2008年02月22日 00:30
    >>235
    >勤勉で経済大国なるなら、今なんで経済悪化してるの?

    勤勉な国民性は高度経済成長期を最後に滅びた。

    あとは先人の作った社会基盤を背景に適当に土地投資して
    大損こいて
    ジュリアナで踊り狂って、コギャルで街中徘徊して
    ギャルオになってパラパラを覚えるのに必死。
    かといって
    マジメに見える奴らはひきこもって同人誌とコスプレが生きがい。
    そいつらを顧客にしてカフェ作られても
    「モエ~」とか言ってる。
    このような若者が現在と未来を作っていくのだが
    正直
    「そろそろ現実みたほうがいくね?」って感じだな。

    勤勉って言うのは果敢に挑戦する意識もあった。
    しかし
    今のまじめは目立たないように行動して裏で良く分からん事に
    時間をつぎ込んでるだけのアホぞろいだろ。

    日本の国民の勤勉性と言うのはもう無い。
    現在は
    勤勉な奴も中にはいる。
    といったレベルだ。
  498.  
  499. 名前: VIPPERな名無しさん  投稿日:2008年03月01日 19:55
    >>250
    スレでも出ていたが、経済→文化と進むのが、発展の基本だと思う。で、俺は、文化面、特に、人の生き方については、日本はこれからもまだまだ発展していくだろうと思う。日本はまだまだ、文化を楽しむ生き方が下手だからな。何となく、向こうの形式に従った文化(例えば、ジャズを生で演奏してくれるレストランとか、ダーツバーとか)を鼻で笑う人が多いと感じる。自分の未体験の文化については、他の国の人より照れがあるんだよな。どう振舞うか、っていうのに日本人はこだわるから。そこで素直に楽しめる振舞い方は、まだまだ日本人は勉強していかなくちゃならないと思う。今の日本人は、自分の高いプライドが傷つけられない安全な居場所だけで満足しようとするきらいがあるから。勿論今言ったことは俺も含めてな。

    ジュリアナ踊ってたような奴も、ギャル男も、メイドカフェに通ってるオタクも、家でエロ画像見てシコってる引き篭もりも、それぞれのグループの憧れられる存在がいないから、傍から見てカッコ悪いライフスタイルしか確立できない。

    それぞれのグループで、この人なら、と思える生き方の人が登場すれば、若者は変わると思う。

    今の若者は、DQNはスイーツ的な発想に踊らされて、ヲタは萌えに踊らされてるからな。いつの時代も男は女に多少は踊らされるもんだから仕方ないとして、問題は、スイーツも、萌えも、作られたイメージにすぎないという事。

    なぜなら、萌えやスイーツの発想が、ライフスタイルとして成立しえないから。
    メイド服を着て、不潔なヲタクに奉仕するのが中高生の間でブームになるとは思えないし、
    恋空みたいに、ところ構わずセックスしまくったり、荒れた刹那的な生活を続けるのも、無理がある。

    それぞれの層で目指せるライフスタイルを提示できる人間が現れれば、若者は変わる。

    俺の予想では、ちょっと80年代チックな、古いドラマ的な純情?な型にはまった恋愛や生き方がまた流行ると思う。うまく説明できないけど。
  500.  
  501. 名前: VIPPERな名無しさん  投稿日:2008年03月02日 01:26
    >>251
    >俺の予想では、ちょっと80年代チックな、古いドラマ的な純情?な型>にはまった恋愛や生き方がまた流行ると思う。うまく説明できないけ>ど。

    日本では「流行」意識が強くて古いとか新しいとか言われるけど
    むしろそこらへんの時代のスタイルが
    ほとんどの国民の基本スタイルだと思う。

    パラパラだとかモエだとか
    国家的にみれば変な観念に毒されて
    道を踏み外してるよね。

    最近のプチセレブ(笑)だとかモエだとかは
    消費させられてる側の概念だから
    「それを元にして進もう」と
    したとしても
    なんの模範でも基本にもならないでしょうね。
  502.  
  503. 名前: VIPPERな名無しさん  投稿日:2008年03月02日 01:31
    そもそも
    なんでも流行にしたあとで
    「古い」と思っちゃう国民性が問題なのかもね。

    おはよう。とか
    こんにちわとか
    もっと言うなら
    ガムの効率的な噛み方とか

    古いとか新しいとかないでしょう。

    そんな
    「暮らす上で当たり前の事」を
    古いとかダサいとか良いながら
    やらなくなってるから
    どうも駄目になっていってるっぽい。
  504.  
  505. 名前: VIPPERな名無しさん  投稿日:2008年03月02日 02:07
    >>なんでも流行にしたあとで
    「古い」と思っちゃう国民性が問題なのかもね。

    マスコミに若い奴が踊らされて、国全体の雰囲気がおかしくなってる。エネルギーのある若者がやっぱり世の中の雰囲気を作るからな。

    でも、これからはマスコミ操作は少しはマシになると思う。ネットがあるんだから、これからはよっぽどの情報弱者しか情報番組以外のテレビなんて見なくなるだろうし。

    俺が思うに、結局一番大切なのは、当たり前だけど、「相互に支えあえる社会」なんだ。
    結局、他人に冷たくしても、長い目で見たら、回り回って自分に返ってくるだけだからな。
    萌えも、スイーツも、あまりに求めるものが利己的・享楽的すぎる。
    独りよがりの性的興奮だったり、他人への不理解から来る刹那的行動だったり。

    これからの日本が世界有数の先進国であるためには、精神的な成熟が必要だな。というか今の社会が金至上主義だから、必然的にその反動で精神的なものを重んじる時代が来ると思うけど。
  506.  
  507. 名前: 通行人  投稿日:2008年03月02日 02:51
    確かに日本人は流行に流されやすいよな
    どうしても日本は狭い国だから回りの視線が気になるんだろうな
    流行の服ばっかり追いかけている人はダサい奴を見つけて
    安心感に浸っているんだろう。
    自分が流されているとう事に気ずかず。
    結局は怖いんだよ馬鹿にされるのが。
    引きこもっている人はそれが耐えられないんだろうな
    まあ思春期には俺にもそういう時期はあったよ。
    そういう意味では自分を貫くオタクはある意味男らしいな。
    個人の趣味に俺はケチをつけるつもりはない。
    日本人が勤勉なのも周りの視線が結構大きいと思う。
    残業しないでとっとと帰りたいけど自分一人だけが
    先に帰るのは忍びない。
    これが大きいんじゃないかと思う。
    どれだけがんばっても手を抜いて残業している人の方が評価
    されるんだから、ほんと馬鹿らしくなるよ。
    まあ残業しないとやっていけないって言う人が一番多いな。
    特に子供がいる人とか。
    これが悪循環しているように見える時がある。
    これでは遊ぶ余裕もないし、いざ休日が出来ても
    何をしたらいいか解らなくなるんだろうな。
    これが豊かと言えるのか疑問だよ。
  508.  
  509. 名前: 通行人  投稿日:2008年03月04日 06:32
    勝手に語ってみる


