2ちゃんねるまとめ ベア速  このエントリーを含むはてなブックマーク      

お気に入りサイトの最新記事


スポンサーサイト  このエントリーを含むはてなブックマーク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit  |  はてなブックマークに追加  |  --.--.-- (--) --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

頭いい奴がモノの仕組みをわかりやすく解説してくれると信じて  このエントリーを含むはてなブックマーク

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 02:37:27.80 ID:6odr9D3i0

光ファイバー
携帯電話
飛行機
エンジン

とりあえずこの辺の仕組みを頼む




19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 02:50:46.06 ID:6odr9D3i0

光ファイバーなんかさ、光がどうやって情報運ぶのかわかんないじゃん!
光ってアレでしょ?ピカーでしょ?どうやんの?

携帯なんて皆持ってるんもんなのにどうして正確に電波が届いちゃうの?

飛行機はこええな、誰もわかってないのに飛ばす勇気が凄い

エンジンはこの中では一番簡単そう

情報が0と1で運ばれるってことはわかるよ!




24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 02:55:11.89 ID:7fmwC/x90

>>19
光ファイバーは光の波長=情報なんだよ
テレビとかの電波も波長を変えて情報送ってるわけ




だと思う




30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 02:59:06.76 ID:h94hDQ2pO

>>19
簡単にいうと点滅するかしないかだけだよ
>>24の解説はまたちょっと違う
データを0と1だけにして、0を明かりがつく、1がつかない ってして送るの




31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 03:00:49.85 ID:6odr9D3i0

>>30
わかりやすい!
ケーブルの中がピカピカしてんのか!
光って速いもんな!そりゃ便利そうだな!




32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 03:02:06.86 ID:h94hDQ2pO

>>31
簡単に言えばね\(^o^)/




38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 03:05:19.78 ID:yVfiuH7OO

ただの伝線は伝線の中を0くんと1くんが走ってくるんだよ。0くんも1くんも全速力で走るけど限界があるし、伝線の中は狭いから後から来たやつらが詰まっちゃう。

ところが光ファイバはもうヤバい。0くんと1くんもう飛びまくり。光の速さで飛びまくり。速いからケーブルの中で渋滞せずにスイスイ。マジ首都高の走り屋。




40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 03:09:36.01 ID:6odr9D3i0

>>38
光最強だなwwwwwww
今まで走ってたのは電波?




42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 03:10:17.50 ID:h94hDQ2pO

>>40
電子君




46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 03:11:57.94 ID:6odr9D3i0

>>42
電子って分子とかの授業で出てきたあれだよな?
結構便利なんだなー




54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 03:15:33.34 ID:Y+PE0cp20

>>46
でもな、電子って銅線の中を秒速0.1mmとかで動いてるんだぜwww




165 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 03:45:15.53 ID:KY2rTFIZO

光ファイバーも無線も特定の波長を変調させて信号を送ってるんじゃなかったっけ?
波長が違うから信号が混ざらない。




176 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 03:48:53.12 ID:F5eKJjAc0

>>165
ラジオはAM(振幅変調)とFM(周波数変調)だな
光ファイバーは知らんけど俺なら変調するな。高周波に乗せた方がエラーが少ないからね。
それにラジオだって光だしな。






20 名前: ◆BRD/.C2tvk [] 投稿日:2008/02/20(水) 02:50:46.50 ID:bHu1Ay420 BE:1209964695-2BP(301)

ダークマター(暗黒微笑)




388 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 05:09:08.98 ID:OGn6/UBxO

>>20
それなんだったっけ
めちゃくちゃ懐かしい気がするけど一年ぐらい前だっけ?




405 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 05:15:11.73 ID:F5eKJjAc0

>>388
ダークマターってのはね、宇宙が今膨張してるけどこのままずっと膨張するのか
ある大きさまで近付いてって止まるのか、はたまたいづれ収束に転じるのかを議論したさいに
宇宙の中にある惑星の重さの合計がある値よりすっごい重ければ重力で収束、ある値より軽ければ膨張
って感じである値(オメガと名付けられてた)と宇宙の重さを比べようとしたのね。

んで実際は宇宙の膨張速度は今見えてる星の分布にしちゃ遅いと、もっと思い星がなきゃおかしい!ってなった
そんでダークマター(見えないけど重い星)説を考えたわけさ。




417 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 05:17:57.00 ID:KmTFJl6b0

測ったのは膨張速度じゃなくて銀河の質量だったような
それに星というか天体




434 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 05:23:32.53 ID:F5eKJjAc0

>>417
昔読んだ本のうろ覚えな上に、専門家でない人がわかるような書き方をしたから不十分や誤りが多いかもしれぬ。






51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 03:14:29.50 ID:KmTFJl6b0

なんで脳みそは記憶することができるんでせうか?




53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 03:15:27.55 ID:h94hDQ2pO

>>51
たんぱく質が電質変化するから
wikipediaが詳しいよ






39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 03:07:51.48 ID:vGwn3RqAO

質問

飛行機が飛ぶ理由がまだわかってないって言われるけど、その「理由」ってどの程度なの?

つまり、極論すれば、実際に作って飛ぶことを確かめた時点で「飛行機が飛ぶ理由がわかった」ってことになるでしょ

流体力学的なシミュレーションでは飛ばないけど、実際にはなぜか飛ぶ、ってこと?




45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 03:10:56.32 ID:56SW6z5f0

>>39
飛ぶってことを確かめたっていうのはただの経験であって
飛ぶ根本的な理由とは違うでしょ
確かに飛ぶんだけど何故飛ぶことができるのかわからないってこと




64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 03:19:13.86 ID:B+OoOJES0

飛行機は翼の上の圧力が下の圧力より弱いから押し上げられて飛ぶんだろ




69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 03:20:11.60 ID:h94hDQ2pO

>>64
って言いたくなるよな

まぁ反作用なのかな、と




74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 03:21:37.45 ID:B+OoOJES0

>>69
基本的なことはベルヌーイの定理じゃないの?




212 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 03:58:42.74 ID:tU8QSZYx0

飛行機の飛ぶ仕組み

ベルヌーイの定理+流線曲率の定理でOK

離陸時にジェットエンジン等の推力によって翼周りに気流をつくり
揚力を発生させる

ちなみに
グライダー、スペースシャトルは滑空で自力で離陸することは適当な
環境を選ばなくてはならない

以上




606 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 06:21:43.80 ID:e5TpuxPG0

今北で飛行機の話だけど、
翼の上の空気の密度が薄くなって飛ぶって考えられてたけど、
翼の上は空気の流れる速度が遅くなってることが最近分かって、
じゃあ密度薄くなんねえじゃんってのが今の話




619 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 06:25:17.09 ID:F5eKJjAc0

>>606
その話は知ってる。そもそも翼の前で別れた流体が後で同じやつと合流するってのが間違いなんだっけ?
それでも総圧っていうのかな、差ができるんじゃないの?




634 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 06:29:51.79 ID:e5TpuxPG0

>>619
同じのが合流するというのは間違い。それで翼の後ろに渦ができて、
それで飛ぶんじゃね?って考えがあるけど、渦はほとんど謎のもの
ってかこの知識が2006年後半の知識だから今もっと進んでるかも






52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 03:14:51.81 ID:6odr9D3i0

よし、あとは携帯だ!
携帯って言うかアンテナかな?
アンテナって何で正確に電波をキャッチできるの?
ただの細い金属にしか見えないんですけど




59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 03:16:42.83 ID:h94hDQ2pO

>>52
簡単に言えば長いほうが飛んでるモノがひっかかりやすい
八木アンテナって日本人が作ったんだぜww
ベクシンスキの絵に描いてあってワロタ




65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 03:19:25.97 ID:6odr9D3i0

>>59
飛んでるものを引っ掛けるのはいいんだけどさ、
テレビの電波とかラジオの電波とか無線とかいっぱいあるじゃん?
なんで正確に引っ掛けられるの?




78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2008/02/20(水) 03:23:20.15 ID:YBNRP4wT0

>>65
全部ひっかけてから取捨選択、あとはわかるな?




86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 03:24:58.03 ID:6odr9D3i0

>>78
マジでwwww全部引っ掛けてんのwwww
じゃあアンテナってラジオのもテレビのも一緒って事?




88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 03:25:46.87 ID:YBNRP4wT0

>>86
当然それぞれの電波の取捨選択用にそれぞれ種類がある
あとはわかr(ry




92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 03:27:03.41 ID:6odr9D3i0

>>88
ごめんwwwわかんねwwww
取捨選択ってのはアンテナがやってんの?
ラジオとかの本体がやってんの?
それはどうやって?




98 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2008/02/20(水) 03:28:06.55 ID:rvd02PLK0

>>92
特定の周波数だけひっかかるようになってんだよ




103 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 03:29:31.84 ID:yVfiuH7OO

>>92
釣りしたことあるか?
釣りでは釣る魚によって釣り針を変えるんだ。その魚にあった釣り針を使わないと上手く釣れないんだよ。
つまりそういうことじゃねぇかなぁ






94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2008/02/20(水) 03:27:32.60 ID:rvd02PLK0

どなたかエアコンの仕組みと、なんでパソコンはプログラミングができるのかって仕組みを教えてください




109 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 03:30:55.43 ID:Y+PE0cp20

>>94
スプレーを長時間噴出したら缶冷たくなんじゃん?アレと一緒wwwww




110 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 03:31:09.32 ID:7fmwC/x90

>>94
エアコンの中に冷媒ってのがあって、
それが熱を吸い取るわけ(変な表現だけど)
で、その熱を外に放出






108 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 03:30:29.32 ID:AVUnaBQi0

俺が「赤」だと感じている色が、他人にとっては
俺の知覚でいうところの「青」かもしれないとか、そういうのを
どうにかして証明できない?




115 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 03:32:35.84 ID:h94hDQ2pO

>>108
方法を聞いているんか
色相環でも見せれば?




151 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 03:41:46.89 ID:AVUnaBQi0

>>115
それ見せても多分わかんないんじゃない?




174 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 03:47:38.59 ID:iHE+H5FDO

>>151
人の網膜には、赤色と青色と緑色だかを感知するセンサーみたいな細胞があって、人それぞれ、その働きが微妙に異なる。

光というのは、赤色と青色と緑色に分けられる。いわゆるRGBだな。

だから、赤色を感知する細胞の働きが弱ければ、赤色を赤色と認識しづらくなる。

色盲も同じ




234 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 04:04:06.99 ID:AVUnaBQi0

>>174
それはわかる。センサーの固体差ね。
俺が言いたいのは、AさんとBさんが「全く同じセンサー」を持ってたとして
同時に同じ「赤」を見た場合、AとBが同じ赤さを経験してるのかなって疑問。
もしかしたらBはAにとっての「青さの経験」をしてたりしないのかなって。頭こんがらがってきたすまん
>>177
とりあえず証明はできないってことだな。サンクス




249 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 04:08:56.20 ID:CEKdR/jD0

>>234
残念ながら、そういうことはありません
赤さ、青さ、は脳みその中にあるのではなく、人と物の関係、人と人の関係の中にだけ存在する
もし、脳みそのデータを直接読んで、その人がどういう感覚を抱いてるか、読み取れるとしても
結局そのデータを解釈するのは他人なので、他人と共通する感覚、としてしかとらえられない






132 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 03:35:54.54 ID:oje6Mq8v0

地デジって何で綺麗なの?




138 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 03:37:49.94 ID:h94hDQ2pO

>>132
まず綺麗にうつる原理
これはでかい画像をちっちゃく(テレビサイズに)するからなんか綺麗っぽくなる
んでこのでかい画像をおくるにはデジタルがいい
んで地デジ




140 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 03:38:49.59 ID:oje6Mq8v0

>>138
きめ細かいってことだね。






175 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 03:47:54.96 ID:yVfiuH7OO

ジャイロって不思議だよなぁ。というわけで何故回るコマは倒れないのか教えてくれ




181 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 03:49:45.81 ID:h94hDQ2pO

>>175
核運動量保存の法則




185 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 03:50:59.81 ID:F5eKJjAc0

>>175
解析力学ってのがあって基本的には重力とか単純な力と
モーメントを考慮したシンプルな微分方程式を解けば倒れない解があるってわけだけど
哲学的に説明するのは難しいな。




206 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 03:57:44.45 ID:yVfiuH7OO

>>181
回ってる間は見えない力に吊られたり支えられたりしてるって感じ?

>>185
わからなくなってきましたよ^^;




226 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 04:01:49.13 ID:F5eKJjAc0

>>206
コマの回転軸が机に垂直ならばイメージしやすいけど
最初から傾いた状態で回せばさいさ運動するし、
実際方程式解かないとどういう風に安定するか分かりづらいもんなんだよ。




237 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 04:05:33.89 ID:yVfiuH7OO

>>226
さいさ運動って多分見たことはあるけどわけがわからんな……
とりあえずそういうもんだって思っとくことにしたwww




244 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 04:07:45.24 ID:F5eKJjAc0

>>237
さいさ運動ってのは回転軸がゆっくりぐるぐる回る運動な
コマの回転速度よりゆっっくり真上を中心にぐるぐる




252 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 04:11:18.75 ID:yVfiuH7OO

>>244
回転が遅くなったコマがよく陥る状態でしょ?




256 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 04:12:13.40 ID:F5eKJjAc0

>>252
exactly!!
その通りでございます。






186 名前: ◆BRD/.C2tvk [] 投稿日:2008/02/20(水) 03:51:27.49 ID:bHu1Ay420 BE:268881825-2BP(301)

俺はどうやってパソコンが動いているのかを知りたい




189 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 03:52:51.58 ID:CEKdR/jD0

>>186
最終的には、トランジスタという部品で、電気を使って、1か0か、という状態を記憶してる
それを組み合わせて、文字になったり、グラフィックになったりしてる






192 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 03:52:59.75 ID:B+OoOJES0

ナビエ・ストークス方程式ってなに?




202 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 03:56:29.06 ID:F5eKJjAc0

>>192
簡単に言えば流体の密度・速度・力に関する微分方程式

例えばだ、川のある点と僅かに離れた点で密度や速度が極端に違ったらおかしいだろ?
流れってのはなんでもなめらかであるっことを取り入れた簡単な方程式ね。
流体力学の聖書みたいな式。






197 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 03:54:40.38 ID:PBKnvdS/0

なんで白髪って生えてくるの?




201 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 03:56:18.11 ID:h94hDQ2pO

>>197
たしか構成するたんぱく質の色素が作られなくなる






200 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 03:55:55.47 ID:Yglf8DCD0

哲学(笑)




208 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2008/02/20(水) 03:57:48.92 ID:rvd02PLK0

>>200
哲学って科学とか物理学とか数学とかそういう理系科目のほうに属すんだぜ?




220 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 04:00:24.94 ID:Yglf8DCD0

>>208
哲学は学問であって科学ではない




228 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 04:02:15.82 ID:56SW6z5f0

>>220
科学も学問




263 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 04:14:27.02 ID:F5eKJjAc0

科学ってのは科学的手法を用いて自然現象を解明していく学問のこと
科学的手法というのは再現性や反証可能性をもっている仮定や帰結を導くこと
科学にとって再現性や反証可能性がなくてはならないという考え自体は哲学






209 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 03:57:56.52 ID:9ssueESs0

CPUとかどうやって作るの?それを作るのにはパソコンがまた必要じゃないの?あれ?




211 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 03:58:42.13 ID:CEKdR/jD0

>>209
正解。今のレベルのCPUは、人間の力じゃとても設計できない




223 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 04:00:57.74 ID:9ssueESs0

>>211
CPUの元?最初にできたCPUって何なの?てか誰が作ったんだよ。




240 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 04:06:23.13 ID:F5eKJjAc0

>>223
CPU=集積回路→トランジスタ→真空管→オペアンプ
早い話電流ながすとそれを増幅したりしなかったりする回路部品の集合体

ちなみにICとかLSIなんかを半導体とひとくくりにするのは好きじゃない。
あくまでトランジスタの材料に半導体であるシリコンやゲルマニウムを使ってるだけ。
半導体≠ICな






269 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 04:16:14.82 ID:6sWU7UjHO

方位の北と南が入れ替わる時って一瞬でかわるの?無磁場状態による最も大きな障害って何?