    お金さえあれば幸せかと言えばそうではない。
    生活苦よりある程度成功した金持ちの方が自殺件数が多いという
    データもある。(だいぶ前に何処かで聞いた)
    苦があって始めて楽がくる、このバランスが崩れると人間荒んで来る
    今の苦ばっか強いてくる社会に魅力を感じない人が増えるのは
    当然の結果だと思う。
    娯楽が増えた今、仕事だけを生きがいにしろといわんばかりに
    時間的に拘束される会社に入りたがらないフリーターが増えるのも
    仕方がないのかもしれない。(ニートも然り)
    それを上回る魅力もあまり無い。
    自分の事で手がいっぱいの今の社会で、他人に手をかける余裕も
    ないんだろうな。
    現に結婚しない(できない)人も増えて来ている。
    今はもうそんな時代ではない用な気がする。
    思いきった改革が必要なんだと思う。
    日本人は腰が重すぎる気がする。
    小泉のした事が正しいか解らないけど、ああいう思い切りも
    必要だと思うなぁ・・。
  510.  
  511. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2008年03月07日 21:07
    先進国って言葉に振り回されすぎ
    そもそも相対的に外国よりも進歩しているから先進国なのであって

    それを裏付ける国内外の機関の評価があれば十分”先進国”なんだよ
    やたら先進国っていう言葉に執着するやつが沸くよな、この類の話には

    チョ○なの?
  512.  
  513. 名前: Patriot of Zipangu  投稿日:2008年03月08日 20:39
     おまえら熱いなw

    日本人の良いところをまさにこのスレのおまえらが体現してるじゃねえかw

    ニートとか社会の底辺といわれてる奴らさえ、祖国のこれからを真剣に考えてる。幕末の志士たちもこうやって熱く議論したんだろうなあ。
  514.  
  515. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2008年03月11日 08:37
    Civilization4をやればわかる
  516.  
  517. 名前:     投稿日:2008年03月12日 22:22
    戦後のどうして経済大国となるまでになったかは「甘えの構造」(土居健郎)読むとちょっと分かる
    日本人の「集団」の特異性が書かれてる
  518.  
  519. 名前: 中国龙  投稿日:2008年03月15日 13:35
    都在胡说些什么呢?
  520.  
  521. 名前: 名無し  投稿日:2008年03月15日 18:24
    聖書において労働は罰である。
    一方、日本神話において神は自ら働いている。
    罰であろう筈が無い。

    根本的にはそういう所も影響してくんのさ。

    更に言えば、昔の日本は資源立国。
    資源が無い国だったのは江戸時代中~後期以降。
  522.  
  523. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2008年03月17日 02:18
    まず、古代からの地政学的要因を考えてみると、アジアにおいて中華 以外に大国がなかったこと、中華が辺境にたいして直接統治ではなく、朝貢という形で支配していたことがあると思う。「日本はずっと独立国だ!」って言う人もいると思うけど、国土と人口の差を考えれば緩やかな追従路線を取らざるを得ないだろう。
    従って、中華と敵対しないかぎり、特に警戒すべき外交的要因がなかったことは独立の維持を保障するものだった。
    内乱や政権交代があっても、日本全体の独立が保たれていれば、民族性はより純化する。
     日本の民族性は、集団主義、アニミズムが主なポイントだろう。
    狭い国土で暮らしていくには狩猟では厳しく、農耕に移行するのは自然な流れだろう。
    文明的に早い段階から農耕経済に移行したこと、国土の狭さから、中華の人民のように流浪することはできないため、常に何らかのムラなどの統治機構に組み込まれていることによって、上記の集団主義と、常に変わらず自分の周りに存在し続ける自然に対するアニミズムが醸成されていったのだと思う。
    日本人に特異な性質として米への執着が挙げられるが、無知にして何故そうなったかを説明することはできないが、一種類の作物を石として通貨単位にまで偏重したことも重要だ。
    米を通貨単位とすることで、日本人に早い段階で単一通貨経済を実現する助けになった。
    この効果は江戸幕府以降に劇的な効果をもたらした。
    江戸が当時、世界最大級の人口を誇る都市に成長する原動力は、鎖国と米によってその価値が保証される統一通貨の策定による経済活動の活発化にある。
     鎖国に関しては、世界的な情勢でたまたま日本にまで経済活動を行う余裕がある国がオランダだけだった、という話で半ば運によるものだろう。もし、東南アジアの権益争奪でイギリスがオランダに負けていなければ、英蘭中の3カ国の喧騒に巻き込まれていたかもしれない。
     ともあれ、経済の活発化と安定した政体によって民衆には余裕が生まれた。
    結果、民衆にも勉強する余裕ができた。
    寺子屋を取り入れたことは当時の政治家の功績と言えるだろう。
    これによって日本は当時トップクラスの識字率を誇ることが出来た。
    これは明治維新以降、近代的な国民国家を形成し、安定させるための時間が大幅に短縮させる。
    もし寺子屋が無かったならば、維新後の擾乱の中で列強に分割支配されていたかもしれない。
    識字率が高いことは、産業革命以降、新しい技術を取り入れる上でも大きな効果が期待できる。
    野麦峠のように、田舎から小娘を連れてくるだけで即労働力として機能するのである。
    集団主義な民族性ゆえに恥の文化が発達しており、サボることも少ない。
    明治以降の劇的な成長は安くて(奴隷的だが)、能力の高い労働力が十二分にあった事が大きい。
    WWⅡ後は、戦争への反動として軍備を放棄して、経済に専念したことが結果論的に良かった。これは運と言えるだろうね。
    全体的に評価するなら、運7割、政治3割ぐらいじゃなかろーか。
     最近の低迷は、集団主義な意識が強く、保守的で思考のフットワークが乏しい人間が上層部に多く、激動している社会についていけないことが一つ。
    若い世代からは集団主義が薄れたが、個人主義とまで言えるほどではなく、また宗教を持っていないため戒律意識もないため、恥の意識システムが崩壊し、それに代わるシステム(欧米ならば個人主義とキリスト教がそれを敵提供する)が存在せず、勉強(自己実現)に対する意欲が乏しくなってしまったのが一つ。
    世界的に経済が発達し、生産技術が向上し、飽和状態にある現状において、日本の得意な「材料を輸入し、加工し、輸出する」ものづくり経済のうまみが無くなってきた事あたりが上げられる。
     技術発展が頭打ちになりつつある以上、現状を打破するためには、技術的なブレイクスルーを生み出すことが出来る人材か、個人の才覚に大きく依存する金融経済にシフトする他無い。
    どちらにしろ、日本に必要なのは人材力、という資源だ。
    その肝心な人材力が、勉強への意欲が弱まっている為に日本は落ちぶれつつある。
    大事なのは教育、っちゅーこっちゃね。