272 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 04:17:49.04 ID:h94hDQ2pO

>>269
無磁場になったらバンアレン帯が消えてやばい
ちなみに一瞬で変わるっていうか、真っ直ぐになって倒れるだろうな




273 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 04:18:04.57 ID:F5eKJjAc0

>>269
棒を地面に立てて手を離したら倒れるけどそれを一瞬と判断するかどうかはおまいの気分次第




277 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 04:20:22.87 ID:6sWU7UjHO

>>272-273
地球倒れるの?




282 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 04:22:36.35 ID:F5eKJjAc0

>>277
吹いたww
てっきり一瞬てのはコンパスをイメージしてんのかとww
方位が変わる場所と言えば例えば北極点とかだろ?
超敏感な計測器を持って「一瞬」で立ち位置変えれば「一瞬」で南北入れ替わるんだろうな。






351 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 04:55:41.60 ID:KY2rTFIZO

アト秒のパルスがあるらしいんだけど、
アト秒ってどうやって計測したの?




365 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2008/02/20(水) 05:01:39.93 ID:F5eKJjAc0

>>351
多分だけどセシウム原子時計と同じ理屈じゃないかな?
ストップウォッチみたいので測るんじゃなくて例えば

原子に100Hzの電磁波(光)を当てると励起する(発光する)ことがわかってる物体がある。
それに適当な光を周波数変えながら入射して光れば、その時の光が100Hzだったことがわかる。
1秒間に100回振動するんだからその光をオシロスコープなんかで見たときに1波長分が1/100秒だと分かる。






353 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 04:57:04.99 ID:ykPAOnF/0

テレビの原理を三行で、
平均的な小学生一年生にも分かるレベルで説明してくれ




368 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2008/02/20(水) 05:02:58.65 ID:F5eKJjAc0

>>353
ブラウン管

・電子を飛ばす
・電場で曲げる
・スクリーンに当て発光させる






358 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 04:59:03.04 ID:j/+oR12y0

レントゲン?つーのかわからんけど、
機械の中に人が入ってから動作させると
人の中身、脳みそとか脂肪とかが画像データになる機械

なんで体の中身まで見えるんですか?




370 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 05:03:15.14 ID:CEKdR/jD0

>>358
水分量によって、通る量がちがってくる
人間の体を、串で刺して、この角度だとこのぐらいの手ごたえがあった、
ということはこの部分は物が詰まってるにちがいない、
というようなことを、360度全方向からやって、組み合わせで膨大な計算をしてる






363 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 05:00:30.51 ID:jiMtGjrx0

温度って、どうやって決めてるの?




379 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 05:05:24.31 ID:7fmwC/x90

>>363
温度といっても単位によって違うんじゃないかな

この辺は明らかにF5eKJjAc0の得意分野なので任せた




393 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 05:10:40.14 ID:F5eKJjAc0

>>363
>>379
えーとね℃の定義は水が氷になるとこ0℃沸騰するとこ100℃にして100等分したのが1℃ってのは有名だよね。

実際の計測方法だけど体温計みたく熱膨張による液面の上昇で測ったり
抵抗温度計(物質の電気抵抗は温度で変わるから)や熱輻射温度計(熱さに応じた周波数の光を計測する)
ってとこかな。




402 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 05:14:19.38 ID:jiMtGjrx0

>>393
温度を100等分するってのが判らないの。
0℃から1℃の1℃と、99℃から100℃の1℃が等しいのはどうやって検証するの?




420 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 05:18:28.45 ID:F5eKJjAc0

>>402
線形性の議論だね。

ある理想的な物質の抵抗が0℃で1Ω、100℃で101Ωだったとする。
0℃から理想的に物質を熱していき、同時に抵抗を測っていったときに
抵抗と熱した時間のグラフが直線になればいいわけだ。
実際にはそうはならないけどそこはうまくやるのさw




428 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 05:21:26.32 ID:vGwn3RqAO

>>402
たとえば体積を使って分割する

100度と0度を水で決めておいてから、
100度におけるある気体の体積をV
0度におけるその気体の体積をv
とすると
その気体の体積がxであるときの温度は
100×(x-v)/(V-v)
っていう風に




479 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 05:35:34.19 ID:jiMtGjrx0

>>420
ごめん 線形性ってのは、さっぱい知らないんだ。
つまり、流動的な動きをみてそれを分割して考える でいいのすか?

>>428
なるほど。
測定器の話ですよね?




484 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 05:38:35.65 ID:F5eKJjAc0

>>479
線形性ってのはまぁホラ、グラフ書いたら直線的かどうかってこと。
他の人の体積の例も水が温度に対し直線的に変化するなら決めやすいし、
実際は誤差があったり抵抗温度計だとそもそも指数関数的だから決めにくいとかって話ね。




486 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 05:38:41.81 ID:Y+PE0cp20

>>479
線形性ってのはグラフにしたときにどれだけ直線か
直線からずれていても、スケールとしては1対1対応ができればいいから
どれだけずれるかを知っていれば補正ができる






371 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 05:03:20.27 ID:q19HGf47O

蛍なんですぐ死んでしまうのん?




381 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 05:06:09.19 ID:F5eKJjAc0

>>371
節子!それはドロップやない!石や!




390 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 05:09:37.69 ID:q19HGf47O

>>381
把握した






406 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 05:15:32.00 ID:Om0yhEqeO

ブルーレイは今までのDVDとかと違って
赤色ではなく青色のレーザーを
使ってるから高性能だと聞いたんだが

何故青色のレーザーだと性能が良いのですか?




431 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 05:21:51.94 ID:F5eKJjAc0

>>406
記録するのもそれを読み取るのも君がかわいこちゃんを見るのも全ては光が当たってその反射を見てるのね。

光は波の性質があって、波が細かくないとものを通り抜けちゃう。だから細かい波の方が細かいものを見るのに
適してる。そして青い光は赤よりも細かい(波長が短い)からより細かく記録、読み込みできるんだよ。

たとえるなら細かいもの測るときはメモリ1cmきざみのジャンボ定規より1mmきざみのミニ定規の方がいいってこと。




432 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 05:22:34.16 ID:D6K3Lq9j0

>>406

赤の波長は大体700nm(10億分の700m)
青の波長は大体350nm(10億分の350m)

青の波長は赤の波長の半分なので
ディスクの溝幅が狭くても青光線は認識できるため






435 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 05:23:42.38 ID:2VZXAdg60

ブラックホールの中ってどうなってるの?




458 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 05:29:18.61 ID:ryJzd8p90

>>435
ブラックホールの中身には密度、重力が無限大である特異点があるらしいよ
でもその性質についてkwsk議論はできないみたい
よくわかんないから




439 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 05:26:00.75 ID:F5eKJjAc0

>>435
最近アメリカの物理学者が、ブラックホールは存在しない(orできない)って論文出したw
どうなんだろうねw




448 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 05:27:54.55 ID:FC5XaBY60

>>439
それ聞きたい。どういう理屈?




461 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 05:30:07.40 ID:F5eKJjAc0

>>448
もちろん論文を読んだわけじゃないけどどうやら、重力崩壊のエネルギーのせいで
惑星はぶっとんで、そんなに超高密度に凝縮されないことを理論とシミュレーションで確かめたらしい






467 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 05:31:56.03 ID:oje6Mq8v0

何でマイクロソフトはめっちゃ売れたの?
ウィンドウズの何が凄いの?これすげー疑問だった




470 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 05:33:04.32 ID:ryJzd8p90

>>467
扱いやすいから




472 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 05:33:32.24 ID:CEKdR/jD0

>>467
IBM PCがバカ売れしたとき、たまたまバンドルされていたのが安く作れるMS-DOSだった






481 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 05:36:16.74 ID:fOcJAXAN0

いまトイレ行ったんだけどさ

オナニーして射精したらトイレ行きたくなるのってなんで?どうして?




489 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 05:40:00.95 ID:KY2rTFIZO

>>481
射精の前後は尿道が中性になっています。
よって雑菌が繁殖しやすく危険な為、
オシッコをしてアルカリ性に戻します。
膀胱炎防止のため、ちゃんとオシッコをしましょう。






485 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 05:38:38.13 ID:2VZXAdg60

なんでヨーロッパは発展したの?




501 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 05:45:23.69 ID:F5eKJjAc0

>>485
文明レベルの話なのか近代史の話なのかで変わってくるなー。
現在はヨーロッパは衰退だと思う。そして日本も同じ運命を辿るよ。




509 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 05:49:20.78 ID:D6K3Lq9j0

>>501
19世紀 ヨーロッパの世紀
20世紀 アメリカの世紀
21世紀 アジア(≒中国・印度)の世紀

個人的にはこんなイメージがするww

日本は中国の影にどんどん隠れていきそうで鬱




516 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 05:52:52.22 ID:F5eKJjAc0

>>509
アジアは伸びるけどアメリカを超えることはないよ。
単に技術力だけの話じゃなく、例えば世界中の(日本も含む)飛行機会社がアメリカ(ボーイング)の圧力に屈したか・・・

日本でも昔東大の研究室が半導体のファームウェア用に最適なすばらしいOS開発したんだけど、
結局アメリカが文句言って日本政府が企業とその研究室にOS開発のストップかけたこともある。

平和に見えて軍事力がモノを言う世界なんだぜ






523 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 05:55:29.25 ID:Utsg2PE7O

透視カメラの仕組みは?




525 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 05:55:53.06 ID:F5eKJjAc0

>>523
赤外線




528 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 05:56:56.60 ID:Utsg2PE7O

>>525具体的に

詳しく




535 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 05:58:35.47 ID:fOcJAXAN0

>528
服ってのは人間の目には光が通らないように作ってある
でもたまたま赤外線は通ってしまう(通らない服もあるけど)
だから赤外線を感じるカメラで見たら透けて見える(事もある)






529 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 05:57:38.32 ID:tm/qBRodO

日本の裏側まで人の通れるパイプを通してそこに飛び降りたら
簡単に日本とブラジル行き来できるの?




545 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 06:00:37.31 ID:Vw0AYNE5O

>>529
そうするとブラジルから見たら人が重力に逆らって出てきてしまうではないか




556 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 06:03:56.25 ID:F5eKJjAc0

>>545
いや普通に通り抜けられると思うんだが違うかな。
落下すれば地球のド真ん中までグングン速くなって
ド真ん中からブラジル側まで減速されて
空気抵抗とか無視して地球が完全な球なら落ちた時の速度でブラジルから出てきそう。




589 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 06:15:20.52 ID:D6K3Lq9j0

日本からブラジルまで穴を開けて
マントルとか無視して、空気抵抗も地球の自転等々も無視すれば
自由落下だけで行ける

この時、2529秒(≒42分9秒)でブラジルに到達する




593 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 06:16:42.21 ID:F5eKJjAc0

>>589
ご苦労様www
ずっと計算してたのかwwww




596 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 06:19:05.07 ID:fOcJAXAN0

>593
大阪から東京までまっすぐ穴掘っても同じ時間なんだぜ




599 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 06:19:17.90 ID:D6K3Lq9j0

計算かなりてこずったのは内緒wwww




600 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 06:20:08.29 ID:F5eKJjAc0

>>599
気になるのは最高到達速度だなww頼むwww




639 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 06:30:52.43 ID:D6K3Lq9j0

>>600
最高速度、秒速7.9km/s

おお!これって第一宇宙速度やん・・・




645 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 06:32:44.26 ID:vGwn3RqAO

>>639
よく考えたら第一宇宙速度と同じになるの当たり前だなw




652 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 06:34:22.89 ID:H14/qinL0

>>645

kwsk




659 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 06:38:09.33 ID:vGwn3RqAO

>>652
詳しくいうのはめんどくさいけど
例のトンネルを落下する物体の運動は、第一宇宙速度で地表面ギリギリをぐるぐる回る物体の位置を、トンネルの軸上に正射影した運動になる
つまり単振動
だから最大速度は第一宇宙速度といっしょ






655 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 06:36:45.79 ID:2VZXAdg60

重力つながりで思い出したけど、
重力って距離の2乗に反比例だよな?
じゃあ重さのある粒子同士が衝突した瞬間に重力無限大になって
やばいことにならないか




661 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 06:39:13.57 ID:F5eKJjAc0

>>655
そのまえに電子のクーロン反発力ではじかれるぜ
核力ないと接触できない。
おまえが毎日揉んでるピンク乳首のおぱいも実はその表面の電子にはじかれて触れてないんだぜ




667 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 06:40:31.46 ID:2VZXAdg60

>661
じゃあ核力でぶつけたらどうなるのよ?
あとおっぱいは揉んだことない




674 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2008/02/20(水) 06:44:57.09 ID:mRNDvQHmO

>>667
> あとおっぱいは揉んだことない

泣いた




681 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 06:48:17.64 ID:F5eKJjAc0

>>667
ここでいう核力ってのはπ中間子みたいな近距離力の接着剤ね。
すんごい勢いでものぶつけてもやっぱりクーロン力ではじかれるけど
そもそも俺らの日常で感じてる力と同じわけだし当然反作用もあって、
「触れないけど削り取る、あるいは砕く」ことはできるよ。
本当の意味で接触するのはパウリの原理からして不可能じゃないかな




658 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 06:37:40.72 ID:F5eKJjAc0

でもマジで重力の変化まで計算したのかいな?

マジでやろうとすると自分より上方の大地の質量の重心とかってどうやったんだ?

そういや穴が空いた平面図形の重心求める問題苦手だったなぁ・・・




665 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 06:40:03.00 ID:Y+PE0cp20

>>658
物体の位置rより外の球殻部分の重力は4π積分すると相殺する




672 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 06:43:39.25 ID:F5eKJjAc0

>>665
んー電荷と電場みたいな感じなんだろうけど想像できんのお・・・
外郭を無視していく方法だとさ例えば地球が表面に質量が集まってて中空の球だったらどうすんだ?




691 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 06:55:49.85 ID:F5eKJjAc0

誰か>>672を説明してくださらんか?
電荷球の内部の電場を求める事と地球内部の重力を求める事が同じってことがピンとこない俺は終わってるのか




693 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 06:57:07.25 ID:KmTFJl6b0

>>691
殻だけだと殻の中は無重力だらう




711 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 07:06:57.68 ID:vGwn3RqAO

>>691
密度一様の球郭内部はポテンシャル一定であることの説明?
積分するのが一番早い、そんなにややこしくない計算だったはずです

・クーロン力も重力も逆2乗則
・金属球に与えられた電荷はお互い反発し合って表面に集まり、電荷のある部分は球郭状になる
・金属球の内部は等電位




715 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 07:11:15.29 ID:F5eKJjAc0

>>693
>>711
㌧クス。
もう一度電磁気の教科書読んでみるわ。




723 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 07:18:54.57 ID:D6K3Lq9j0

>>715
vlliveg011678.png

の図のC地点の重力で

球殻Aの部分から左に作用する重力と
球殻Bの部分から右に作用する重力が等しい
(ただし、力が距離の2乗に反比例する場合。
力が距離の3乗とかで反比例する場合は釣り合わないよ)


θは1度だろうが10度だろうが関係なくAとBの重力は互いに相殺されるので
θを180度にするとうまく球殻全体で考えられる






686 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 06:52:13.28 ID:H14/qinL0

誰か量子コンピュータの仕組みを




718 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 07:13:50.43 ID:6lVtbp9A0

>>686
従来のPCは0と1の組み合わせで行われるが、量子コンピュータでは0と1が不確定な状態というのも含まれる。
それを任意で複数回使用する方法は現在研究中。






746 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 07:35:17.28 ID:sc+8G77N0

お湯が沸くとなんでぼこぼこ言うの?
たまにそこから気泡が浮かんでくるけど
あれなんなの???




751 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 07:37:56.75 ID:ryJzd8p90

>>746
水蒸気ですね
水の表面だけでなく内部からも蒸発が起こる、つまりはそれが沸騰するってことですわ




755 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 07:39:18.26 ID:sc+8G77N0

ふむ、ではなぜ
真空状態に晒された水は沸騰、蒸発するのですか?