    ・・・うは、長い妄文垂れ流して俺きめぇwwwニートの分際でwww
  524.  
  525. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2008年04月24日 19:01
    すごいな。三ヶ月米が続いてて
  526.  
  527. 名前: VIPPERな名無しさん  投稿日:2008年05月26日 13:07
    日本は経済成長時に総生産の80%を自国内で稼いできた内需の国
    特に消費について海外依存を強めるより内需に目を向けた方が後々のためだと思うのだが

    って四ヶ月前のスレでしたか
  528.  
  529. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2008年05月31日 09:16
    >673
    最後にいわれると思ってたぜ
  530.  
  531. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2008年06月07日 12:32
    ※482
    ってか、ネガティブな認識から現状克服を試みるから一層発展したのでは。
  532.  
  533. 名前: VIPPERな名無しさん  投稿日:2008年06月15日 23:21
    日本人が勤勉なんて妄想だね。労働時間世界一も妄想。
    昔の新聞記事見ると、
    「学力低下が深刻。最近の若者は~」とか結構載ってる。
    お年寄りのよくあるノスタルジー。
    労働時間は今はアメリカとそう変わらないし、韓国の方が多い。もっと多い国もある。

    これからも多少の上下はあるだろうが、先進国の部類に入り続けると思うよ。
    ちょっと悲観的過ぎる奴多すぎ。

    「中国やインドに抜かされて~」って生産力が抜かされることか?
    そりゃ、人口が桁違いなんだから抜かれるだろ。
    イギリスもフランスもイタリアも中国に抜かされたけど、イギリスが中国以下なんて誰も思ってないだろ。
  534.  
  535. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2008年07月12日 22:08
    社会の底辺を自称するやつが政治と歴史を熱く語ってるのが笑えるなwww
    アメリカの底辺なら、強盗とか強姦に勤しんでるところだw

    何か日本に希望が持ててきたわw
  536.  
  537. 名前: よう  投稿日:2008年07月22日 07:14
    先進国?

    アメリカの意図も大きいだろう・・・
    冷戦という国際事情もあって
    日本をアル程度の力のある国にするべく
    アメリカが行動を起こし、共産圏の防波堤に
    しようとした・・・日本を経済的に太らせたのは
    アメリカ<厳密に言えば世界の支配者>だ。
    日本人勤勉説は幻想だと思う。
    だってそうであるならば、明治時代から先進国であったはず。
    日本人勤勉説に根拠はない。、むしろ先進国でもっとも
    労働生産性の低い国であるところを見ると
    必ずしも勤勉とはいえないと思う。まあ、勤勉のとらえ方が
    日本人の場合長くやればみたいなとこがあるのも原因だがな。
    要するに日本が先進国になっているのはただ単に
    運がよかったのと、冷戦下の国際的な立場がそうさせたと
    いえるかも。
  538.  
  539. 名前: 名無し  投稿日:2008年07月22日 20:42
    日本が欧州の植民地にならなかった理由は、中国が生け贄になってくれたから
    これに尽きる
  540.  
  541. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2008年09月12日 18:23
    いまだに民族が優秀だのと戦前ほどの腐った常識がでてくるのに反吐がでる。

    箸を使っているから手先が器用だとの話もあるが、箸を使っているのは何も日本だけじゃない。

    最大の要因は、国内が単一民族のみで形成されていることだけに限る。
    アイヌ民族とか掘り返せばいくらでも出てくるが、ほとんどの人が国内で持つ民族意識として持つのは「日本人」のみ。

    単一民族で形成されているからこそ面倒なゴタゴタ事が起こらないから経済が滞ることもない。それだけのこと。

    あとは安保や冷戦の存在が大きかっただけ。

    本田宗一郎さんが日本人だったからではなく、本田宗一郎さんの気質であって、全ての日本人おなじ気質を持っているわけではない。

    日本の技術は世界いちぃぃぃぃい!!!!なんてネタを見るたびに
    努力なしでは得られない技術を軽々しく話しているのに反吐がでる。

    昔、世界でも、ドイツ人と日本人だけが持っていた集団レベルでの「空気を読む文化」は、今の日本では既に過去の話。

    先進国から下がり始めているのはいらぬゴタゴタ事が湧き出ているおかげ。
    根拠も無い陰謀論にその場だけでの政府叩き。

    前進阻む輩が出てきたのが事の始末。
  542.  
  543. 名前: 台湾・グローバル・パートナー・ネットワークwww  投稿日:2008年09月23日 06:18
    しかしなげーな。
    まあ、7月から9月へと開きがずいぶんあるがw

    マジレスすると農業生産性だろう。
    4億で首都50万程度の清と3千万の日本で江戸100万越え。
    話になんねぇw

    幕藩体制で移動が難しかったのがきいたのか地方都市もできまくり。
    この都市人口が近代工業と兵隊さんの成り手だろ。

    文化とかも農業片手間とかで高度化とかはあり得ないしw半島マジ頭悪いwww

    かなり昔に漢字で皇の字を使い始めた日本にとって極貧半島と暗黒大陸は下の存在w
    一緒にスンナw

    ハーグに呼ばれてんだから第1次大戦前には大国だろ。
    軍事と経済で他を圧倒出来れば大国だよ。
    G5がこれで経済で伊・加、軍事でロシア。全部でG8。

    ハーグの大国ってカナダの代わりにオーストリア帝国だろ。
    G8と1国が入れ替わっただけでやんのw2度の大戦マジ涙目www

    まあ、農民99%の一億国家より農民50%の5千万国家の方が軍人もリーマンも多いって話だ。

    第2次大戦後に国際商品が農産物から工業製品に切り替わったんで日本は農業国から食いもん買ってんだろ。

    共産国家やアルゼンチン読み違い乙w
  544.  
  545. 名前:    投稿日:2008年10月03日 11:40
    日本の食料自給率が低いって言うけど、実はそうでも無いらしい。
    というのも日本で食料のうちはかなりの割合が廃棄されているので、本当に輸入がストップしたら食品の廃棄を減らす事でかなりまかなう事が出来る。
    また米なんかについてもMA米なんて殆ど廃棄か飼料になってるし、備蓄米も文字通り腐るほどある。

    一度くらい食料輸入を完全にストップされた方が、日本の食糧事情が改善するんじゃ無いかとすら思うよ。
  546.  
  547. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2008年10月16日 14:07
    マジレスすると俺は日本人の悲観主義がハッテンの原動力になったと思う
    勝って兜のオシメしろ
  548.  
  549. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2008年10月24日 22:47
    それにしても最近の円は強いな・・・
  550.  
  551. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2008年10月27日 03:11
    >>276
    工業国家だから円が強くなると日本が弱くなるという構造なんだよね
  552.  
  553. 名前: この名無しどもめ!  投稿日:2008年10月27日 11:36
    >>277
    工業国=円高に弱い、というのは正確ではない。
    資源国であっても自国の通貨高は輸出に不利。
    同じ資源を保有する国に取引を奪われてしまうから。
    いかなる国であろうとも、通貨高は平等に輸出産業に打撃を与える。

    日本の場合、輸出がGDPに占める割合はアメリカに次いで低い。
    2007年の輸出対GDPは16,3%であり、統計に意味のある純輸出は1,6%でしかない。
    だから、いくら家電や自動車を輸出しても、昔ほどには成長率に響かない。国民の大多数は輸出産業とは無縁に生活しているから。
    実際、円安の時期には大手の輸出産業のみが繁栄を謳歌して、一般の国民の生活はしょっぱいものだった。

    もし自分の取引先が日本国内のお客さんであるなら、購買力が上昇する円高の方が有利である。
  554.  
  555. 名前: hage  投稿日:2008年11月02日 10:07
    日本はまず国土が豊か。
    気候が温暖で川が何本もあり、稲作が発達した事によって比較的多くの人口をまかなう事ができた。
    島国である事から外来勢力への軍事費があまり必要なく、貴族政治の時代なんかは特にちゃらんぽらんに内政やって来てもそれで済んでた。この時代に道徳観念や今の日本の宗教(八百神信仰)の根源が形作られた。
    武士による支配が始まってからは軍人の数が飛躍的に多くなり国内の統制力が飛躍的に高まる事である程度安定した政治を行うようになった。幾度も内乱は起こっていたがそれは所詮頭のすげ替えだけで国土が完全に疲弊するってこともなかった。
    安土桃山~江戸時代には異国との貿易も進み火薬の伝来から軍事力も飛躍的に増強されたが、鎖国制度によって文化の発展は所謂文系に特化して、欧米による科学、化学の発展からは取り残された。
    ただし寺子屋制度などによる全国的な教育制度によって識字率は飛躍的に増加し、朱子学を基本とした礼の精神がある程度広まった事で日本の支配者層に私ではなく公を優先する美徳がある程度浸透した。
    その結果外国の脅威に対抗する為天皇を担いで幕府を打倒する人民(薩長)が蜂起し、大政奉還や江戸城明け渡しなどに見られるように比較的スムーズに政権が移行した。
    版籍奉還や四民平等といった中世からの革命も驚くほどにスムーズに実行され、国内の総力を内政に注力できたのが大きい。まぁ日本は武士による支配の頃から武力主義だったから、その名残もあって第二次世界大戦で軍部が暴走して敗戦、アメリカに徹底的に武力主義を矯正されたけど。

    まぁとりあえず今の日本の発展は、職人によって発達してきた独特の高い技術力もさることながら江戸時代に十分に発展した教育の結果からスムーズに国民政治に移行した事が最も大きいわな。

    江戸時代の政治は相互監視や身分固定などで暗く陰惨な部分もあるが教育普及の意味は大きかった。むしろ農民や下級武士出身から学者や医者になる方が多かったしな。
  556.  
  557. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2008年11月18日 11:00
    日本はまず自虐的に語らないとインテリに思われないから、どうにも暗い予測がメインになってしまう
    だからこそ常に最悪の状況を想定して上ってきたのだろうけど

    しかし何よりGHQの修身・教育勅語の廃止、東京裁判歴史観が一番の損害だな
    祖国に殉ずることを最高の道徳とする精神が蘇ればさらに日本は良くなる
  558.  
  559. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2008年11月23日 23:36
    どうせ叩かれるだろうけど一応言っとくわ
    結論:A型が多いから

    俺O型だけど、どう考えてもこれしかないだろw
    韓国見てみろよ・・・あいつらほぼ全員B型なんだぜwwwww
  560.  
  561. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2008年11月23日 23:46
    米欄が進むごとに左翼が湧いてる件
  562.  
  563. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2008年11月24日 08:42
    >>281

    上から全部読んできて一番傷ついた…w

    B型でサーセンw
  564.  
  565. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2008年11月24日 23:40
    日本人が勤勉とか過去の話だな・・・
  566.  
  567. 名前: VIPPERな名無しさん  投稿日:2008年11月27日 14:35
    >>281
    >>283

    血液型何の根拠もないよ・・・

    そのせいで迷惑しているやつも大勢いるんだから、適当なことゆうなよ。
  568.  
  569. 名前: VIPPERな名無しさん  投稿日:2008年12月06日 03:17
    実際、つくづく不思議な国だ。
  570.  
  571. 名前: 日本人の義務ならびに反対義務一覧  投稿日:2008年12月06日 04:03


     「恩」


    受動的に蒙る義務。

    人は「恩を受ける」、また「恩を着る」

    即ち「恩」とは受動的に其れを受ける立場から見た場合の義務である。


    ・皇恩:天皇から受ける「恩」

    ・親の恩:両親から受ける「恩」

    ・主恩:主君から受ける「恩」

    ・師の恩:教師から受ける「恩」

    生涯のうちの色々な接触において人から受ける恩


    ※自分が「恩」を受けるこれらの人々は、すべて自分の「恩人」になる。





     「恩」の反対義務


    人は恩人に、これらの負債を「払う」、また「これらの義務を返す」

    すなわちこれは、積極的な返済の見地から見た場合の義務である。


    ※「義務」:どんなに努力してもけっしてその全部を返しきれず、また時間的にも限りのない義務である。


    ・「忠」:天皇、法律、日本国に対する義務

    ・「孝」:両親・祖先・子孫に対する義務

    ・「任務」:自分の仕事に対する義務




    ※「義理」:自分の受けた恩恵に等しい数量だけ返せば良く、また時間的にも限られている負目。


    *世間に対する「義理」


    ・主君に対する義務

    ・近親に対する義務

    ・他人に対する義務

    その人から受けた「恩」、例えば金銭を貰ったり・好意を受けたり・仕事の手伝い(「結(ゆい)=協同労働」等)をして貰ったりした事にもとづく。


    ・親戚(伯父・伯母・従兄弟・従姉妹など)に対する義務

    これらは別に、これらの人々から「恩」を受けたからではなくて、共通の祖先から「恩」を受けた事に基づく。



    *名に対する「義理」

    ドイツ語の「Die Ehre(名誉)」に当たる

    人から侮辱や、失敗のそしりを受けた時にその汚名を「すすぐ」義務、

    すなわち、報復、あるいは復讐の義務(※この仕返しは不法な攻撃とは見なされない)