759 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 07:41:10.65 ID:ryJzd8p90

>>755
普段は水も俺達も大気の圧力によって押さえつけられているわけよ
その力がなくなれば、当然水の内部から外側に向かう力が働くわけで
パーンといっちまうわけ






809 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 07:56:05.41 ID:2VZXAdg60

スレタイから外れるけど、学校の教師って大して頭よくない人間おおいよね。




820 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 07:59:06.85 ID:6lVtbp9A0

>>809
学問を追及するもの=研究者
学問を伝達するもの=教育者




821 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 07:59:06.77 ID:ryJzd8p90

>>809
だからこそ今は一般的な知識のみならず専門的な分野における知識が問われてるんじゃなかったか?
もっとも、一番必要だと思うのは経験だとおもうが






941 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2008/02/20(水) 08:48:36.17 ID:LTxO3Kkm0

物理ばっかりで解答できないから寂しいよ




942 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 08:49:14.71 ID:vGwn3RqAO

>>941
何がお得意ですか?




948 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2008/02/20(水) 08:51:42.91 ID:LTxO3Kkm0

>>942
なまもの




963 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 08:57:22.71 ID:vGwn3RqAO

>>948
人間の体って内部が左右非対称だけど、あれってほとんどの人が同じ向き(胃は左上から右下へ、とか)だよね
あれなんで?

発生するとき、左右対称な受精卵から始まるのに、どうやって体を作っていく仕組みは左右を区別してるの?




970 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2008/02/20(水) 08:59:55.85 ID:LTxO3Kkm0

>>963
第一卵割面(一つの受精卵が二つの細胞に最初に分かれるときの位置な)は細胞に対して縦に割れて、そこが基本的には正中線(身体のまん中)になると思っていい
発生学もそこまでなんでもわかってるというわけではないが、受精時に精子がはいった部分を基準に卵子の中の誘導物質の濃度が変化して調整しているらしい




971 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 08:59:57.99 ID:wAeHkDdRO

>>963
そーゆー情報は全てDNAにプログラミングされてる




977 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 09:05:22.86 ID:vGwn3RqAO

>>970>>971
じゃなくて、左右が非対称になるようにDNAに書いてあるのはわかってる
体が出来ていくとき、どっちが右でどっちが左なのかをどうやって調べるの?ってこと

例えば植物は重力とか日光を使って上下を区別して、根と茎を延ばす方向を決めるわけじゃん
じゃあ人間の体は何をつかってどっちに心臓を作るべきかを判断するの?っていう




980 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2008/02/20(水) 09:06:54.95 ID:LTxO3Kkm0

>>977
元々受精卵の段階で上下は決まってる




984 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 09:13:39.40 ID:vGwn3RqAO

>>980
受精する前の卵子は完全に球対称?




988 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2008/02/20(水) 09:16:37.25 ID:LTxO3Kkm0

>>984
縦方向の軸はある
つまり「上」と「下」は決まってる




991 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 09:18:19.31 ID:Y+PE0cp20

>>988
じゃあ上か下の極に受精したらどうなんの?




993 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2008/02/20(水) 09:20:55.62 ID:LTxO3Kkm0

>>991
………どうなるんだろうねぇ

ぴったり動物極か植物極に受精したら正常に発生できなくなりそうだが実験するのは難しいだろうしなぁ




995 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 09:21:44.96 ID:wAeHkDdRO

>>991

受精は精子が卵子の中に入るから極はないと思う




996 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 09:22:33.61 ID:vGwn3RqAO

卵子は、上下はあるけど左右はないわけね

左右対称な環境で動く左右対称な装置は、左右対称なものしか作れないはず
だから、生物の発生においてどこかに左右非対称なものがあるはずなんだけど、それがなんなのかわからん
もちろん、左右対称な環境で動く左右対称な装置は、左右非対称なものを作ることはできないから、その左右非対称なものは最初からあるか外部から与えられるべきだ

精子か?




2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2008/02/20(水) 09:27:05.38 ID:LTxO3Kkm0

前スレ>>996
発生の最中に細胞は自力であっちに泳いだりこっちにくっついたりとかなり動き回ってるんだけどな
つまり正中線さえ受精の時に決まっていれば情報としてこの時点で右に行けとか左に行けとか記述してあるだけで
左右非対称な構造を作れるよ




9 名前:前スレ996[sage] 投稿日:2008/02/20(水) 09:34:04.27 ID:vGwn3RqAO

>>2
なるほど
卵子によって対称面が決まっていて、精子によって非対称性が与えられる、と

で、さらなる質問があるんだが
精子の非対称性はもち父親の非対称性によって生み出され、父の非対称性は…と続くわけだが
最初の非対称性は何?

抽象的な質問でスマソ




20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2008/02/20(水) 09:38:39.00 ID:LTxO3Kkm0

>>9
タンパク質の鏡像異性体か、あるいはRNA,DNAが非対称性分子であることかな






6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 09:31:55.03 ID:3FQ5t2fcO

質問があるよ。
人間より遥かに小さい虫は空を飛べるのになぜ人間は飛べないの?




17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2008/02/20(水) 09:37:52.62 ID:LTxO3Kkm0

>>6
身体が小さいほど表面積に較べて体重が小さくなる
密度1g/cm^3の物質で出来た一辺1cmの立方体は1グラムで、表面積は6cm^2だが
同じ物質で出来た一辺10cmの立方体は1000グラムで表面積は60cm^2だ

そして羽根が生み出す飛ぶための揚力は基本的に表面積に依存するのに対して、持ち上げなければいけない体重はもちろん重量に依存する
つまり小さい方が体重に較べて大きな羽根をもてるというわけ

生きものでも機械でも出来るだけ小さい方が飛びやすくて、大きな生きものにとっては飛ぶことは大変だけど、小さな生きものは簡単に手軽な消費で飛べる
ミズカマキリやゲンゴロウは羽根を持っていて飛ぶけど、普段は使わないよな。でも鳥くらいのサイズになると飛ばない暮らしになるとすぐに飛べなくなってしまう






111 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 10:17:57.21 ID:2VZXAdg60

ギリシャやローマの文明って進んでたっていうけど、
他の地域どれだけ未開だったんだよ




117 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2008/02/20(水) 10:20:36.08 ID:LTxO3Kkm0

>>111
一般にギリシャローマ時代というと西暦がはじまる前から始まった後とかそのあたりになるわけだが

そのころ日本では歴史で習ったあの金印貰って喜んでるとかそう言うレベル




120 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 10:24:43.14 ID:2VZXAdg60

>117
服着ないとか、赤ん坊ゆでて食べるとか、
それが普通ってぐらいのレベル?
ガスも水道も無いローマ人から蛮族呼ばわりされるゲルマン人って…




122 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2008/02/20(水) 10:27:17.78 ID:LTxO3Kkm0

>>120
卑弥呼の時代が西暦300年よりちょっと前だから、その300年前って言った方がわかりやすいかな
まぁ、日本みたいに暑い地域だと腰ひもだけでもまったく不自然じゃなさそうだがw

流石にガスはないが、ローマといえば水道橋だろう、水道はあったよ。
水洗トイレもあったし、アパートは5階建てとかな。
属州から集まってくる富のおかげで働かなくても飯が食えるからローマ市民はもう兵役義務さえ果たせば後はニートみたいな。






130 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 10:30:59.37 ID:i/Gsz9J+O

燃えるって何?
急激な酸化反応ってのはわかるんだけど、なんで紙が燃えると炭化すんの?
しかも燃えてるとこに紙が近付くとなんで燃え移るわけ?

教えて、えろいひと




131 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2008/02/20(水) 10:32:37.14 ID:LTxO3Kkm0

>>130
燃えると炭化するのは
燃焼の時十分な酸素がないから水素だけが酸素と結合して炭素の一部が取り残されるため

燃え移るのは単純に熱せられて発火点を超えるから




144 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 10:38:48.72 ID:XK2oMStk0

>>130
紙の妖精さんと酸素の妖精さんがセクロス合体すると、
二酸化炭素の妖精さんと炭の妖精さんに超進化する。

しかし両者がセクロスに至るには周り妖精さんのふいんき(なぜか変換できない)が必要なんだ。
それが温度。
つまり火は抜きネタってことね。






136 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 10:36:31.60 ID:2VZXAdg60

人間と動物って違うの?だとしたらどう違うの?




145 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 10:39:16.10 ID:6lVtbp9A0

>>136
脳が大きく違う。
大きさじゃなくて神経細胞が発達していて脳全体を網羅している




155 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 10:43:21.22 ID:/pQ+mo8FO

>>136
自我の有無。
自我とは他を自己に投写したり、歴史から正しい道を導き出すことができる究極の能力。






165 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 10:46:24.47 ID:spHpMNTL0

真空中に熱ってあるの?
空気その他の物体に依存してるイメージしか湧かないけど




171 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 10:48:20.47 ID:bATtJSPG0

>>165
真空は熱を通さない






180 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 10:50:59.57 ID:asGa7Uf7O

宇宙開発ってどうなってるの?
テレビは過去の歴史の話とかばっか
はやく宇宙に行きたい




195 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 10:56:48.67 ID:XK2oMStk0

>>180
地球が滅亡しないかぎり宇宙に住めるようにはならない
なぜなら、地球のほうが住みやすいから

現代の宇宙開発は、地球の利権を得るための軍事技術の一環として行われている。
だから中国がミサイルで衛星を爆破してみせると、米国がファビョる




196 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 10:56:51.32 ID:okPQm4k7O

>>180
宇宙開発の進んだ時代は同時に東西の軍拡競争の時代だった。
国の威信かけてたから予算もばかすか注ぎ込んだ。
今はもうそんな時代じゃないし、有人宇宙飛行もデメリットの方が多いし……
夢のない時代になってしまった。
地球開発環境が本気でやばくなればまた違うかもしれないけど






197 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 10:57:03.59 ID:WUkx6EH50

なんで酔っ払うとゲロ吐きたくなるのはどうしてなんだぜ?




200 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2008/02/20(水) 10:58:12.34 ID:LTxO3Kkm0

>>197
アルコールのせいで自律神経が狂ってるのと、胃の中に残ってるアルコールを排除しようとするため
まぁ、毒を飲んだり喰ったりすると吐くだろ、アルコールも毒だし




201 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 10:58:26.14 ID:mTmtZYhy0

>>197
とりあえず、アルコールは胃の中で膨張する
なぜか、アルコールは水よりも揮発性が高いため
その上で飲みすぎたり食べ過ぎたりすると・・・・後は分るな?






202 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 10:58:50.71 ID:AelbOjHW0

「切れない電球」ってじっさいに作れるの?
都市伝説とか、作ると売れなくなるとか、ほんと?




209 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 11:00:13.59 ID:XK2oMStk0

>>202
「ほぼ切れない電球」ならおそらく可能
でもLEDの方が便利で長持ち




213 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 11:01:14.26 ID:G0cR/Cdq0

>>202
フィラメントに頼らない発光源はたくさんあるぞ
それぞれ劣化するがな






204 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 10:59:37.23 ID:2VZXAdg60

日本って将来中国に侵略されるんだろうか




212 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2008/02/20(水) 11:01:08.63 ID:LTxO3Kkm0

>>204
侵略の定義による
極端に言えばもうされてる




221 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 11:03:07.18 ID:XK2oMStk0

>>204
軍事を除いたあらゆる面から侵略される。
が、500年ぐらい前に戻るとも言える。
唯一違うのは、中国製ギョウザを食わざるを得なくなった日本人の産業システムのみ。




228 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 11:04:08.11 ID:2VZXAdg60

>>221
ええと500年前っていうと…詳しく説明してくれ




247 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 11:08:44.05 ID:XK2oMStk0

>>228
日本は過去、けっこう長い間中国に属国扱いされてた。
宗教的な面でも、経済的な面でも、技術的な面でも侵略を受けていたわけだ。
それが根本から変わったのが戦国時代の合理主義と、その後の鎖国による自文化の旺盛。

今中国から侵略されても、まあ500年ぐらい前に戻っただけともいえる。




276 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 11:18:33.91 ID:okPQm4k7O

>>247
500年前は日本と中国(明)は対等な関係だったと思うが?
後期倭寇の被害は日本も受けてたが、それは侵略とは言わないし。
室町時代は現代まで続くいわゆる日本的文化が確立された時代。
朝貢貿易も一時的なもの。






210 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 11:00:39.39 ID:/q/qmKa6O

電圧と電流の違いが未だにわからない
公式みたいなのは形だけ頭に入れてるけど
水車の例えとかわけわかんない




214 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 11:01:53.68 ID:XZEu0b7N0

>>210
電圧は電位差。
よく使われる例だと電流は水路の水流。電位差はそのまま高低さ。
高低さがあればあるほど電流は早く強く流れる。




216 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 11:02:00.40 ID:Eg9stDoM0

>>210
電流=食い物
電圧=食欲




222 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 11:03:34.85 ID:mTmtZYhy0

>>216
ワロタwwwww






302 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 11:27:02.65 ID:erUAoIRv0

何で空を見ると切なくなるの




307 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 11:28:18.47 ID:gm6jxgAp0

>>302
お前のこころが美しいからだよ




308 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 11:28:22.44 ID:6lVtbp9A0

>>302
青色は気分を沈静させる効果がある。
夕焼けだったら気分が紅潮する。






310 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 11:29:02.87 ID:wAeHkDdRO

毛って体守ってるんでしょ?
まつ毛は目?鼻毛は鼻??


眉毛は何を守ってるわけ?




317 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 11:30:54.40 ID:mTmtZYhy0

>>310
頭から出た汗を目に行かないようにするため
まつげは目だけど、それはホコリから目を守るためであって
液体から目を守る能力は無いから






318 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 11:30:58.48 ID:2VZXAdg60

一度頭がハゲ出したらその部分はもう髪生えないの?




325 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 11:32:44.87 ID:XK2oMStk0

>>318
植毛しない限り、無くなった毛根が復活することは原則ない。




332 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 11:34:34.29 ID:2VZXAdg60

>325
髪が生えて無くても毛根生きてることってあるの?




341 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 11:37:24.90 ID:XK2oMStk0

>>332
見えないほどの産毛の下にも毛根はあるよ
それに、実は毛って一定期間が過ぎると自然に細くなって抜ける
人間だとあまり顕著じゃないが、それでも日に100本はぬけてるはず






343 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 11:37:39.13 ID:/q/qmKa6O

性感体で思い出した
しすぎると早漏になったり遅漏になったりするってあるけど
一体どんな仕組みなの?

あとさ、エロ漫画で見るだけで女がどんだけ性経験してきたかわかるやつ、マジいんの?




347 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2008/02/20(水) 11:40:29.40 ID:LTxO3Kkm0

>>343
人間の活動というのは全て脳が制御している(一部例外はあるが)
当然射精するかどうかも脳が制御している
同じ動作を反復すると何度も脳の同じ神経接続を使うことになるので、その部分の結合が強化されていく

結果として快感を感じる能力が強化されて早漏になったり快感に慣れて遅漏になったり






362 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2008/02/20(水) 11:46:37.01 ID:v61p6uCV0

火事場の馬鹿力ってどういう構造でなるの?




377 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 11:50:28.68 ID:6lVtbp9A0

>>362
危険なので理性が外れる→身を守るため潜在能力解放。




379 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 11:50:31.36 ID:XK2oMStk0

>>362
運良く不完全燃焼で出る有毒ガスを吸わず、
運良く火に対して強い危険信号脳内で発せられ、
運良く筋力のリミッターがはずされ、
運良くその力を使う場面で使って生き残れた。

普通は出ません。期待する前に防火に注意しましょうね。




382 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2008/02/20(水) 11:52:49.53 ID:v61p6uCV0

>>377>>379
自分バイク事故でスローモーション体験したから
仕組みが知りたかった

サンクス




391 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2008/02/20(水) 11:55:14.31 ID:LTxO3Kkm0

>>382
バイク事故のスローモーは
視神経から送られてくる情報量が興奮で数倍に増えるため

人間の目もカメラと同様に静止画の連続として動画を捕らえているわけだけど、いきなり静止画の密度が増えたので一枚あたりの動きが小さくなったように感じる=スローモーに感じる
という仕掛けらしい






367 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 11:47:24.28 ID:S3+4keWrO

多くの民衆の世論を調べて政治を行うより、
一人の完璧超人に任せた方が良いんじゃないでしょうか




374 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2008/02/20(水) 11:49:31.91 ID:LTxO3Kkm0

>>367
もちろんその通りです
医者にいったらお医者さんに診て貰うべきで、待合室に並んでる患者の間で多数決を取るべきではありません

ただ問題は完璧超人が中々見つからないってことで




422 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 12:02:12.13 ID:iHE+H5FDO

>>367
ナチスでも勉強なさいな






388 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 11:54:37.78 ID:lNjbYBqE0

ロシアの数学者があと数年でタイムマシンが作れると言ってたけど・・・
タイムマシンなんて出来るわけないよね?




399 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 11:57:29.31 ID:XK2oMStk0

>>388
タイムマシンで移動できるのは、最初にタイムマシンが作られて以後の時間帯。
でもまあ、作られても人間がそのままの形で移動できるものにはならない。
純金や純鉄の原子を一個送れるかどうかになると思う




403 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2008/02/20(水) 11:58:18.76 ID:v61p6uCV0

>>388
時間軸が固定されてる限り無理
紙と紙を合わせる様に簡単には無理だよ。






393 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 11:55:34.18 ID:N2S62WmlO

鏡って不思議だよな、機械でもないのにデジカメより自分を鮮明に映す




401 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 11:57:48.61 ID:G0cR/Cdq0

>>393
鏡がすごいのではなく、その鏡に反射した光を脳に送り込んで補正してる視神経がすごい






407 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 11:59:02.51 ID:2VZXAdg60

頭よくする方法あったら教えてください
あと頭いい人の考え方・特徴とか




415 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2008/02/20(水) 12:00:56.40 ID:LTxO3Kkm0

>>405
認識のずれは生まれるだろうけど時間のずれが生まれることにはならんよ

>>407
頭を良くする方法があれば俺が使っている

頭がいい人の特徴か…
アインシュタインは家庭内暴力をふるう糞親父で
ウォルトディズニーは拝金主義でトーマスエジソンは不登校の非行少年
ニュートンは錬金術に凝っていた

だがおまいさんが反社会的行動をしたからといって頭が良くなるわけではない






426 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 12:03:43.36 ID:2VZXAdg60

働かずにネットに張り付いてるニートって結構毎日情報をたくさん見てるように思えるけど、
こういう人が研究者になってもその経験と知識は役立ちそうに無い?




433 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2008/02/20(水) 12:05:19.07 ID:LTxO3Kkm0

>>426
現代の最先端科学を理解できるのは一握りの天才だけ
大部分の「研究者」はそこから何か役に立つ知識を引き出してくるか、天才のチームでひたすら指示の通りに反復作業や実験を繰り返してるだけ
ちょっと聞きかじっただけの素人なんてゴミ以下、ない方がマシンガン




446 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 12:08:42.32 ID:G0cR/Cdq0

>>426
必要なときに必要な知識と、それを使ったモノづくりができる柔軟な発想が求められるので
自分を省みず今を教授してるだけのニートでしたら役に立たないかと






443 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 12:08:18.79 ID:/q/qmKa6O

「幽霊っているよ、だっていないって証明も根拠も無いでしょ」
っていう理屈って正しいの?




467 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2008/02/20(水) 12:14:26.27 ID:LTxO3Kkm0

>>443
正しくない

幽霊がいると言うことを証明するのに必要なのは
「「幽霊がいないという証明がない」こと」
ではなく「幽霊がいないこと」だから

「この世の中に幽霊がいない」ということをもっと身近な喩えで「この部屋の中に猫がいない」に置き換えると
それと同義なのは「この部屋の中のあらゆる物体は猫ではない」になる
置き換えなおすと幽霊がいないことを証明するには「この世の中の全ての物体は幽霊ではない」
つまりこの世の全ての物体を調査しないと幽霊がいないという証明は出来ない






471 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 12:15:26.57 ID:/q/qmKa6O

魔法って化学とどう違うの?
例えば自分は電子レンジの構造を知らないけど
自分にとってはそれは魔法なのかな

つまり「魔法なんてないよ」って言う人は
なんらかの理屈である化学はすんなり受け入れるの?

日本語でおkだが




473 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 12:16:11.81 ID:XK2oMStk0

>>471
目に見える結果を出した魔法が科学と呼ばれた




477 名前:スレスト大魔神 ◆WWWWWWKL86 [] 投稿日:2008/02/20(水) 12:17:37.63 ID:SoopNQutO

>>471
「高度に発達した科学は魔法と区別がつかない」
ってどっかのSF作家が言ってた






484 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2008/02/20(水) 12:19:11.71 ID:H3c0+2P60

よく温度に上限はないって言うけど
分子の移動速度に光速っていう上限がある以上
温度上昇にも限界があるんじゃないの?




494 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 12:22:31.59 ID:6lVtbp9A0

>>484
速度に限界はあるけど密度には限界が無い。
だから限りなく空間の狭かったビックバンの瞬間の宇宙の温度はほぼ無限






493 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 12:22:25.65 ID:BnHDxl8LO

恐竜の皮膚の色って何色かって何で解ったの?




498 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2008/02/20(水) 12:23:40.49 ID:9nPm/B1K0

>>493
分かってないから勘だよ




511 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 12:27:15.42 ID:BnHDxl8LO

>>498

と言う事は好きな色を付けても良いということか?




517 名前:スレスト大魔神 ◆WWWWWWKL86 [] 投稿日:2008/02/20(水) 12:30:14.38 ID:SoopNQutO

>>511
別に適当に付けられてるわけじゃないぜ。

一応、予測される生態に見合う色や柄を考えたり、今いる生物を参考にしたりして決めてるんだよ。






538 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 12:37:13.49 ID:9y1BeF/o0

色は数字で表現できますよね。
音も数字で表現できますね。

臭いって数字で表現できてますか?




541 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 12:38:04.68 ID:mTmtZYhy0

>>538
出来る
臭気計ってのが有るじゃないか




555 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 12:42:37.79 ID:giCLxRxmO

>>538
そもそも人間の感覚は神経によって全部デジタル量にされてるから、原理上あらゆる感覚を数字で表すことが可能






545 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 12:40:04.40 ID:/rGo4Klc0

超伝導のしくみ教えて。




559 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 12:43:33.18 ID:pUoNi84IO

>>545
電気抵抗ゼロ、完全反磁性、これが超伝導の性質。
なんでそうなるかはボース粒子とか知らない人には説明しずらいな。
超流動ってのもあって原理は同じなんだけども。




578 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 12:49:23.71 ID:/rGo4Klc0

>>559
物理勉強したことあるから、ボーズ粒子知ってるよw

聞きかじった話のうろ覚えだけど、
電子がフェルミ準位に埋まってる状態よりも、
運動量k,-kのペアが励起された方がエネルギー的に得なんだっけ?
そこから、何で超伝導につながるの?




593 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 12:58:07.57 ID:pUoNi84IO

>>578
そっか知ってたか失礼しました。
電子みたいなスピンが半整数のフェルミ粒子はパウリの原理なんかで同じ状態になれないのはご存知だよね。
これはなれないというより同じ状態になる確率が同種粒子だと相殺してゼロになるからなのね。
光子みたいなボース粒子は逆で同じ状態に入る確率の方が高く、さらに沢山いればいるほど確率がアップ
つまりボース粒子は集団になって同じ運動をしようとするわけ。
んで超伝導体の電子は格子ポテンシャルの影響で2個ペアになった方が安定する。
そうなると2個でボース粒子になるわけ。
そしたらみんな同じ状態で動こうとするから電気抵抗の原因の結晶格子に散乱されて1個だけ運動量を変えるような軌道をとる確率がゼロに近くなり
電子の集団は結晶格子を完全にスルーする軌道になる。

これが電気抵抗ゼロの理由。難しかったかな?




609 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 13:08:38.54 ID:/rGo4Klc0

>>593
㌧。超分かりやすい!
温度下げたら結晶格子の振動が突然止まって抵抗0になるのかなと思ってたんだが、
カラクリは電子の方だったのか。

完全反磁性はどうやって示すの?




633 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 13:21:42.27 ID:pUoNi84IO

>>609
ええといわゆるマイスナー効果の説明か…不完全な説明になるかもしれない

第一種超伝導体のケース。
物質に磁場をかけるとコイルのときみたいに電子にローレンツ力が働く。
いわゆるアンペールの法則で、磁束があるところには電流があるからね。
んでコイルと同じように超伝導体に入った磁場を相殺するような形で反磁場を作るような電流が表面に流れる。
超伝導体は抵抗がゼロなもんでキッチリ完全に打ち消すから完全反磁性。

磁場を強くしすぎると磁束が侵入しちゃって(打ち消しきれなくなって)超伝導が壊れる。
これは熱を伴ったりするんでハッキリとは言えないけど電子対のボース粒子でいられなくなるからだったような。






551 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 12:41:57.94 ID:WUkx6EH50

磁石って人工的に作れるものなの?作れるならどうやって作ってるの??




558 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2008/02/20(水) 12:43:11.90 ID:LTxO3Kkm0

>>550
自慢されるとむかつくから

>>551
鉄に強力な電流を流したり、他の磁石とずっと一緒に置いておいたりするとその鉄が磁石になる




567 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 12:46:18.92 ID:pUoNi84IO

>>551
鉄とか強磁性体ってのがあってこいつに磁場をかけると磁石になる。
磁場をきっても履歴現象っていって磁石のままでいれる。
普通のものはたいてい常磁性体で履歴現象がないから磁石にならない。




569 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 12:46:24.18 ID:WUkx6EH50

磁石について把握した とんくす^q^
磁石の磁力って無限なのかな 使ってるうちに磁力が弱くなったりするもの?




572 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2008/02/20(水) 12:47:34.95 ID:LTxO3Kkm0

>>569
時間経過で弱くなりはするし、急激に熱した後冷やしたり、物理的に大きな衝撃を加えたりすると消失する




577 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 12:49:00.95 ID:pUoNi84IO

>>569
もちろん有限よw
ちなみに磁石みたいな強磁性体がなぜ存在してるのかは未解決なんだぜ






564 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 12:45:28.99 ID:2i2tkxrH0

フォトンベルトはどんな感じですか?




570 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 12:46:56.56 ID:V2A24hRv0

フォトンベルトは光子の帯ですお
2002年からフォトンベルトの本読んでた俺に言わせれば、2012年に地球は終わる




573 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 12:47:53.92 ID:mTmtZYhy0

>>570
ま、その時はその時で

とりあえず、ノストラダム氏の予言と皮欄だろ






583 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2008/02/20(水) 12:52:53.23 ID:9nPm/B1K0

ロリコンの対象を0~11歳って決めた人誰だっけ?




588 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2008/02/20(水) 12:54:29.98 ID:Ud2P6Z240

>>583
大学生が中学生と付き合ってもロリコン呼ばわりされるよ




590 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 12:56:28.78 ID:9y1BeF/o0

>>583
48歳が21歳と結婚してもロリコン呼ばわりですぜw




592 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2008/02/20(水) 12:57:50.95 ID:LTxO3Kkm0

心理学だか精神医学的にはロリコンは年の離れた相手と云々じゃなくて
未成熟な相手にしか性的な魅力を感じない(られない)、成人の異性に対する無意識の恐怖みたいな症状のことだろ?




595 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2008/02/20(水) 12:58:40.96 ID:9nPm/B1K0

>>588
そーなんだけどそじゃなくて
「ロリータコンプレックス」って言葉を作品で初めて書いた人
ここなら誰かすぐ出てくるかなって
>>590
聞き捨てならんな




597 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2008/02/20(水) 13:00:39.80 ID:LTxO3Kkm0

>>595
「ロリータ」の作者ならウラジーミルナボコフだが

まぁ、この言葉ほど混乱してる言葉もあまりないわな






612 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 13:10:45.79 ID:dtrDCHZe0

キリンの首は何故長いんだ?




613 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2008/02/20(水) 13:11:34.85 ID:LTxO3Kkm0

>>612
首が長くなるような突然変異があり、さらに首が長い方が生き延びられる自然淘汰があったから




616 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 13:13:14.77 ID:6lVtbp9A0

>>612
キリンが増え出した時期に、
餌となる木の枝に届く首の長いキリンしか生き残れなかったから






614 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 13:11:50.25 ID:UFArex+60

マトリックスとか攻殻機動隊みたいに脳に電極みたいなのつないでうんぬんってのはできるの?




615 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2008/02/20(水) 13:13:06.99 ID:LTxO3Kkm0

>>614
技術が進歩すれば無理ではなさそうってところ




620 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 13:15:29.95 ID:UFArex+60

>>615
まじか…
生きてるうちには無理だろうなぁ




622 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2008/02/20(水) 13:16:26.85 ID:LTxO3Kkm0

>>620
手で打たなくてもいいキーボードくらいなら何とかってレベルまで来てるけどねぇ
あと50年あれば結構行くんじゃない?




623 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 13:17:11.52 ID:9y1BeF/o0

>>614
実は結構研究されてる。
今はカーナビの地図をリモコン無しに意識した方向にスクロールさせる技術を開発してる場所がある。

他にも色々やってるところ多いと思う。トヨタとか何かやってそうだよ。




629 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 13:19:30.17 ID:UFArex+60

>>622>>623
えええ結構ありうる話なのか
でもそれって頭に穴開けるってことじゃないの?
外側から何かつけるだけでおk?




631 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 13:20:30.86 ID:9y1BeF/o0

>>629
俺が聞いた話では、ヘルメットみたいのをつけるらしいよ。




632 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2008/02/20(水) 13:20:31.39 ID:LTxO3Kkm0

>>629
頭に穴を開けるタイプの機器も失明したヒトのためにとかはあるんだが
何しろ頭に穴を開けると色々危ないからな
基本的に頭蓋骨の外から中を読み取ってって形




639 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 13:24:06.13 ID:UFArex+60

>>631>>632
ほへーすごいな!まじで近い未来にできるようになるかもな!
じゃあ、脳で考えてることは読み取れるけど、
脳に情報を直接送るってのは今のところできてないってことでFA?




642 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2008/02/20(水) 13:25:15.55 ID:LTxO3Kkm0

>>639
頭蓋骨に穴を開けて直接電極を差し込めば
ものすごく単純な四角イメージ程度なら送ることが出来たらしい




650 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 13:28:36.63 ID:9y1BeF/o0

>>639
二人がメットを被って、一人が思ったことをもう一人が行う実験もしてるみたい。

つまり、Aが腕を上げるって思うとBが自然と腕を上げる。みたいな。
テレパシーみたいな実験だけど実質脳実験だと思う。

その友達に聞いた話だけど、こればっかりはまゆつばw




624 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2008/02/20(水) 13:17:54.36 ID:9nPm/B1K0

CPUとメモリって何してるかなんかに例えて教えてくんろ




626 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 13:18:50.52 ID:9y1BeF/o0

>>624
CPU=演算
メモリ=データ格納(高速読み書き)
HDD=低速読み書き(容量大)

おk?




627 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2008/02/20(水) 13:18:52.52 ID:LTxO3Kkm0

>>624
CPU>おまえさん
メモリ>ノート
ハードディスク>教科書や辞書






635 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 13:23:17.56 ID:d0d6ITyv0

ウィリアム・ジェイムズ・サイディズ

生後6ヶ月にして、スプーンを使用して自ら食事を摂ろうとしはじめた。そして2ヵ月後には成功した。
ボリスにおだてられると、自分が入っている揺りかごに
書いてあったアルファベットの音節を発音できるようになった。
生後6ヶ月で「ドア」と言った。2ヵ月後、サラに向かって
ドアと人々、動くものが好きだと言った。
生後7ヶ月で、月を指さして「月」と言った。そして自分だけの月を欲しがった。
1歳で綴り方を覚えた。
3歳でタイピングを憶えた。タイプライターに手が届くよう高い椅子を使った。
初めてタイプしたのは、百貨店に玩具の注文を出す手紙だった。
4歳の時には、誕生日の贈り物として、ボリスからラテン語版のガリア戦記を贈ってもらい、読みこなした。
4歳の時にはホメロスを原書で読んだ。
6歳の時には、アリストテレスの論理学を修得した。
6歳の時、ロシア語、フランス語、ドイツ語、ヘブライ語を修得。さらにトルコ語とアルメニア語も修得した。
6歳の時には、歴史上のいかなる日付でも曜日を計算し、当てることができた。
6歳でグレイの解剖学を修めた。大学レベルの数学の試験で合格点を取った。
6歳でグラマースクールに通い始めた。あまりに上達が速いので、3日で3年生に進級。7ヶ月で卒業した。
8歳の時、数学の力でボリス(数学の天才)を追い越した。
8歳の時、E・V・ハンティントンが書いた数学の教科書のゲラを校正した。
4歳から8歳までの間に、4冊の本を執筆した。
解剖学と天文学の本も書いたが、紛失し、現存していない。
7歳の時、ハーバード大学医学部の解剖学の試験に合格した。
8歳の時、MITの入試に合格した。
全米最高の中等学校の教師たちよりも勉強がよくできた。


何故こんなにも超人なんだ
脳の作りが違うのか?