    ・自分の失敗や無知(自分の専門とする事柄における)を認めない義務

    ・日本人の礼節をふみ行う義務。

    例えば、あらゆる行儀作法を守ること、身分不相応の生活をせぬこと、みだりに感情を表に出さぬことなど。



    「菊と刀」-日本文化の型- (講談社学術文庫 P.144~145より抜粋)


    この本、日本に関して大して知られていなかった時期としては、極めてしっかりした事が書かれてあって面白いぞ。

    現代日本人には全く存在しない、当時の日本人の道徳に関しても考察してあるし。ウィキでの評価は低いが、読んでみる価値はあると思うわ。


  572.  
  573. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2008年12月06日 04:13
    国を形成する基盤は、結局は人材・道徳・技術だ


    これらがしっかり機能・循環している国は栄える


    現代日本は、様々な道徳観念が歯抜け状態になり、各道徳の相互補完の崩れ・技術維持や技術開発を行う基盤となる、「重要視」の欠落・人材の質と量の低下などが同時進行で起こり、gdgdになっているんだよ。


    改善したければ、まずは道徳研究から始めて、人材育成と広範囲の「重要視」を確保出来る態勢を整えるんだな。
  574.  
  575. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2008年12月06日 09:41
    まあ島国であり水にも困らなかったなど地理的な要因が大きかったんだろうね。
    でもきちんとした理由は分からないな。
    今後も先進国であり続けられるかは分からないし。
  576.  
  577. 名前:     投稿日:2008年12月06日 11:58
    スレ内においてのID:KHYOTe5N0のウザさは異常。

    進行役をかってでてるつもりかもしれんが、進め方が下手でただのウザい教えて君に成り下がってる。
  578.  
  579. 名前: VIPPERな名無しさん  投稿日:2008年12月06日 13:37
    米270
    アホかお前?

    >>日本人勤勉説は幻想だと思う。
    だってそうであるならば、明治時代から先進国であったはず。

    もう明治になった時点(1868年)で他国はすでに産業革命を迎えている。例えばイギリスが18世紀後半に始まり1840年代には終焉、次いでベルギーが1840年代から、ドイツフランスアメリカが1860年代からすでに重工業化していた。

    つまりスタートの時点で他国より差があったんだよ。

    で、当時の先進国を指すのはこれらの国だろうけどこれは地理的に(とくにベルギー)または政治的に(アメリカ)イギリスに近かった国からおこっている。なのに日本は地理的にも政治的にも他の欧米諸国より遠いのに維新後たった20年後の1890年にはロシアとともに産業革命を迎えている。これはイギリスから技術輸入をしていたのは勿論だがまず労働力の高さが要因とされる。フランスなんかは技術はあったが労働力が低すぎて10年以上遅れていたし、アメリカは奴隷に働かせていた(日本にも似たようなことあったけど一応奴隷ではなく人間扱いはされていた)結果で言えば世界でも屈指の労働生産力だろうが

    それで明治期終盤には当時最大勢力だったイギリスと同盟を組み日清日露戦争に(曲がりなりにも)勝っている。また国際連盟の常任理事国にも選出されている。これが先進国じゃないのか?

    偉そうなこと言ってる割に抽象論ばっかで具体論がないな。まぁ頭良いぶりたいただの馬鹿なんだろうけどw
  580.  
  581. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2008年12月06日 14:46

     産業的発展の分野においても、日本は西洋諸国のいずれにも類を見ない進路をたどった。

     ここでもまた「閣下」たちが計画を立て、段取りを定めた。計画を定めたばかりではない。彼らは彼らが必要と定めた産業を、政府の金で建設し、資金を供給した。

    政府官僚がそれを組織し経営した。

    外国の技師が招聘され、日本人が海外留学に派遣された。


    その後、これらの産業が、彼らの言うごとく、「其組織整備して当初目算の事業漸く挙るに従い」、政府はそれを民間会社に払い下げた。

    官業は徐々に、「ばかばかしく安い値段で」、選ばれた少数の資本家、すなわち、三井・三菱両家を主とする著名財閥に売り渡された。

     日本の政治家たちは産業開発ということは、日本にとりまことに重要な事業であるから、需要供給の法則や、自由企業の原則にゆだねてはならないと考えた。

    だが、この政策はけっして社会主義的信条にもとづくものではなかった。

    うまい汁を吸ったのはまさしく財閥であった。日本が成し遂げたことは、しくじりと無駄を最小限度にとどめつつ、彼らの必要と考えた産業を確率することであった。


    「菊と刀」-日本文化の型- (講談社学術文庫 P.115~116より抜粋。段落の区切り方に改変有り)

  582.  
  583. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2008年12月06日 14:55
    ちなみに、上記の文の後には


    ・枢要重工業の支援と急速な発展

    ・小商工業者や非官僚の経営者によって運営される「残余」産業

    ・立場別の「ふさわしい位置」の重視と、「成金」への嫌悪感


    が続いて言及されている(長くて面倒臭いから書かないが)
  584.  
  585. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2008年12月06日 15:27
    つーか、利用されてるとか言ってるやついるけど
    何だかんだいってて物には恵まれてる方だって日本は
    現状のアメリカとか海外見たらもうね…
    それに日本の企業は何だかんだいって海外侵略しまくってるよ
    至る所に電化製品は日本製はブランドだって聞かれるし
    セブンとミスドーだって元を辿ればアメリカの物だったんだぞ
    それを返って日本企業の方が有利になって、日本側にに軍配が上がっちゃったし、というか日本は不景気不景気云いながらも東京は世界都市になっちゃたし

    まあそれでも日本は駄目だって思う心構えが
    この国を守ってるんだろうな
    よくあるこの自虐性は大事なのかもしれない
  586.  
  587. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2008年12月06日 23:02
    今まではよかったけど、もうぼちぼち駄目だと思う。
    ここ数十年くらい、教育とマスメディアが完全に糞で、
    その影響受けた連中が社会の中心になってるから。