640 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2008/02/20(水) 13:24:28.58 ID:LTxO3Kkm0

>>635
ウィリアムジェイムズサイディズは早期英才教育の典型的失敗例だろ?




649 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2008/02/20(水) 13:28:01.84 ID:Fd4oqPpK0

>>635
父親が数学者だから遺伝じゃね?
>>640の英才教育も大きい






668 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 13:44:21.24 ID:j/+oR12y0

お湯の湯気の量ってお湯の温度が高ければ高いほど多くなるかな?
他の要素も関係してる?




673 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2008/02/20(水) 13:46:11.37 ID:LTxO3Kkm0

>>668
湯気の場合は水蒸気が冷たい空気と混ざったせいで再び水に戻ってるから目に見えるようになってるわけで
お湯の温度が高いだけでなく、周囲の空気が冷たいほど湯気として目に見えるようになる量は増える






691 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2008/02/20(水) 14:15:33.21 ID:elb90wCSO

調べるのが面倒な人に、ググレカスな質問を
親切丁寧にわかりやすくまとめて説明してくれるスレはここですか?






692 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 14:17:15.00 ID:mTmtZYhy0


>>691
ググレカス







編集元:ニュー速VIP板
http://yutori.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1203442647/
http://yutori.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1203467204/






Edit  |  はてなブックマークに追加  |  2008.02.20 (Wed) 17:23  |  雑学  |  TB(1)  |  CM(160)  |  Top↑

オススメサイトの最新記事

*コメント

     
  1. 名前: 名無し!!  投稿日:2008年02月20日 17:30
    お1
  2.  
  3. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2008年02月20日 17:36
    オプティカルファイバークロスボンバーについて誰か解説してくれ
  4.  
  5. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2008年02月20日 17:39
    某カオスなブログを思い出した
  6.  
  7. 名前:    投稿日:2008年02月20日 17:42
    哲学が理系科目に属するんじゃなくて理系科目(に限らず全ての学問)が哲学に属してるんだけどなぁ
    んで、英語で博士号を意味するPh.D.はDoctor of Philosophyの意味
  8.  
  9. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2008年02月20日 17:56
    トリヴィアですね
  10.  
  11. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2008年02月20日 18:04
    >2
    なんか すごそうな 必殺技! (ゆで力学において
  12.  
  13. 名前:     投稿日:2008年02月20日 18:05
    飛行機は「極普通に作用反作用で飛んでるだけじゃね?」って感じの話が出てるな。
    まぁ前からベルヌーイではいわゆる揚力の発生源として明らかに不足ってのは分かってたんだけどそれっぽいから暫定で採用してた。

    色の知覚についてはそれぞれが見てる色は違う可能性が極めて高い。
    ただ、特定の色を見たとき受けるイメージ(と言うと語弊があるけど)は同じ。
    自分が赤だと思う色が他人の目からすると自分の思う緑に見えても、その他人は自分が赤と認識するのと同じ想起を緑に対して行うから基本的に問題は起こらない。
    少なくとも赤から受ける印象の違いの説明になるものではない。
  14.  
  15. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2008年02月20日 18:06
    ※2
    働かないゆで「最近光ファイバーって流行ってるよな。これって凄く速くて昔のものより凄いらしいぞ」
    働くゆで「昔のより凄い? じゃあそれで」
  16.  
  17. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2008年02月20日 18:21
    *4
    勘違いだ。英語では博士号はたくさん分かれてる。
    ・ 医学博士
    a medical doctor/〔称号〕a Doctor of Medicine ((略M.D.))
    ・ 文学博士
    a Doctor of Philosophy [Literature/Letters]((略Ph.D., D.Litt.))
    ・ 理学博士
    a Doctor of Science ((略D.S., D.Sc.))
    formやふーじしょ
  18.  
  19. 名前:    投稿日:2008年02月20日 18:27
    なげえよ
  20.  
  21. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2008年02月20日 18:30
    494で密度に限界はないって書いてあるけど、コレ本当か?
    分子自体の大きさを無視できないんじゃ
  22.  
  23. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2008年02月20日 18:32
    なんか楽しかったwww分かりやすいと面白いもんなんだなぁ

    てかオチwwwwwwww
  24.  
  25. 名前: 名無しさん  投稿日:2008年02月20日 18:39
    >>171
    普通に通すだろ

    あと>>54って遅くないか?
  26.  
  27. 名前: 名無しさん  投稿日:2008年02月20日 18:40
    哲学の中に全ての学問が入ってきてるだけだな
    哲学にその答えはない

    考える行為そのものが哲学といえる
  28.  
  29. 名前:      投稿日:2008年02月20日 18:41
    CPUとメモリって
    CPU:自分
    メモリ:机
    HDD:引き出し
    だろ。
    タスク:作業
    は当然として。
  30.  
  31. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2008年02月20日 18:42
    電子を動かす力は光速で銅線を伝わってく
  32.  
  33. 名前: VIPPERな名無しさん  投稿日:2008年02月20日 18:48
    オナニー後の尿意の仕組みがわかって大満足
  34.  
  35. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2008年02月20日 18:50
    >>4
    哲学はこの世に存在するものを仕分けしてラベリングする学問だと思ってる。
    だから哲学がなければ他の学問が存在しないと思うんだがこれがイコール全ての学問は哲学に属してるという事かな?
    別に哲学とそれ以外が主従の関係であるとは思わないんだけどね。
    でも哲学って結構たのしいぜwかじる分にはねw
  36.  
  37. 名前: VIPPERな名無しさん  投稿日:2008年02月20日 18:53
    エアコンってコンプレッサーを使って気圧を操作してるんじゃなかったっけ?
  38.  
  39. 名前: VIPPERな名無しさん  投稿日:2008年02月20日 18:58
    本当に頭のいい奴は分かりやすく説明できる奴、ってのは都市伝説
    って話題が昔、はてな村で行われてた気がする

    分かりやすい説明ってのは一種の誤魔化しでもあるからなー
    情報を伝えるよりも、相手に分かった気にさせる事優先とでも言うか
    結局後々になって、糞の役にも立たなかったり
    物の見方を歪めてしまう事も多い
  40.  
  41. 名前:      投稿日:2008年02月20日 19:04
    ※20
    前提知識が必要なことを前提知識の無い奴に分かりやすく説明ってのがまず無理だしな。ほんとに最初から全部教えるか、そういうものがあるって結論にしかならん。

    ただ、説明すれば分かる相手に分かりやすく説明できる奴が頭のいいってのはある程度当てはまると思う。
  42.  
  43. 名前: VIPPERな名無しさん  投稿日:2008年02月20日 19:12
    ついでに教えてもらいたいんだけど本文中に
    「脳みその中は全部デジタル」みたいなことが書いてあったけど
    その考えならいつか脳の中身を複製したり
    どこか別の媒体に保存することは出来るの?
  44.  
  45. 名前: VIPPERな名無しさん  投稿日:2008年02月20日 19:21
    >米19
    気体ってのは、圧縮すると熱を発生させつつ液体になり、
    逆に液体は圧力を下げる(蒸発させる)と熱を奪いつつ
    気体になる性質が有る。
    これを繰り返して温度を上げたり下げたりするのがエアコンや冷蔵庫の原理。

    こういった熱機関はあたかも熱を高温の場所から
    低温の場所へ移動させているかのような
    動きをするため、ヒートポンプと呼ばれている。
    最近は同じ原理が電気温水器にも使用されてたりする。
  46.  
  47. 名前:     投稿日:2008年02月20日 19:27
    >>米20
    確かに『本当に頭のいい奴は分かりやすく説明できる奴』ではないよね
    どちらかというと『本当に仕事の出来る奴は分かりやすく説明できる奴』が正しいよね
    仕事出来る人は頭も良く見えるしそう思われるのも道理だと思う
  48.  
  49. 名前: VIPPERな名無しさん  投稿日:2008年02月20日 19:39
    >>24
    実社会では頭が良すぎず、適度に馬鹿な奴が一番評価される(頭が良いといわれる)な。

    ところで、飛行機の話だが、あれはナヴィエストークス方程式の解で
    揚力を持つものが出てくるけど、その物理的理由がはっきりしないってことなの?
    それとも、揚力だけでは運動を説明できない(未知のダイナミクスが存在しうる)ってことなの?
  50.  
  51. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2008年02月20日 19:43
    >>59
    八木アンテナじゃなくて八木・宇田アンテナな
    略したいのはわかるけど結構問題視されてるからツッコミをいれとく
  52.  
  53. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2008年02月20日 19:50
    ※13
    伝導するものがないのにどうやって通るの?
    真空の定義ってそういうものだって昔見たんだが
  54.  
  55. 名前:    投稿日:2008年02月20日 19:57
    >>402
    >>374
    >>473
    この意見面白かった
  56.  
  57. 名前: VIPPERな名無しさん  投稿日:2008年02月20日 20:11
    米27
    熱は粒子の運動エネルギー。
    電磁場は真空を媒質として伝わる(電磁波)から、荷電粒子の運動エネルギーが電磁波に変換されて遠方に伝わることはある(太陽の熱が地球に伝わるのだってそう)。もちろん粒子が直接飛んでくればそれでも伝わる。
  58.  
  59. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2008年02月20日 20:24
    米22
    できんじゃねえか?
    でもオフラインで管理しないと悪性のウイルスになりそうだな・・
  60.  
  61. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2008年02月20日 20:26
    熱が伝わる形態には”熱伝導””対流””放射(輻射)”の三つがあって,このうち放射については真空中も伝わるよ
    それが米29の話でステファンヴォルツマンの法則やらプランクの公式やらで現されてるね
  62.  
  63. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2008年02月20日 20:29
    このスレが難解に感じるのは俺だけなのか
  64.  
  65. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2008年02月20日 20:41
    ※13
    電子の流動速度は1Aでだいたい0.1mm/sだからたぶんそのことだと。
  66.  
  67. 名前: VIPPERな名無しさん  投稿日:2008年02月20日 20:42
    おまえらみんな「まんがサイエンス」嫁
  68.  
  69. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2008年02月20日 20:45
    例えばさ車で走ってる最中に窓から物を落としたらそれが地面につく間まで車の速度の分離れていくじゃん
    でも車の中で物を落としてもそれが走行中でも落とした位置の真下に落ちるよね?なんで?
    たとえ車内でも走行中なら物が落ちてる間に車自体は進んでるんだから落とした物自体は後ろの方に行くんじゃないかって子供の頃に思ったんよ
    文章も説明も下手+馬鹿でゴメン
    誰か説明して

  70.  
  71. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2008年02月20日 20:51
    米35
    本来なら、車が加減速していないのであれば窓から物を落としても落とした位置の真下に落ちるよ
    ただ車外に物を落とすと空気抵抗によって(60km/hで走ってても車内は無風と考えるけど、車外だと60km/hの風が吹いてるってことになるからね)物の速度は減速していくから後ろの方に離れていくと感じるだけだよー

    ってな感じで良いのかな
  72.  
  73. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2008年02月20日 20:51
    ※35
    空気抵抗。
    時速50kmで走る車から物を落とすのは、
    時速50kmの風の中で停止している車から物を落とすのと同じ。
  74.  
  75. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2008年02月20日 20:52
    頭の良し悪しは措いておくとして、
    説明・比喩が上手いってことはつまり
    その物事の本質を理解してるってことだと思ってる
  76.  
  77. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2008年02月20日 20:55
    米35 36
    そうだったのか。ありがと
    風のことはおいといても地面につくまでの短い時間でも車が走ってればその速度の分少しくらいは離れると思ってたんだけど
  78.  
  79. 名前: VIPPERな名無しさん  投稿日:2008年02月20日 20:59
    米35
    空気抵抗の差だろ。車が真空中を走ってる場合は、車外に落としたって真下に落ちるように見える。
    空気がある場合、車内の空気は車と同じ速度で移動してるから、車内で落としても(落とした物は)横方向の力は受けない。
    でも車外の空気は車から見たら後ろ方向に車と同じ速度で移動してるから、車外に落とした場合その空気の流れに力を受けて後ろ方向に加速される。
    (もちろん、車外の空気が後ろ方向に…のくだりは単純化で、流体力学をまじめに考慮すればもう少し違う流れが起こってるはず。でも本質的には同じだと思う)
  80.  
  81. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2008年02月20日 21:06
    *22
    不確定性原理が絡むから、無理だという説もあるね。
    (脳みその中の電子の状態などは完璧に測定できない)

    SFだけど、スタートレックだと人は複製できないことになってるね。
    ライカーが二人?それはなかったことに…
  82.  
  83. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2008年02月20日 21:08
    全ては神の思し召しのままに・・・(-∧-;) ナムー
  84.  
  85. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2008年02月20日 21:16
    米35
    地球は24時間で1回転してるから、本当なら地表にいる自分達はすごいスピードで移動していることになるんだけど(赤道付近で一周4万キロぐらいを24時間で移動してる)、自分達は何もそんなことつゆ知らずで暮らしてるよね
    もちろんジャンプしても同じ位置に降りてくるしね

    ってのが経験的な意味では一番分かりやすいかな?
  86.  
  87. 名前: 名無しさん  投稿日:2008年02月20日 21:16
    子供質問箱みたいなスレだなww



    だがそれもいい
  88.  
  89. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2008年02月20日 21:17
    スレの趣旨に則らず、
    衒学的な書き込みをした少数の存在だけが残念。
    その他は、自分の無知も相俟って有意義だった。
  90.  
  91. 名前: VIPPERな名無しさん  投稿日:2008年02月20日 21:21
    米43
    空気抵抗っつー散逸項が本質的だから、慣性の法則だけで説明するのはちょっと違う気がする。
  92.  
  93. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2008年02月20日 21:23
    米46
    米39の内容は空気抵抗についての解よりも慣性の法則に関する理解を求めている趣旨に見えるよ?
  94.  
  95. 名前: VIPPERな名無しさん  投稿日:2008年02月20日 21:30
    米47
    そうか。読んでなかった。
  96.  
  97. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2008年02月20日 21:40
    聖徳太子っていたのかな?
    あんな大昔なのに頭いい人いたとは思えないんだけど
  98.  
  99. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2008年02月20日 21:50
    節子…
  100.  
  101. 名前: VIPPERな名無しさん  投稿日:2008年02月20日 22:01
    色の話は「こどもの哲学」って本で読んだな
    同じ色をAとBが同時に見ても、Aの頭の中で認識した色がBにとって同じ色か判断できない
    ひいてはこの世界のいかなる他者とも認識をともにし、理解しあうことはできないって話
    当然っちゃ当然だが、人によっちゃ鬱になりそうな話だわな
  102.  
  103. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2008年02月20日 22:34
    ※29,31
    そういえば宇宙も真空か
    熱伝導しか考えてなかった、㌧
  104.  
  105. 名前: VIPPERな名無しさん  投稿日:2008年02月20日 22:47
    >>302
    青色は副交感神経を刺激し、赤色は交感神経を刺激する。
    らしい。
  106.  
  107. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2008年02月20日 22:58
    米22
    脳みその信号伝達がデジタル的なのは確かにそうだけど
    その取り扱いってかアーキテクチャがコンピューターとは全く違う
    根っこが一緒なMacとwinですら互換性のないプログラムがあるわけで
    ましてや脳とコンピュータは言わずもがな

    あと
    >どこか別の媒体に保存
    これは人類が壁画を書いたあたりからもう達成されてる
    個人の人格の話なら...うーん、少なくとも「保存」は実際できてるけどそれを脳から移動するってのは...構造上無理じゃないか?
  108.  
  109. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2008年02月20日 23:20
    CPUとメモリとHDの説明について補足。

    元々コンピュータの原理は、
    1.長いテープと、
    2.そのテープに読み書きできて、
      かつテープに書いてある内容に従って自分の状態を変える装置
    の2つだけ。
    だからCPUとメモリ(昔で言うテープ)さえあればコンピュータとして動く。
    だからCPUと、電源切っても消えないようにHDだけでもコンピュータとして
    成立するんだが、その仕組みだと
    (すでにOSが起動してある状態から)ワープロ起動して1文字入力
    するだけで3時間かかるという話をどこかでみた。
    今ならもうちょっと早いかもしれないがw
  110.  
  111. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2008年02月20日 23:33
    米55
    Wikipediaには3つて書いてあるな

    >チューリングの仮想機械は、
    1.無限に長いテープ
    2.その中に格納された情報を読み書きするヘッド
    3.機械の内部状態を記憶するメモリ
    で構成され

    まあ1,3はテープで兼ねれば出来なくはなさそうだけど.
  112.  
  113. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2008年02月20日 23:45
    頭を良くする方法
    偏見を捨てる。執着心を捨てる。全てを理解してもまだ何かあるかもしれないと、例外を覚悟する。
  114.  
  115. 名前: 名無し@こっぺぱん  投稿日:2008年02月20日 23:57
    652は東大の過去問であったな
  116.  
  117. 名前: VIPPERな名無しさん  投稿日:2008年02月21日 00:31
    誰か>>17の計算間違いに突っ込んでw
  118.  
  119. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2008年02月21日 00:33
    >飛行機
    飛ぶ根拠がベルヌーイの定理なのだとしたら
    なんで背面飛行が可能なのだろうか。
    翼をひっくり返しているわけでもないだろうに。
  120.  
  121. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2008年02月21日 01:14
    ※60
    背面飛行中は落下していると思うが
  122.  
  123. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2008年02月21日 01:34
    理系の話は退屈だ
  124.  
  125. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2008年02月21日 01:57
    ぐぐれば出てくるんじゃないの?
  126.  
  127. 名前: ボブ  投稿日:2008年02月21日 02:22
    入力に応じて0と1を変えられる装置→レジスタ
    レジスタを並べて数を数えられるようにした装置→カウンタ
    あとは0と1に関する論理演算ができる回路を用意
    そしてこれらがクロックのタイミングで動作するようにすれば
    コンピュータが作れるよ

    ムーア型のステートマシンを考えて、
    命令フェッチしたりレジスタやメモリの読み書きを
    どういうタイミングで行うかを設計。

    原始的なCPUならCPUなしで作れる。
  128.  
  129. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2008年02月21日 02:24
    むかし学校で「熱と光を出しながら激しく酸化することを燃焼という」と習った気がする。
    でも、熱も光も大ざっぱにいえば同じものだと思うんだ。
    熱を感じる=発熱をおこすなにかが出ている=遠赤外線が出ている≒光が出ている
    たぶん、中学生が理解できるように書き分けただけなのだろうとは思うけど。
    で、砂鉄が錆びるときって、ゆっくり酸化してるのに発熱するじゃんか。
    そうすると「激しく」の定義ってなんなのよ、っていう。
    炎が上がるかどうかは、可燃性ガスが発生するかどうかの差だろ。

    あとダイエット関係の広告とかで「脂肪を燃焼させて……」ってどういうことなんだろう。
    海外の化学の本にあった未知の言葉に「燃焼」って訳をつけたあと、
    同じ単語が「動物が体内に蓄えた脂肪を消費すること」みたいな意味で使われているのをみつけた、とかかしら。
    それとも広告のインパクトのためにでっちあげた用法なのかしら。
  130.  
  131. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2008年02月21日 02:51
    ※65
    熱と光を分けて考えるのは意味がないわけではない
    例:石油ファンヒーターと反射式石油ストーブ
    ファンヒーター:燃焼によってできた「高温の物質」を利用する
    反射式:燃焼によってできた「光(赤外線)」を利用する
  132.  
  133. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2008年02月21日 02:55
    ※9
    階層がずれてる。
    ph.Dは日本語に対応させると単なる『博士』
    だから理学博士は理学を専門とするPh.Dであり、個別で呼ぶと
    >a Doctor of Science
    となる(完全にイコールではなく、国の学位制度によって異なる)

    a medical doctor/〔称号〕a Doctor of Medicine ((略M.D.))
    これも似てるけど医師(M.D.)と医学研究者(Ph.D in Medicine)
    の差みたいなもん。Ph.Dのが一応上になる。

    なので
    >・ 文学博士
    >a Doctor of Philosophy [Literature/Letters]((略Ph.D., D.Litt.))
    これなんかはまさに『博士(文学)』って表記しているわけ。

    手っ取り早く裏付けるものがwikipediaしかなくて申し訳ないが、
    博士、博士(医学)、Ph.D、なんかを調べてもらえば解るはず。

    要は日本の学位制度ってシンプルだなぁと
  134.  
  135. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2008年02月21日 03:09
    http://urasoku.blog106.fc2.com/blog-entry-185.html
    哲学篇でこんなんあるぜ。

    あと、クオリアなんだが、赤認識できない部分色盲のひとがいるんだけど、
    赤っていうのを映像でも濃度でも共有できなかったので経験則なんだろうなとおもう。
    受容器官や物理部分に制約される度合いが、感覚的な色を感じる総体に
    大きく影響されるので、色の本質を共有できない。
    前提条件の入力性能が同一であるというのはナンセンス。
    相対評価で共有しようとすると、部分色盲とはクオリアが違うという結論が出た。
    色を扱う人と色管理のモニタで色比較をしても同じ色っていうのをきちんと出せる人に会ったことないし。
    広告とか印刷分野で限定的に同じ色感覚をを共有している人が3%いるなっておもうけどあれも経験則なきがする。
  136.  
  137. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2008年02月21日 03:10
    あーあ、本気で電脳化したかったのに生きてるうちは無理そうだな。
  138.  
  139. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2008年02月21日 03:10
    むかしどっかで見た

    CPU→料理人
    HD→冷蔵庫
    メモリ→まな板

    てのが俺にはしっくりきた
  140.  
  141. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2008年02月21日 03:36
    >アインシュタインは家庭内暴力をふるう糞親父で
    >ウォルトディズニーは拝金主義でトーマスエジソンは不登校の非行少年
    >ニュートンは錬金術に凝っていた

    (軽度)発達障害説が唱えらる理由だな。作曲家とかはもっとやばいし
  142.  
  143. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2008年02月21日 04:43
    米65
    「激しく」は「熱励起による発光が起きるくらい」かと
    で熱と光は一緒くたにできないと思う。
    普通の炎が熱いのは赤外線だけのせいじゃなくて、高温になった気体と接触するからってのが一番大きいし(炎の上側と横とじゃ上の方が熱いっしょ)、加熱にあまり関与しない可視光線も出てるわけだからね。
    反射式ストーブとかは金属を加熱する事で赤外線の割合を高めてる。

    >脂肪を燃焼
    その「動物が体内に蓄えた脂肪を消費すること」ってのは化学的に見ると(超おおざっぱにいって)脂肪を酸化して水と二酸化炭素とエネルギーにするってことで、結果として石油が燃えるのと一緒なんすわ。
    だから僕ら酸素ないと死ぬんだけどね。
    ただこれは発光するとか無駄な事しないかなり緩やかな反応だからほんとは燃焼って呼ぶのおかしいんだけど、まあ広まっちゃったのさ。


  144.  
  145. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2008年02月21日 05:32
    473 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 12:16:11.81 ID:XK2oMStk0

    >>471
    目に見える結果を出した魔法が科学と呼ばれた


    濡れた
  146.  
  147. 名前: しいたけ  投稿日:2008年02月21日 05:40
    >>405
    調べてから教えてあげようぜ・・・
  148.  
  149. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2008年02月21日 07:32
    いやいや面白かった。答えられる人ってのはスゲェな。
    物理って面白さがストレートに伝わるから楽しいな
  150.  
  151. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2008年02月21日 08:12
    すげえええええ
    頭悪い俺は感動しっぱなしだよ!
  152.  
  153. 名前:    投稿日:2008年02月21日 08:44
    多分見直すことはないと思うけど、質問

    恐竜がいたころって始祖鳥とか大きな生物が飛んでたらしいじゃん
    現在とは大気組成が違ってたから大きい体でもなんとかかんとかって聞いたことあるんだが詳しく
  154.  
  155. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2008年02月21日 08:49
    >77 多分見直すことはないと思うけど、質問

    この感覚について誰か説明してくれ。
  156.  
  157. 名前: VIPPERな名無しさん  投稿日:2008年02月21日 09:16
    >>78
    ツンデレ
  158.  
  159. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2008年02月21日 09:39
    米3
    それってたくろ…いやなんでもない
  160.  
  161. 名前:    投稿日:2008年02月21日 11:07
    >>269は、何万年周期だか知らんが、地球の磁場方向が変わるときのことを言いたいんじゃないのか?
  162.  
  163. 名前: 78  投稿日:2008年02月21日 13:27
    >>79
    そうか!

    じゃあご説明いたします。
    と思いましたが、私では役不足(誤用)です。


    女を見る目には自信があったのだが、な。
    どちらも修行不足、ということか・・・
  164.  
  165. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2008年02月21日 13:52
    >77
    空気の密度(=重さ)が大きければより体が浮きやすくなる。
    極端な例だが水の中で人体が浮くような感じ。
    あと酸素濃度が高ければより重量あたりの筋力が上がったりするのかもしれないがその辺はわからん
  166.  
  167. 名前: _  投稿日:2008年02月21日 14:37
    自分でよく知ってると思ってることでも、
    質問されたらドキッとするよな。
  168.  
  169. 名前: 千葉県八街市の小高良光  投稿日:2008年02月21日 17:43
    お前ら害虫じゃこの程度かよカスwwwwwwwwwwwイケメンの俺様を称えろwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
  170.  
  171. 名前:       投稿日:2008年02月21日 17:46
    529 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 05:57:38.32 ID:tm/qBRodO

    日本の裏側まで人の通れるパイプを通してそこに飛び降りたら
    簡単に日本とブラジル行き来できるの?

    のコメント含めて突っ込まれて無かったからいいたいんだが、重力計算式から考えると地球の真ん中に行ったときの重力で潰されない物体・・・というか製品は製造不可能に近いから無理なんじゃ?と思った、違ってたらごめん
  172.  
  173. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2008年02月21日 17:47
    光ファイバーが光速なわけないだろ…
    光速だから早いんじゃない。
    送れる周波数帯域が抜群に広いから早いんだ。
    だからブロードバンドなんだろ。
  174.  
  175. 名前:     投稿日:2008年02月21日 18:05
    >米87
    それもあるけど光ファイバー内は実際光が通ってるから光速と考えて間違いない、
    まぁ厳密に言うと、光ファイパーの中で反射してる分の距離ロスを考えると光速というよりほぼ光速ってことになるだろうけど
    例えば、日本の正反対のロンドンでの情報が届くまでの時間が電気信号より光ファイバーのが速いってこと

    ちなみに、電波での情報は情報量が少ないけど光の速度で届く。
    これは電波=周波数の低い光だから
  176.  
  177. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2008年02月21日 18:10
    >*86

    地球を貫通するアナを作ったら、重力で大気が全部落ち込む。
    という話を聞いた。計算してないけど。
  178.  
  179. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2008年02月21日 18:31
    ワンセグって何なんだ?
  180.  
  181. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2008年02月21日 18:35
    >米88

    じゃあ、情報量は X線 > 紫外線 > 可視光(光ファイバ) > 赤外線(IR) > 電波(テレビとか) ってこと?
    (回折とか吸収とかは無視して)

    将来はγ線ブロードバンド?ww
  182.  
  183. 名前:     投稿日:2008年02月21日 19:22
    米91
    理論上でいえばたしかにそのほうが情報量が多いことになるけど周波数が高いってのは波の周期が短いのであって
    あまり高すぎるとデジタル化が難しいため誤差が出るという理由から使ってない・・・だったはず
    まぁ光ファイバー以上に速い情報伝達が必要になったら研究に力がはいって実現するかもね
  184.  
  185. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2008年02月21日 21:08
    ※92
    ありがと。
    ケーブルを作るのが難しいのかと思ってたけど、別の原因なのね。
  186.  
  187. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2008年02月21日 22:06
    これを見て一番ためになったのはオナニー後に起こる尿意の説明だった。
    そんな自分が嫌だ。
  188.  
  189. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2008年02月21日 23:09
    光ファイバ中では光は光速で伝播しないぞw
    光が光速で伝播するのは真空中とかの屈折率が「1」のところのみ。
    てか光ファイバが速いのは光の伝播速度が速いからじゃなくてノイズ耐性その他の特性から来る「通信品質」がいいからだぞ。
    1つの信号パルスが飛んでくる速度なら携帯のネットでも光ファイバでも大きくは変わらないはず。
    ただ、群れを成して飛んでくるそいつらのうちで、ちゃんと読み出せる情報の数は圧倒的に違う。

    あと光通信に使う光の波長は、光ファイバ中でできるだけ減衰しにくい波長でないと駄目。
    現状では短波長の光は光ファイバ通信にはちっとも使えない。

    DVDが波長が短い方が情報量が多いなんかの話とは全く別の話。

    そもそも光の波長が影響してくるほどまで情報を送るパルスを短くするなんて考えられるのかね?
    俺の知識では詳しいところまでは良くわからないな。詳しい人来てくれw
  190.  
  191. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2008年02月21日 23:16
    ところでWeb2.0ってのは何なんだ?
    よく聞くし、イメージもあるんだが、説明するとどうなるんだ?
    誰かkwsk
  192.  
  193. 名前: VIPPERな名無しさん  投稿日:2008年02月21日 23:47
    ※70
    追加で

    CPU→料理人
    HD→冷蔵庫
    メモリ→まな板
    OS→調理道具
    ソフトウェア→レシピ
    データ→材料

    ってのはどうだろうか?
    ちなみに
    グラフィックボードやサウンドボードなんかは隠し味みたいな。
    なくても何とかなるけどあるとさらに良い、みたいな感じで。
  194.  
  195. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2008年02月22日 00:01
    穴掘ってブラジルには行けない
    途中で重力の向きが変わるから中心付近まで落ちて行ったら残り半分は上らなきゃならん
  196.  
  197. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2008年02月22日 00:26
    米98
    落ちたぶん速度がついてるから重力のみを考えればブラジル側に一瞬足を出すぐらいはできる。実際は色んな抵抗があるからブラジルには届かず、地球内部で行ったり来たりを繰り返したあと中心で静止する事になるだろうね。

    しかし一番問題なのはそのトンネル内の空気に深海なんて比較にならない程の超高圧がかかっているだろうということ。超硬いよ。
    圧縮空気の恐ろしさは爆弾の衝撃波は要するに空気ということを考えればわかってもらえると思うが。
  198.  
  199. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2008年02月22日 00:38
    米91
    回折と吸収こそが現実的には問題になるだろうな。
  200.  
  201. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2008年02月22日 00:54
    ※11
    分子には大きさがあるが、素粒子には大きさがないとするような理論が今のところ実験とも上手く整合している。

    より微視的な世界を記述するかも、と言われている超弦理論だとあるのかもしれんが。俺はよくわからん。
  202.  
  203. 名前: VIPPERな名無しさん  投稿日:2008年02月22日 00:56
    難しい事考えるのは頭の良い奴に任せようと思ったw
  204.  
  205. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2008年02月22日 01:17
    >マトリックスとか攻殻機動隊みたいに脳に電極~