    あと、外交がド下手。お人好しすぎなのかね。
  588.  
  589. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2008年12月07日 01:04
    流行に流されてダメになった日本人が多いとかいってるヤツ!
    そのおかげで経済が回ってるし、発信者の中で熾烈な競争が起こって技術が発展するし、文化にもなる。
    飽きられた頃には違う流行が出てきて、以後繰り返し。

    それと、ニートなのに読み書きできて、PCや携帯使える人間がそのレベルでも社会の競争に負けるのが日本なんだろうが。
    分かったら、手を動かして何かを作れ!それができなきゃ破滅するまで消費しろ。
  590.  
  591. 名前: 名無  投稿日:2008年12月07日 01:31
    どんな動物にもサボる奴はいる、アリだって8割働いて残りの2割サボってんだから・・・
    だからお前らは10割の内たった2割だ。
  592.  
  593. 名前: うんち  投稿日:2008年12月07日 07:21
    良くも悪くもオタクなんですよ日本は。ネガつぶしの文化。

    外国人労働者が新聞配達で、1件新聞を入れ忘れてクレームがきたんだな。そのことを親分が怒ったら「配り忘れが1件なんて褒められこそすれ怒られるようなことではない」と言ったそうなんだ。

    諸外国は100%がゴールなんだけど、日本は100%がスタートなんですよ。
  594.  
  595. 名前:     投稿日:2008年12月07日 14:29
    日本ってのは東アジアでかなり異質な遺伝子の特性を持っている
    これはY染色体DNAのD系統と呼ばれる物で
    白人種から枝分かれしたばかりの古モンゴロイド(アイヌ/縄文人)のソレ

    歴史的に見ても、白人種というのは発明や発見に大変な功績を残した種族。
    この血統の色濃いことが今日の日本の発展に影響してると思う。
    更に類を見ない遺伝子構成が、特徴的な文明を形作ったのではないかと...

    ちなみに現在の朝鮮族・漢民族にはD系統が殆ど含まれていない。
  596.  
  597. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2008年12月08日 17:24
    >>296
    流行なんぞ
    結局存在するだけでそれその物が価値を発信し続け
    文化を支える様な
    「普遍的な価値感」を生み出せない国になってるって事だろ。

    それで消費が促進されたりしても結局は一時的な狂乱消費で
    終わるだけで
    市場に生まれる物の価値感やジャンルその物を育てて行くような物ではないから
    ユーザーも受け継がれないし次の商品を待って消費が控えられていく。
    結局一時しのぎのドラック療法の様なもので
    一時期の興奮に頼るような物は醒めた時の冷え込みをさらに加速させるだけだ。
    それをさらに興奮でもって補おうとするからさらにひどい市場冷え込みが
    起きるって事が分かって無いな。
    流行なんて物は結局
    「ホントに必要な物が分からない国民だらけで、しかもそれが供給されない社会に置いて空白感を埋めるための消費行動」
    なんであって
    価値感と経済と消費意識が空白無くみっちりと詰まって成り立ってる国では
    流行より普遍的に消費されて来た物の方がよっぽど経済を支え育てている。
    流行なんて言う軽はずみのいわば表面的な価値感を追うようになってから経済も国家も消費も衰退し始めるだろ?
    要するに価値感の過剰投機なんだよ。
    あとは残骸が残るだけさ。

  598.  
  599. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2008年12月09日 05:35
    >>515

    1年前の事に米するのもなんだが…

    元寇の神風については神秘性なんぞない。
    元の主兵力は騎馬兵。これを活かされるとあっという間に負けてた。
    そこを必死のゲリラ戦で攪乱し、兵をフル活用するための前線基地を造らせなかった。
    結果、大半の兵が数ヶ月船上で足止めされ、疫病がはやった。
    そこに駄目だしとばかりに台風がきて、士気が低かった元軍はすごすごと退散していった。
    士気が低かった理由としては、疫病のほかに、兵の多くが韓国や中国などからの奴隷だったとゆうのもある。

    二度目の弘安の役に至っては、防塁などの防御策を用意して元軍を足止め、やはり数ヶ月粘り台風がきてすごすご撤退していいた。
  600.  
  601. 名前:    投稿日:2008年12月09日 18:14

    正直良く生魚食べる人種だった為脳の発達が良かったとか説はどうだろう?

    何だかんだ言って昔からDHC良く含まれるマグロを一番食ったのは日本だろうし、マグロは似たり焼いたりしなかったから栄養価も壊れなかった
  602.  
  603. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2008年12月10日 08:16
    まあ勤勉っていう事は、このスレが証明したな。
  604.  
  605. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2008年12月10日 13:26
    俺らは遺産で食ってるわけだ。
    そろそろ一念発起してなんかやんねーとな
  606.  
  607. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2008年12月11日 20:23
    あれじゃね。自分を過小評価する癖が効いてると思う。
    ちょっと上くらいに見えるものが目の前にあったとして、大陸や半島や欧米では「我々はそれに劣るものではない」と自分を持ち上げて鼓舞するだろう。
    日本は同じ条件だと「まだまだ及びません、精進します」って自分は劣ってますな方向になる。
    ここでポイントは、「自分は劣ってます」と「だから精進し努力します」がセットになってる点。
  608.  
  609. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2008年12月11日 23:44
    仮に欧米と地続きだったとしても、意外と勝ってたりしてな。
    日本が有数の先進国とは思わないし、別に持ち上げる気も無いが
    なんとなくそんな気がする。
  610.  
  611. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2008年12月12日 12:51
    何か全部読んでたら疲れてきた…
    もぅ先進国とかどうでもよくね?
    これから少しの間、皆欧米諸国とか気にしないで、
    マターリと自分と、自分の周りの人間の幸せのために生きたらどうだろうか。
    何かプチ鎖国って感じで…
    皆が自分と周りの人間が幸せになれば連鎖して国もよくなると思うんだ


    ゆとりで変な事しか言えなくてスマソ…
  612.  
  613. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2008年12月14日 04:07
    たまに工作員っぽいのがいる気がするのは気のせいかなぁwww
  614.  
  615. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2008年12月15日 04:29
    >1の先進国って言うくくりが微妙すぎると思うんだけど。

    まぁ、運とか、地理的要因も勿論関係しているけど、一重に色んな方面での先人の努力だよ。江戸も、明治も、昭和も、それぞれの時代の人たちがそれぞれに自虐的で現状の悪い部分を改善しようと努力してきた結果。
    今だって、それなりに努力してると思うよ。
    ただ、民族性とか上げるのはどうかと。勤勉にやってきたのだって、努力を惜しまなかったのだって、敗戦って言う時代背景が無かったらやっぱり違うだろうし。そもそも、日本人はあるていど均質ではあるけれど、場所によって性質も、歴史も異なるわけだし。一概に日本というくくりじゃ語れない。

    経済にかんしては順位だけ見て統計の方式を見ないのはいかがなものか。一人当たりのGDPが妙に高い国はチートな方法を使っているわけだし、安定的なものではけしてない。今の金融ショックだってそういうことでしょ?