    全盲の患者の脳の視覚野に直接電極を刺して
    見えるようにする被験者の映像を見たことある。
    ただ、せいぜい100x100ドットのモノクロ二極画像な上、
    そのシステムの開発者が急死してしまい、
    メンテナンスできないまま劣化して今では10x10ドットになってる。
    その被験者は今でも頭部にコネクタをつけたまま生活してるそうな。
  206.  
  207. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2008年02月22日 01:32
    ※98
    真ん中でピタっと止まるわけじゃないだろ
    地球を完全な球だとすると真ん中まで加速した勢いと残り半分を上るのに必要な勢いが等しいから、最初に穴に入った速度で出てくるだろ
  208.  
  209. 名前:  投稿日:2008年02月22日 02:08
    適当に答えてるやつが多くてびっくりした。
  210.  
  211. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2008年02月22日 02:48
    米60,61
    通常の飛行と背面飛行では気流に対する翼の迎え角が違うから
    上側が膨らんでる一般的な翼でも気流に対して下向きにすれば下向きの揚力が発生する。
    だから背面飛行してる飛行機の機首は通常の飛行時より地上から見て上向きになってる。
  212.  
  213. 名前: 蒸発した名無し  投稿日:2008年02月22日 03:57
    米104
    抵抗を考えない場合ね。真ん中で止まるのは抵抗を考えた場合としている。
    抵抗を考えなければ振り子は永遠に動き続ける。が、実際には空気抵抗なんかのせいで徐々に弱まり止まるのと同じってことでしょ。
  214.  
  215. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2008年02月22日 05:01
    抵抗を考えた場合、真ん中に到達する前になんらかの固体か液体に衝突してるでしょう。

    気体は、、、
  216.  
  217. 名前: VIPPERな名無しさん  投稿日:2008年02月22日 12:40
    到達する以前におまえら地球の自転速度考えてねぇんじゃねぇか?
    自転考えたらどうなるよ
  218.  
  219. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2008年02月22日 15:15
    光ファイバーの基本的な仕組みわかんないとか
    ちょっと頭弱すぎるぞ。
  220.  
  221. 名前: 91,93  投稿日:2008年02月22日 17:06
    >110

    Wikipediaみたら、フォトニック結晶ファイバーとかあるんだな。
    これって可視光(辺りの電磁波)以外でも流せるの?
  222.  
  223. 名前:     投稿日:2008年02月22日 17:44
    >>109
    慣性で無視できそうだがな。
    あくまで計算上で実際は米でも指摘されてる通り燃え尽きるか停止するかどっちかだが。
  224.  
  225. 名前: VIPPERな名無しさん  投稿日:2008年02月22日 18:16
    電気ってなんなの?なんで風力なダムなりの回転エネルギーが
    電気になるの?
    仮に俺の手に何かつけて手を回したらエネルギー発生するんだよな?
    なにこのエネルギーって、またなんでそれが動力になってほか動かしてんの?
    どういう理論でエネルギーから電気に転換されてるねん?
  226.  
  227. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2008年02月22日 18:27
    ※113
    どのレベルの説明を聞きたいの?基礎?応用?
    こういうスレでは、中高で習う知識はみんな知ってる前提じゃないかな?
    (仕事で使わない知識は忘れてるしすぐには使えないだろうけど)


  228.  
  229. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2008年02月22日 22:25
    米113
    発電機はぐるぐる巻いた電線の近くで磁石をくるくる回す装置です
    磁石の周りにはマグネティックなフィールドが発生していて、くるくる回すと電線に対するマグネティックな影響がころころ変わります。
    すると電線のなかの電子という粒子がそれに対応して一斉に動きます。

    日常的にこの電子の動きの事を電気と呼んでいます。

    この電気を動力にするには、上と逆に考えればいいだけです。
    ぐるぐる巻いた電線に電気を流すと、やはりマグネティックなフィールドが発生します。そしてこの近くに磁石をおくと、電線と磁石はくっつこうとします。これを上手く利用してくるくるまわるようにしてやると、電気がある限り運動エネルギーを取り出す事ができます。

    一般に上のような装置の事をモーターと呼びます。

    発電機をくるくる回すために水を使えば水力発電ですし、風を使えば風力発電です。火力発電は少し違っていて、物を燃やしてお湯を沸かし、その蒸気をつかって発電機を回しています。
  230.  
  231. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2008年02月22日 23:34
    電界と磁界ってどう違うの?
  232.  
  233. 名前: VIPPERな名無しさん  投稿日:2008年02月23日 00:31
    米65を見て昔あったダイエット食品の広告を思い出した
    「なんと驚きの1ヶ月で-10kg減」
    奥さんそれ増量してますよw
  234.  
  235. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2008年02月23日 02:15
    米116
    電界は電荷に対して与えられる力を説明するための概念
    (例.静電気)
    磁界は磁荷に対して与えられる力を説明するための概念
    (例.磁石)

    ただ、
    電界が変化すると磁界が生まれます(電磁石)し、
    磁界が変化しても電界が生まれます(電磁誘導)。
    なのでこのふたつは電磁場として統一して扱うことが多いです。
  236.  
  237. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2008年02月23日 04:07
    そもそも炎ってなんなの?
    燃焼のときに発生した気体が一瞬発光してるってだけ?
    化学式で表せたりするの?
  238.  
  239. 名前: ※116  投稿日:2008年02月23日 15:00
    ※118

    電磁波が、

    電界の変動→磁界の変動→電界の変動→ …

    というのは聞いたことがあるけど、そもそも磁力って元は何?
    家電粒子のスピン云々って言うのが良くわからない。
    何で喪のポールはないの?
  240.  
  241. 名前:      投稿日:2008年02月23日 17:32
    >>米99
    地球中心付近じゃ重力によって高圧縮されてると考えるとそもそも地球の中心付近で空洞、という状態が存在できるのかが疑問だとおもった。
    どんな空気でも圧縮されたら固体になるんじゃないの?
  242.  
  243. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2008年02月23日 20:53
    米121
    あー、言われてみれば最早空洞とはいわんな。
    でもかといって真空にしようとすると、圧力を支えなければならない。
    というわけで調べたら地球の中心は約400万気圧らしいね。
    1平方センチに4000トンということで、その辺までいくとダイヤモンドですらへこむと読んだ事がある。
    (参考http//www.iwanami.co.jp/.BOOKS/01/8/0111720.html)
    最も硬い物質が塑性変形するのだから、そんなとこで空洞を作るのは無理だね。
    あくまで思考実験ということか。
  244.  
  245. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2008年02月23日 23:32
    ここの米でいまさら議論してる奴って、
    「俺も教える側の仲間入りwww」とでも思ってんのかな
    CPUとメモリの例えみたいなクソ簡単な上に答えの無い事を真剣に批判してる奴とか特に
  246.  
  247. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2008年02月24日 01:03
    米120
    荷電粒子には究極的にいうと陽子と電子がありまして、磁性は後者の電子が原因となって生じます。

    これを古典電磁気学から説明すると「物質中の電子は全て自転運動を行っていて、その結果電界が変動し
    磁界を生じる(電磁石と同じ)」となりますが、これは古典電磁気学そのものと矛盾した説明です。
    電荷がこのような運動をすると電磁波が放出されるという理論であるため、それに伴って運動エネルギー
    が減衰し電子の自転はすぐに止まってしまうはずなのです。

    なので現在はこの説明に量子力学を用います。
    量子力学において先の電子の自転は「スピン」という電子の性質に置き換えられます。このスピンは、量
    子力学上での抽象的な概念であり、日常的な自転や回転を意味しません。(ただ、数学的に回転を表した
    角運動量として扱われてはいます)磁性はスピンにより一応は矛盾なく説明が出来ます。

    しかし電子は何故スピンを持つのか?そもそも何故電荷が動くと磁界が生じるのか?といった疑問は、特
    に説明されていません。大前提として「自然はそうなっている」と約束してるだけですね、現状は。

    >モノポール
    電子の時点でN極とS極ありますからね...ただ、存在すると予想する理論がいくつか出てきてはいます。
  248.  
  249. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2008年02月24日 01:30
    米119
    そうです。熱くて光っている気体状のものは大体炎と呼ばれます。
    炎は熱によって物質中の電子にエネルギーが与えられることで光っています。
    (ちなみに電球、蛍光灯、LED、蛍の光も方法の違いだけで原理的には同じです)
    その状態の物質を強いて化学式で表すとするなら、酸化反応中の分子及びラジカル(水素の燃焼を例に出
    すとこういうのH2 + O → OH + H:引用)なんですが、実際百種以上の反応が起きているらしいです。

    米123
    まあ、趣味です。
  250.  
  251. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2008年02月24日 02:06
    なんのために私は生まれてきたんですか?
    ここの説明理解できない私はなんですか?
    私は何でここのスレを見てるんですか?
  252.  
  253. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2008年02月24日 03:26
    何かのために生まれてくるとは私は思いません。
    生まれてきたからこそ何かができるのだと思います。
    で、何をするのも自分をどう思うかも米126の自由です。
    例えば私が「天才」とか「馬鹿」とか言ったところで、貴方がそうだと思うかは結局貴方次第です。
  254.  
  255. 名前: 通行人  投稿日:2008年02月24日 05:35
    では生物は何の意味も持たずに気まぐれに出来たと言う風に聞こえるんですが、なんかビックバンが無から突然起こった的な説明なので
    ちょっと納得できない。
    意味がない物を作る必要はないと思うんですが?
  256.  
  257. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2008年02月24日 09:11
    米126、128
    それは哲学というか究極の研究テーマだと思う。
    昔の人も生きる意味を知りたいから考え、そしてそこから様々な学問が生まれて、発展したから現在の社会や生活があるんだと思う。
    その答は人間より高等な生物じゃないとわからないんじゃねぇ?

    てか生物は元素の塊なのに、なんで自我があるのかね?
    たまに、この世界はマトリックスみたいな感じか、誰かがPCでやってるエロゲの世界だと思いたくなる。
  258.  
  259. 名前: 通行人  投稿日:2008年02月24日 16:39
    *129
    まあ、それは解ってはいるんですけどね。
    ちょっといじわるしてみたかった。
    *127ごめんね。
  260.  
  261. 名前: VIPPERな名無しさん  投稿日:2008年02月24日 17:22
    理解できないものが多かったけど面白かった
  262.  
  263. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2008年02月24日 17:25
    携帯からアンテナをなくす技術を作ったのがうちの学校の先生だったのは驚いたな
    学校のHPとかにまったく紹介されてないけど・・・
    でも最近またアンテナつき始めたな
  264.  
  265. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2008年02月24日 21:26
    >>174
    が光はRGBにわかれるといってるが、厳密に言うと
    紫-青紫-青-青緑-緑-黄緑-黄色-橙色-赤
    の九つの色に分別されてるんだよ。

    ついでにいうと、物体のの色が見えるのはその九つの色のどれかを反射し、又反射した以外の色を吸収してるからなんだよ。
    赤色の物は赤色を反射してそれ以外を吸収してるってことで、
    白は全部反射してるってこと。
    反射した色が目に入ってすい状体ってのが色を感知して脳に信号を送るんだ。
    ちなみに、かん状体ってのが明るさを感知するんだ。
    光も電波でその中の可視光線なんだ。んで、コンナ風にわけられるんだ。
    【γ線 X線 紫外線 可視光線 赤外線 マイクロ波 FM 短波 AM 無線 】

    どうでもいいことかもしれないけどね
  266.  
  267. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2008年02月24日 23:01
    カメハメハの原理を教えて下さい。
  268.  
  269. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2008年02月25日 00:03
    「ふんいき」を「ふいんき」だと思ってる144に燃えた
  270.  
  271. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2008年02月25日 00:51
    米133
    >九つの色に分別
    赤と黄色で橙 緑と黄色で黄緑 赤と緑で黄色 青と紫で青紫 青と赤で紫 青と緑で青緑  
    やっぱり赤、青、緑の3つでいいと思うな
    虹でもイメージしてるの?あれはピークが見えてるだけだよ

    そもそも錐体細胞って人間には3種類しかないしね。だから3原色が成り立つ
    あと錐体細胞も明るさわかるよ
    でないと各々の強弱わからんから真っ赤か真っ青か真緑かその合成色しか見えなくなるじゃん
    R , G , B , RG , RB , GB , RGBの僅か7色になっちゃうよ
  272.  
  273. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2008年02月25日 03:02
    米130
    いえ、確かに観念的なことしか言っていないですから。

    本題から少しずれるんですが、少々気になったので
    >意味がない物を作る必要はない
    についての私の考えを述べてみます

    意味という概念は人の観測によってモノに与えられます。
    何故そう言えるかといいますと、何かモノが存在していたとして、それを観測し解釈できる存在(=人)
    がいなければモノに意味があろうとなかろうと同じ事になってしまい、文字通り意味がありません。
    では目を瞑れば意味が消えるのか、と思うかもしれませんが存在を記憶した時点で貴方にとって意味を
    持ちますのでそういうことにはなりません。目を瞑っている間に貴方の目の前に何かが来て、それに気
    付かなかったとき、目を開けるなどで気付くまでそれは少なくとも「貴方にとって」意味を持ちません。

    そしてこの宇宙には、間違いなく人(はおろかあらゆる生命)が存在しない時期がありました。

    まとめると、下のようになります。
    「意味のないモノは存在するか?」
    1.意味は観測者がいて初めて生じるもの
    2.この宇宙は観測者のいない状態から始まった
    3.因果律が成り立つならば、その時においてもモノは存在していなければならない
    4.よって、意味のないものは存在し得る

    このような個人の意識が中心である私の考えは人間原理に傾倒していますが、
    「なにかのために私は生まれてくる」というのは決定論な考えに近いように思えますね。
  274.  
  275. 名前: 113  投稿日:2008年02月25日 03:08
    米136
    あー、たしかに上のは変ですね、すいません。赤から紫の九つの色に変化してるってかいたほうがよかったですね。ようは、これは可視光線内の菫、藍、青、緑、黄、橙、赤の七つの色の変化の数です。
    まぁ、九つの色は適当に書いてたので、おいといて。
    ピークが何なのかはわかんないけど、
    虹が七色に見えるのは水滴がプリズムの役割になって光を分解した結果、七つの色に見えるわけですね。
    てことは、光は七つの色からできてるってのがわかったわけです。

    んで、光の三原色ってのはすい状体が特に反応する波長の光で、
    それが赤、緑、青なんですね。
    その反応する物質がロドプシン(赤)、アイオドプシン(緑)です。
    青の物質はまだ見つかっていないそうなんですが、青にも良く反応することだけはわかってるみたいです。
    上記をふまえて、三つの色で混ぜ合わすことでほかの色が作れるということで三原色といいます。だから>>174のは間違ってはいないんですよ。すいません。
    でもまあ光は七色の結合体なんですよ。

    と、錐状体についてですが、人間に三種類云々はわかりませんが、
    網膜に二種類の視細胞があり、それが錐状体と杆状体があり、
    錐状態は色と形に反応します。明るさにも反応することはしますが、鈍いです。鈍感です。
    それを補うのが杆状態です。
    色には反応しませんが(?)明るさに敏感です。
    びーんかーんびんかーんびんかんびんかーん、ですよ。
    この二つの視神経を通って、視覚情報が大脳に送られ、物体を可視してることになります。

    まあ俺は>>133で光は電波の一種で七色(細かくして九つ)でできてるよ、といいたかったわけですよ。
    まぁ結論は光は七色のあつまりで、人が目で特に感知するのは七色の中での三色、これで三原色になりました。まあ俺は>>133で光は電波の一種で七色(細かくして九つ)でできてるよ、といいたかったわけですよ。
    ということでいいですかね?

    以上は自分のノートを参考にしてます。ノートの中身が雑でうまくまとめきれてなく、おかしなところもあるかもしれませんが、
    そのときはサーセンw
    (*錐状体及び杆状体は別に錐体細胞、杆体細胞でもけっこうです)
  276.  
  277. 名前: 113  投稿日:2008年02月25日 03:11
    あ、>>127とかのいってることわかる。
    俺も自分は何なのかってことを考えると頭の中がおかしくなるわ。
    なんか、視界が宇宙みたいな物でうまるんだよねw

    、、あれって、もしかして真理???
  278.  
  279. 名前: 米136  投稿日:2008年02月25日 04:15
    米138
    光が電磁波の一種ということに異論はないよ
    でもだからこそプリズムの分光ピークをみて7(9)の成分だ!というのはおかしい
    プリズムで白色光が分解されるのは波長により屈折率が異なるからでしょ
    それを目視で観察して9つでできてるというのは可視光線の波長は9種類しかないと言ってるのと同じ
    当然そんなわけがない。人間の目で見える360 nm~830 nmぐらいの範囲で無数の波長をとれるはず
    だから最も目立つ部分(=ピーク)を数えてるだけだといったの

    恐らく君は光の三原色というのはあくまで人間の身体構造に由来する実用的な概念で、実際は物理的に
    9色に分けられる(違うけど)と考えているのだと感じるけれど、そもそも色って物理量じゃないよ?

    人間が光を3種類の波長に特に敏感な錐体細胞でもって受けて波長の比率を出した結果、脳でなんやかん
    やなって初めて感じられる(この辺はクオリアとかの話になって難解になるが)のが色
    脳内の情報処理で色が初めて現れるのに、その前に錐体細胞で感知できない『色』なんてものを考える事
    に違和感を覚えない?

    ふう

    ところでこれは俺もわからないんだけど、錐体細胞が形に反応するってどういうことだろ
    物体の物理的形状を認識する為の情報は錐体からしか脳に送られないって意味なの?
    すると錐体が反応できない明るさのもとでは物体の形がわからないということになるね
    色がなくて明るさはわかるけれど物の形はわからない...いまいちイメージできないな
    暗いとこで文字が読みにくいのと関係ありそうだけど
  280.  
  281. 名前: 通行人  投稿日:2008年02月25日 06:42
    *137
    人間の目線に立った時、意味のない物は確かにあるかも知れない
    でも私はそう言いきりたくない。
    言い切ってしまったら他の意見の入るよちもなくなってしまうし
    思考もそこで停止してしまう。
    そもそも、意味の無い物が宇宙に在る必要はないし
    あったとしたら矛盾になる。
    意味がないと言うのは人間がまだその価値を見出せていないだけで
    宇宙を構成する上で意味のない物はやはり無いと思う
    もちろん生物も。
    これは意味の無い いらない物って言ってしまったら
    科学は発展しませんよ。

    あと絶対に観測できない物はそこに何も無いのと同じなので
    考える必要もないと思う。
    こちら側に干渉してくる物なら絶対に観測はできるはずです。


    だんだん頭が痛くなってきたので この辺にしときます。
    ただ人の存在に意味はないとは あまり考えたくないですよね。
    だいぶ趣旨が変わったきたかな?
  282.  
  283. 名前: 通行人  投稿日:2008年02月25日 07:03
    あと、*141の話は*137の話とは視点が違うので
    別に批判している訳ではありませんので、誤解しないで下さい。
  284.  
  285. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2008年02月25日 10:43
    *135
    自分も最近までそうだと思っていたw
  286.  
  287. 名前: 通行人  投稿日:2008年02月25日 13:00
    *137
    ようするに人間ありきって考えたらいいんですか?
    だんだん自分でも意味が解らなくなってきた。
  288.  
  289. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2008年02月25日 13:45
    カメラもよく解らない
  290.  
  291. 名前: 米137  投稿日:2008年02月26日 01:31
    米141 142
    はい。人によって様々な視点があり得ると思います。
    米137もあくまでわたしの個人的な考えに過ぎません。
    ...
    それでもいろいろと言いたくなってしまうのですが、私の考えはある程度尊重して頂けているようですの
    で私もこの辺でやめておきます。確かに頭が痛くなってしまいましたw

    ただ、ひとつだけ
    >人の存在に意味はない
    私はそう思ってるわけではないんです。だからこその米127なんです。
    人の生きる意味は何も生まれながらにして持っていなくてもいいと思うのですよ。
    生まれて、生きて、悩んで、そうしてつくっていけばいいと思うのです。
  292.  
  293. 名前: 米137  投稿日:2008年02月26日 01:55
    米144
    私の考え方は端的に言えばそうなります。
    有名どころでは不確定性原理や人間原理などが同じ「人間が観測できるか」を中心に据えた理論ですね。

    米145
    カメラは要約すると風景を濃淡と(カラーの場合は)色のついた点の集合に置き換える装置です。
    銀塩カメラは銀粒子で点をつくりますし、デジタルカメラはCCDの1画素で点をつくります。
  294.  
  295. 名前: 通行人  投稿日:2008年02月26日 06:08
    米146
    >生まれて、生きて、悩んで、そうしてつくっていけばいいと思うのです。
    それはみんな解っているし、私もその通りだと思っていますよw
    ただ宇宙に始まりがあって、もし本当に終わりが来るなら
    あらゆる生物は死に絶えます。
    それなら何で生物みたいな ましてや人みたいな自我なんて持った物を作る必要があったんだろうと疑問に思っていました。
    それが根底にあった私は*127の発言が少々投げっぱなしの用に感じてしまった。
    もちろん本人がそういう意味で書いたんじゃない事も解ったうえで
    違う角度でつっこみたくなってしまった(性格わる!)
    まあこれが真相なんです。悪く思わないで下さい。
    あとの文章はただの悪あがきです、結局考えがまとまらず
    中途半端な批判みたいになってしまったけどw
    まあ 素人の妄想と笑ってくれればいいです。

    正直 頭は痛かったけど結構楽しかったです。
    こんな質問にまじめに答えてくれてありがとうございました。
    *127は素直に見ればいい文章だと思いますよ。
    私なら「幸せになるためさ」とか「次の世代に繋ぐためだよ」と
    寒いギャグに走るだろうな(あながち間違いじゃないか?)


  296.  
  297. 名前: 通行人  投稿日:2008年02月26日 18:12
    *146
    最後に*137の文を参考にかなり強引に自分なりの結論を出そうと
    思います。
    (つっこまれても知りません、ただの妄想ですからw)

    宇宙はビックバンから始まり星ができ生物が生まれ人に進化した。
    観測者が出来たことにより宇宙は初めて意味を持つようになった。

    よーく考えたら意味という概念は人間というか自我があって
    初めて成立するものであって物質や生物それ自体には意味という概念は無いという考えに落ち着きました。
    何だかつまらない結論になった(あの文はそういう意味ですよね?)

    でも宇宙が終わるというのがイメージがつかないです。
    宇宙の法則では生物は環境に応じて進化させています。
    現在は人間ですがもっと進化するかもしれない。
    人類を繁栄させるだけ繁栄させといてある日突然はいさよなら
    するんなら、なんで生物を作り進化させる法則を作ったんだと疑問に
    思った(*128参照)
    そして生物の存在する意味を考えてみごとに迷宮に入りました
    (*141参照)いったい何が言いたかったのか・・・

    結局生物というか物の存在自体に意味という概念が無いとなったので
    (意味という概念は人間にしかない)
    残る問題は生物を進化させる法則だけです。
    この法則は絶対あると思います。その証拠が私達人間です。
    そして生物がいくら進化しようとも宇宙がなくなるなら待っているのは絶対的な死だけです。逃げる所はありません。
    ここでやっぱり疑問が残ります。
    宇宙が終わるなら宇宙で起こったすべての出来事に意味はなくなり
    宇宙が生まれる必要もなくなってくるし、生物を作る必要もない。
    (宇宙はそういうもんだと言われても納得しずらい)


    なので、かなり強引に解決する事にした
    (ここからは完璧に妄想ですw)

    問題は宇宙が死ぬ事で生物が生きられなくなり、すべての出来事に
    意味がなくなってしまう事なので

    1宇宙は死なない(死という概念はない)
    2宇宙は生まれない(生という概念もない)
    3ただずっと宇宙があるだけでビックバンも無い
    (宇宙は膨張している?していませんただの目の錯覚です)
    (他にも色々データがある?それは間違いです)

    これで生物は心おきなく暮らせますw

    ちょっと苦しいけど生物が生き残り存在させるには、これしか方法が見つからなかった。
    (あくまで自分勝手な妄想ですw)

    ようするに一番疑問なのがビックバンって事か?
    これさえなければ悩む事もないんだけど。
  298.  
  299. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2008年02月27日 23:12
    地球が寿命で死ぬ時ってどんなふうに死ぬるんですか?
    太陽は大爆発っていうのは聞いた。
    あとどっちが先に死ぬるんだろう?
  300.  
  301. 名前: 米137  投稿日:2008年02月28日 01:47
    米148
    いえ、批判の余地はいくらでもあるだろうと思いますのでw
    自我についてはいくら考えてもこれといった解答を得ることはできないのではないか、と思うこともあり
    ます。私は自我によって自我自体の事を考えられる事をとても奇妙に感じますね。

    米149
    >物質や生物それ自体には意味という概念は無い
    はい、私の考えは概ねその通りです。意味は観測者と物質の関係の中でのみ存在すると考えます。
    >法則は絶対あると思います。その証拠が私達人間です
    まさしく人間原理の基本理念ですね。
    >宇宙は生まれない(生という概念もない)
    興味深い考え方です。確かに生と死という概念も人間が生み出すものですから、それを観測者不
    在の状態においてまで言及するのはどこかおかしな事のように思えます。

    通行人さんは「必要があるか」という点で悩んでいらっしゃいますよね。
    なのでわたしもそこを少し考えてみました。

    仮に宇宙がなんらかの必要性をもって生まれたのだとすれば「事象Aのために必要」と言えなくてはなり
    ません。しかし必然そこにも「事象Aは何のために必要か?」という疑問は生まれてしまいます。そして
    すぐに想像がつくように、この論法ですと議論が終わる事は永久にありません。
    つまり宇宙に対して「必要はなかった」という立場でも、「必要はあった」という立場でもどこかに論理
    で解消できない穴が生じ得るということになります。
    この考察より私は「宇宙(ひいては物質の存在)は要不要論では語れないのではないか?」と考えます。

    通行人さんにとって有益な考えかはわかりませんが...
    拙い長文にお付き合い頂き、有り難うございました。私も楽しかったです。
  302.  
  303. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2008年02月28日 02:19
    米150
    地球は恒星ではないので、太陽のように核融合反応と重力から導かれる寿命というものはありません。
    あえて寿命を定義するとするならば「生命の住めない星になるまで」か「物理的に破壊されるまで」の
    どちらかにまとまりますが、このどちらも数十億年内に太陽によって引き起こされるかも知れません。

    数十億年後、太陽は時間経過に伴う内部状態の変化によりゆっくりと膨らみ始めます。
    まずこれにより地球は太陽が接近したのと同等の影響を受け、大幅な気候変動が起きます。
    その影響下でまだ生命が存続し続けたとしても、決定的な最後が予想されています。
    太陽の膨張後の半径は最終的に地球の公転半径を超えるとみられ、地球は太陽に飲み込まれて跡形もなく
    なってしまうというものです。ただ、太陽の質量が小さくなるために地球が遠ざかり、そうはならないと
    いう説もあります。

    あと太陽は爆発しません。爆発をおこすには質量が軽すぎるのです。
    限界まで膨らんだ後は核融合が止まって収縮に転じ、冷えていくにつれ光らない星になっていきます。
    完全に冷えきった時点で太陽は「恒星としての死」を迎えたといえるでしょう。
  304.  
  305. 名前: 通行人  投稿日:2008年02月28日 13:39
    米151
    あの長い文を読んでくれたんですねw
    ありがとうございます。
    私はこの文を読んで要約答えが見つかったような気がします。
    少し発想を変えて考えてみました。(今回もかなり長いですw)

    そもそも物質(宇宙)が生まれたとするからその意味や必要性を考えなくてはならなくなった。
    でもよく考えたら物質が生まれるってなんなんですかね?
    人や生物も物質が姿を変えただけであってやっぱり物質は
    物質のままでそれ以外の物にはなりませんよね?
    無から物質は生まれないし物質が無になる事もやっぱり無い。
    物質は物質のまま。宇宙の全質量が急に増えたり減ったりするのは在り得ないですよね?
    と言う事はビックバンから宇宙(物質)が生まれるというのは
    やっぱり在り得ないし可笑しな話だと思う。
    物質(宇宙)はどう考えても生まれないし増えないし減らない
    永遠の物です。
    宇宙(すべての物質)はいつまでたっても宇宙(物質)で、
    物質に終わりが来て、消えて無になる事はけっして無い。

    本当に意味のない物それは「無」です。
    無は何もない無なので、そこから意味を見つける事はできません
    でも宇宙は物質であり、無ではないのでその意味を見つける事は
    いくらでもできます。
    それが出来るのは生物であり、自我を持った人間にしかできない事
    なんだと改めて思いました。

    解りやすく簡単にまとめると、そこにコップ(宇宙)があります。
    そのコップはいつまでたってもコップであり大きくなったり小さく
    なったりせず、死んでなくなったりしません。
    そして急に生まれて来る事もありません。
    未来永劫コップのままです。
    そしてそのコップをどう使うかはその人間しだい。

    これでやっとスッキリしましたw
    かなりいい感じでまとまったと思います。
  306.  
  307. 名前: 通行人  投稿日:2008年02月28日 16:28
    米153
    えーと、上の文は宇宙が生まれる事によるその意味や必要性を
    宇宙(物質)を永遠とする事で解消した私の勝手な考え方なので
    批判されてもただの妄想としか言えませんので・・・
    あとコップが大きくなったり小さくなったりというのは質量の
    事です。
    今のビッグバン理論ではどんどん大きくなっていて、その速度は光を
    超えてどんどん密度は薄くなり最終的にはどうなるか解らない?
    ちょっと私には信じられません。(ホントによく解らない)
    観測の結果が変わればどんな宇宙論になるんでしょうね。
    あとこれ完璧に哲学でした。
  308.  
  309. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2008年02月29日 08:10
    ※151
    何でも答えられるこの人は何者・・
    でもこういう大人は周りにあまり居ないなぁ
    会社の上司にこういう人がいればやりやすいんだけどなぁ
    まあ上は上で大変なんだろうけどね
  310.  
  311. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2008年04月02日 22:51
    ちなみに最初の529への解答はみんな間違えてる
    実際は地球の中心を中点とした単振動が起こる
  312.  
  313. 名前:    投稿日:2008年04月23日 15:16
    マトリクスみたいなあれは首に挿してるし、どちらかというと神経連結なんだろうな。
    頭に穴を開けるのとどっちが安全かって言われたら微妙なんだろうが。実際実用化されるとすれば、こめかみにパッチ貼り付ける感じになるんだろうな。

    650のは動かす相手がロボットであれば、不自由な人が誰にも迷惑かけずに様々な作業ができるようになるってこと…だよな?
    しかし例えばそれが介護ロボットだとして、自分で操作して自分を持ち上げた場合持ち上げているという感覚と持ち上げられていると言う感覚が合わさって混乱しそうだw
  314.  
  315. 名前:    投稿日:2008年05月25日 17:56
    哲学は、非宗教的な真理の探究(追及)じゃね?jk
  316.  
  317. 名前: 名無し@ベアード  投稿日:2009年03月26日 21:09
    哲学は簡単には定義できない。
    17世紀あたりまでは宗教と密接してたが
    カント出てきてから物理学と連動するようになった。
    ポストモダンの概念とか、要するに量子力学からの運用。
    最近の哲学は、クリプキ、ヴァレラを筆頭に
    言語学や社会学や生物学とほぼ融合されてる。
    真理の探究というのは哲学だけじゃなくて、物理学や社会学や言語学や生物学も同じ。
    目的を共にする学問はやっぱり融合される運命にあるみたい。

    でも哲学なんか時代遅れって感じがするけどね。
    やっぱり21世紀なんだし情報学やろうぜ!
  318.  
  319. 名前: 財布 ブランド 人気  投稿日:2013年11月15日 14:33
    コーチ リュック
    財布 ブランド 人気 http://www.fashionwqmall.com/レディース財布-長財布-yc-1_4_6.html/

コメントを投稿する

←空欄可
COMMENT
   
SECRET  管理者だけにコメントを表示
   
  ※確認画面は出ませんので内容を今一度ご確認ください。

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

2008-02-21

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/20(水) 02:37:27.80 ID:6odr9D3i0 光ファイバー 携帯電話 飛行機 エンジン とりあえずこの辺の仕組みを頼む ベア速 頭いい奴がモノの仕組みをわかりやすく解説してくれると信じて 良い感じに、理
2008/02/21(木) 08:21:04 | のっぴきならねぇ~
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。