    文化に関しては、もうずっと流行に流されやすい性格ではあると思うのね。春画がファッション誌としての一面を持ってたのも有名だし、服装について倹約令をお上から出されたら、裏地に妙に凝る人が増えたりとか、昔から見てくれにたいする心意気ははんぱないDQNがいたり、結構なかの人は変わらないよ。

    伝統を大事にしないなんていうけど、結局淘汰されて生き残ったものが文化になるわけだし、きちんと残しているものだってある。そこら辺の寺の由来は1000年前とか、2000年前とかざらにあるんだよ?眉唾ものだけどw残すことに価値があるんじゃなくて残ったものに価値があると思うんだ。
    ちなみに、この場合サブカルチャーのほうが後世に受けがいいというのも肝だと思う。やっぱりいつの時代も低俗なもの好きよ?


    欧米諸国の価値観なんて彼らに都合のいいものに決まってるんだから、へー、ほー、って聞いてりゃいいよ。日本人はプライド高いから、無視できないんだろうけど。まぁ、どうせなら全てで勝ちたいもんな。


    以上ゆとりからの妄言でした。
  616.  
  617. 名前:     投稿日:2008年12月15日 14:39
    長らく鎖国してたから開国した際余所の国の珍しい部分・面白い部分に刺激を受けて一生懸命マネしたらオリジナル超えましたってパターンがいくつかあるのが日本…

    根が気真面目なのもあると思うけど

    正直独特の文化を築いては居たけど明治以前なんて別に発展してるとも言えないし裕福とも言えんかったし
  618.  
  619. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2008年12月19日 12:51
    過去には金銀の地下資源があったし、
    水という最強の資源がある。

    前時代的な競争において負ける理由がない。
  620.  
  621. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2008年12月23日 01:35
    100年以上続く会社の数が圧倒的に多い事
    技(業)は教わるのでは無く盗むというスタンスが根付いてること(世代ごとに改良の余地がある)
    技術力についてはこれが大きい
  622.  
  623. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2009年02月04日 00:29

    「もう少しで先進国で無くなる」

    「中国に追い抜かれる、属国にされる」

    「もうダメだ」




    っていう奴ってソレばっかで何一つ対策出さないよな。
    悲観して、そこで終わり。

    コイツらみてーなのがいるから日本は「もうダメ」なんじゃないの?
  624.  
  625. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2009年02月07日 18:00
    自虐自虐でも「逃げちゃダメだ なんか方法があるはずだ」って言えた人間の割合が多かったのが日本。

    今は「なんで逃げちゃダメなの?辛い人生なんて割に合わないじゃない。逃げて強い人に任せればいいじゃない」って言う~最低限の幸せを願ってるってことで最低限の義務すら果たさない~人間が多いって話。
  626.  
  627. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2009年02月08日 11:49
    確かに「逃げちゃダメだ なんか方法があるはずだ」は
    分かる。

    昨日のNHK見てて思ったんやけど、
    派遣の人って「逃げちゃダメだ なんか方法があるはずだ」
    と思ってなかったんやと思う。

    辛い状況=回避の世の中になって来てると思うし、
    教育もそんな感じやね。

    昔の人は今いる状況を改善する事に努力してたよね。
  628.  
  629. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2009年02月24日 07:33
    米207はもっと評価されてもいいと思うw
  630.  
  631. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2009年03月11日 15:21
    必然だったという偶然www
  632.  
  633. 名前: 愛のF速戦士  投稿日:2009年03月12日 18:53
    日本について悲観する人もいれば楽観する人もいるけど
    俺としては日本はまだまだ大丈夫じゃないかと思ってる
  634.  
  635. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2009年04月16日 00:27
    お前らのこういう熱意が真っ直ぐ国家の未来に届けばいいんだけどな。
  636.  
  637. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2009年04月23日 04:08
    >>209
    ”日本で無条件降伏、解体したのは帝国陸海空軍、国体は維持、GHQは存在したが・・・”

    旧日本軍に空軍があったとか言ってるなら中学レベルからやり直し。

  638.  
  639. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2009年05月11日 01:40
    ちなみに本文>>5の話だと、朝鮮人とはまったく違うDNAらしい
    母方からしか子供に遺伝しないミトコンドリアDNAってのがあって
    それを調べていくと全然違うらしいってNHKで言ってたよ

    あと日本には、日本発祥の神がいること。イザナギ・イザナミノミコトから生まれたアマテラスオオミカミがいる。もちろん唯一神ではなく多神教なのは(八百万とかっていう)世界でも、日本とギリシャ文明だけ。多神教ってのは日本人の考えの根底にあるから何でも否定しないで受け入れるんじゃないかな?
  640.  
  641. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2009年06月16日 15:16
    ちょw海荒れてるwwww漁行けねえwwww
    ヒマだし算学でも解くかwwww

    識字率って言えば簡単だけど、江戸時代がこんなんなのが凄いわ

    俺の先祖、戦国時代の頃弱くて城取られて落ち延びて帰農して代々名主やってたんだが
    江戸中期頃のが趣味で儒学もろもろ勉強して、気がついたら郷士にされて水戸藩主に教えてた
    吉田松陰が松下村塾で教科書に使ってた中国歴史地図も同じ先祖が作ったもんだし

    漫画やアニメみたいに、趣味に走ってたら何か意外なとこから評価されて超輸出とか
    春画豪華に作ってたらいつの間にか世界最高の印刷技術極めてましたって江戸時代と
    俺ら大して変わってなくね?

    技術系でもヲタ方面でも、それぞれ好きな事を無駄に極めればいいと思うよ
    多分それが俺らの底力だ
    政治経済的に役に立つかは別問題だが
  642.  
  643. 名前: VIPPERな名無しさん  投稿日:2009年08月02日 20:16
    何千年も前のやつですら「最近の若いやつは…」って言ってたらしいなw

    日本が外交下手クソなのは昔からだ
    ただ、昔の人間は言うときはハッキリ言うというのが違う
    何かされたら「ふざけんな!一発ぶちかましてやる!!!!」ってなる
    今はヘコヘコしたらヘコヘコしっぱなし
  644.  
  645. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2009年08月27日 17:42
    運も実力のうち
    良い運を引き寄せる努力を怠らないからこそ、
    運が味方になる
    天才が現れ、奇跡が起こる

    日本は0.1%の重要性を大切にするからこそ発展してこれた
    0.1%など無駄だと、単純化、効率化を是とする欧米型経済ではできない事だ

    少年漫画で「わずかな可能性に云々」ってのは、単なる精神論なんかじゃなくて、割と教条的な意味が含まれてるんだよね
  646.  
  647. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2009年10月16日 15:35
    嘗ての日本人が克己を旨としていたのは
    そうしなければ生活出来なかったからに過ぎない。

    必要に迫られ特化していくのは
    人種に限らず生物として極当たり前の事。

    淘汰の果てに日本という国があった。

    それだけの事。
  648.  
  649. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2009年10月21日 22:18
    なにこれ十分ですごく考えさせられたww

    しかし何気に枢軸は強いよな。
    日本も戦後経済大国第二位にのし上がった訳だし、
    確かドイツも三位だったんだっけ?今は知らんが。

    どっかでも言われてが
    やはりドイツと日本は似てるかもしれん。
  650.  
  651. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2010年01月12日 00:55
    日本開国の頃に欧米からやってきた人は口を揃えて言ったそうだ。
    「この国を植民地にするのは容易でない」

    日本国民の教養、文化、技術、秩序、忠誠心。
    最新の鉄砲を持っている列強諸国でも、日本人の実力を肌で感じていたんだね。

    その日本も、1945年間から数年間だけ他国が統治することとなる。
    だが戦後のアメリカの海外統治政策で成功を収めたのは今のところこの日本占領のみである。
    これもまた、被占領国家の民度の高さゆえであったろう。
  652.  
  653. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2010年02月13日 19:38
    男女の関係が非常に良かった
    お互いが協力して1人前
    そうしないと他の男女と競争できない
    そして仕事に特化
    国の総合力で見ると最適
    今は 個人が大切
    洗濯、食事、個人でもやって行ける
    そして仕事がおろそかになってる 全員
  654.  
  655. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2010年08月06日 13:08
    古代~大航海時代にかけて
    大陸から大量貿易ができる立地ではないが
    知識を吸収するのは可能な距離。
    外洋挟んでるのは貿易に大きな足かせとなるが
    軍事の視点では鉄壁の防壁となる。

    土地が狭い狭いと喚くやからは多いが
    耕作可能面積はそれなりにあるし、水資源が豊富で土壌も高品質。
    よって灌漑をきちんと行い、生産計画をきっちり行えば
    少人数で持続的に大量の収穫を見込める。
    周りは海で海流が複数ぶつかる、まさに漁業のホットスポットで
    大量の海産物を供給可能。
    つまりは非食料生産者を多く抱えられるということで
    政財軍学術技術にそれだけ多くの人材を投入できるわけだ。

    鉄銅も中世期を支えられる程度には埋蔵されていたし
    産業革命の起爆剤たる、石炭も必要十分量はかろじて採掘できた。

    統一国家の経験が長く、革命は最小限の期間と出血で終了。
    遅発組みの多くは列強の干渉を受けまくりで、
    泥沼内戦の後に経済属国、そこから内戦再発でさらなる出血当たり前、
    むしろ今現在になっても「ならずもの国家」のままです、
    なんて国は星の数。
    というか民主革命本場の欧州ですら、革命当初はグダグダで大量の浪費、
    その後の建て直しに四苦八苦、なんて当たり前だったわけで。

    つまり日本は民主産業革命のスタートが遅かっただけで、
    スタート時点での状況は恵まれまくり。
    これ以上の国は他に見当たらないほど。
    その後しばらくたってからは、資源問題で四苦八苦だけど。
  656.  
  657. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2010年09月05日 23:04
    日本人の最大の特徴は「協調性」だろ
    個人個人が持っている力を掛け合わせることで大きな力としてきた
    日本を虫に例えるなら、蟻だろ
    飲みものに例えるなら、麦茶だろ
    やっぱ夏は麦茶だろ
  658.  
  659. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2010年12月25日 20:56
    自虐的というのは、自集団に問題点を見出して改善する原動力だと思うので、悪いことばかりではないと思う
    他罰的だと、いつもよそに責任転嫁して傲慢になる
  660.  
  661. 名前: 名無しさん  投稿日:2011年08月16日 03:45
    渡来系の民族というけど、
    その後数千年は隔絶した民族として
    独自性を保ってきたというのが
    正解だと思う。
  662.  
  663. 名前: a   投稿日:2012年09月02日 19:26
    先人に恥じぬ様な日本人でありたい
  664.  
  665. 名前: 名無しの散歩さん  投稿日:2013年05月12日 05:16
    日本貰った

    残念w

コメントを投稿する

←空欄可
COMMENT
   
SECRET  管理者だけにコメントを表示
   
  ※確認画面は出ませんので内容を今一度ご確認ください。

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

カーチャンと嫁が溺れてたらどっち助ける?

カーチャンと嫁が溺れてたらどっち助ける?日本が世界有数の先進国である理由自分のことチビだと思うチビ、チビにありがちなことをあげろwアフターストーリーを見てみたいアニメ、漫画、ゲーム勝ち組になったらなにが変わるのかな 「身長を伸ばそう!スクスクのっぽくん」
2007/11/24(土) 20:04:06 | 超暇つぶしブログ

11月27日のニュース

・教科書のキャラクターに萌えた件 (ESCAPISM AREAさんより) 最近の教科書はすごいっすねー。 まぁ、大学の教科書なんかは無骨なんでどうしようもないですが。 ・ネットの楽しみを語るスレ (ESCAPISM AREAさんより) &gt;&gt;1が哀れでしょうがないwww ・「桃太郎」にや .
2007/11/28(水) 01:47:29 | 朝からアニメ、寝るまでゲーム(;´Д`) 2ndEdition

日本の国民性がどこからくるのか考えてみる*

ヤバイ。日本ヤバイ。まじでヤバイよ、マジヤバイ。 日本ヤバイ。:アルファルファモザイク http://alfalfa.livedoor.biz/archives/51194352.html ベア速 日本が世界有数の先進国である理由 http://vipvipblogblog.blog119.fc2.com/blog-entry-86.html ブログちゃんねる:イギ
2007/12/30(日) 04:21:34 | あるSEとゲーマーのはてな
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。